ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 1円でもキャリーすれば直ぐさま「6億円チャンス!」とのたまうロト6の宣伝。そりゃ可能性がまったくゼロではないから嘘とまではならないが、ミニキャリー程度では現実的に完全不可能なミッションインポッシブル、その謳い文句は「詐欺まがい」に近い。たとえば前回、もし1等が1口出て2億円を放出してたら、残ったキャリーは僅か1694万381円にしかならなかったが、これでも当然「6億円チャンス!」と高らかに宣伝するわけだ。

 1千万円のミニキャリーで次に6億円ゲットするには、もし5等が30万口出るとしても32億4千万円超を売り上げなければならない。まあねぇ、ロト6全盛期には100億円を売り上げたこともあったからなぁ。いや〜今じゃ不可能、そんなの「今から30分以内の電話で半額」とか「もう1個」てのと同じ。さらには「毛が生える」だの「若く見える」とかなぁ。そんな宣伝に乗ってはいけない、きっちり「完全6億円チャンス!」になるのを見極めよう。

 さて、そのためにはもう1回キャリーしないとな。今回のセット球は予想本命のFセットが選択された。第4世代では13回使用され「41」が6回出てダントツ、「02」「05」「14」「16」「38」「43」が1回も出ていない。前回のFセット出目は「10」「12」「19」「28」「35」「41」ボ「39」で、同セットでは「41」が怒涛の3連発。また3回続けて1等を出してない手強いセットだ。

1個目は「13」・オレンジ
 7回ぶりの出現。セットでは2回目の摘出。
2個目は「01」・ピンク
 8回ぶり。セットでは3回目。
3個目は「06」・オレンジ
 2回ぶり。セット2回目。
4個目は「30」・パープル
 3回ぶり。セット2回目。
5個目は「33」・イエロー
 なんと34回ぶり!セット2回目。
6個目は「11」・グリーン
 6回ぶり。セット2回目。超ご無沙汰の「33」でミニロト出目は免れたがな。
ボーナスは「04」・グリーン
 これも本数字28回待ちかぁ。

 気象条件は「中気温」「高湿度」「中気圧」の条件に。台風が北風をもたらし気温は一気に低下。中気温になるのは6月半ば以来だ。その気象条件に合致した出目はなく、今回出ての合致が「01」「06」。条件に合わなかった「33」は夏には出ず、寒くなるとよく出る数字に変化する。

 出目全般では、前回3個出た20番台が今回は出ず、前回2個の1桁が今回も2個出て復調の兆し。出目はバラけて連続数字にならず、前回からの連発もなかったが、「33」が34回ぶりの超ご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が、第276回・第519回・第681回と3回あり、直近では1等「該当なし」になっていた。

 キャリーすれば売り上げアップ、さらに4連休明けで、売り上げは前回比2億円以上増えて15億円台半ば。20番台は出なかったものの変則的な出目にはならず。こうなると1等は狙い撃ちだ。しかも「33」待ちのハンターがピンポイントで狙ってたから、もう敵わない。これにて1等は2口も出て賞金2億3286万3600円を放出してキャリー終了。6億円の夢観てたお花畑が、ぺんぺん草も生えない荒野になってしまったかのようだ。