ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 8月に入ってからの梅雨明け、スカッとした気持ちいい青空、シャンシャンとうるさく鳴るセミ、そして思い出したかのようにサマージャンボだ。おう、そんなのも売ってたっけな〜。コロナで自粛中のドリームジャンボが売れなかった分、その反動でサマーはけっこう売れたりしてなぁ。しかも、多くの宝くじファンはドリーム後に10万円の給付金を手にしたわけだから、サマージャンボに一発賭けるヤツは多いだろう。

 まぁ、ジャンボ系だったら年末の10億円よりはサマーの7億円のほうがいいかもな。だって年末ジャンボは2000万分の1でしか当たらないし、通常ジャンボの中では7億円サマーが一番高額だからなぁ。ミニ?う〜ん、1等が5000万円、3000万円ときて、今年はとうとう1000万のくじになってしまった。10枚買って10分の1の確率で1万円を当てるのがミニの特徴だ。まぁ給付金をサマーにブチ込むぐらいなら、ロト6に賭けたほうが効率はいいと思おうが...

 さて、そのロト6もミニキャリーではまだまだ。今回のセット球は予想穴のBセットが選択された。第4世代では12回使用され「22」が4回出てトップ、「01」「25」「34」がまだ出ていない。前回のBセット出目は「06」「22」「28」「30」「35」「37」ボ「08」で、1等は1口。このセットは8回連続して1等を出している当てやすいセットだ。

1個目は「01」・オレンジ
 2回ぶりの出現。セットでは初摘出だ。
2個目は「15」・オレンジ
 11回ぶりとややご無沙汰。セット2回目。
3個目は「21」・レッド
 前回から連発。セット4回目でトップタイ。
4個目は「14」・レッド
 28回ぶりのご無沙汰。セットでは3回目。
5個目は「02」・イエロー
 これも25回ぶり。セット3回目。
6個目は「34」・ピンク
 9回ぶり。セット初摘出。これでミニロト出目は免れたが...
ボーナスは「19」・パープル
 本数字5回待ち。セットでは1回出ている。

 気象条件は「高気温」「高湿度」「中気圧」の条件に。昼間はカラッとしていても夜になってギリの高湿度だ。この条件に合致したのは「02」「21」。今回出ての合致はない。「14」は今回出ても高気温・高湿度で最下位のままだが、第4世代では一番出ている「24」の3分の1以下しか出てないから致し方ない。

 出目全般では、前々回・前回と2個ずつ出ていた40番台が今回は出ず、それでも「34」で多少は大きな数字が出たが、本数字合計値は87と一気に小さくなった。「01」「02」と「14」「15」で2組の連続数字。「21」が連発した一方で「15」が11回ぶり「02」「14」が20回ぶり以上のご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が第1348回に1回だけあり、この時も「01」「02」と出て1等は2口だった。

 前回のミニキャリーを受け、売り上げは前回比1億3千万円増の14億円台後半まで伸びた。連続数字2組に20番台30番台で1個ずつの出目。「01」「02」と出るのは22回目だが、その内で1等「該当なし」になったのは3回しかない。今回も結果1等が1口出て賞金2億7842万1千円を放出してキャリー終了。当てやすいBセットがその記録を伸ばした結果になった。

 3万円使って1万円と末等300円の都合1万3千円が当たるミニ。ロト6の1万円クラスは4等にあたるが、こちらは理論的には12万2千円賭けてようやく1万円前後だ。そう考えるとミニがお得に思えるが、宝くじに賭けて1万や10万なんて屁のカッパ。やっぱり億よ。億だったら断然ロト6のほうが当てやすいのだ。