ロト7 第10回

 昨日のロト6は、2回連続で1等「該当なし」になり3億円超のビックキャリーが積み上がった。一方、ロト7は先週の大阪抽せんで1等が2口出てキャリーを消失。この結果を受け、一獲千金の夢は、ロト6?それともロト7?と、どちらにしようか迷いどころになった。

 次回のロト6は1等が1口なら最高賞金の4億円が確実だが、おそらく25億円以上の売り上げが見込まれるため、1等が複数口出てしまう可能性が大きい。2口で2億円台、3口なら1億円台になってしまうかもしれない。

 キャリーの無い通常時のロト7は最高賞金こそ4億円だが、昨日のロト6を見ての売り上げ減は必至で、すると1等が1口出ても3億円チョイ。そもそも低い売り上げだと1等が出ない公算の方が大きい。

 600円で3口買えるロト6に対してロト7は2口。ロト6の1等当せん確率は609万分の1で、ロト7は1000万分の1。1等がすぐ出てしまうロト6、1等が中々出ないロト7...現実をとるか夢をとるか?...さあ、あなたならどっち?

 さて、ようやく10回目を迎えたロト7。セット球は先週の大阪で選ばれたDセットが再び選択された。といっても大阪セットと東京セットは別物であり、同名セットだったとしても全く関係はない。但し、今後セット球別の出目頻度を集計するにあたって、使用回数の少ない当初は同一セットとしてカウントする事になるだろう。

1個目は「02」・青
 2回ぶりの出現で、トータル3回目の摘出。
2個目は「03」・紺
 大阪から連発してトータル4回目。早くも「02」と連続。
3個目は「24」・紺
 6回ぶりで3回目の摘出。
4個目は「06」・黄
 本数字初出現。ロト6では直近10回中7回も出ている。
5個目は「01」・緑
 3回ぶりで3回目。「01」「02」「03」と3連続。
6個目は「28」・べ
 2回ぶり。5回目の摘出は「23」と並びトップ。
7個目は「30」・青
 なんと3連発。トータルで4回目となった。
ボーナス1個目は「16」・青
 本数字5回待ち。ボーナスでは初出現。
ボーナス2個目は「20」・黄
 本数字8回待ち。これもボーナス初出現。

 前回は各桁出揃った出目だったが、今回は本数字に10番台が出ず1桁が4個も出た出目。前回は「03」「04」が連続して、今回は「01」「02」「03」の3連続となった。また、「03」が連発、「30」が3連発した一方で、「06」が本数字初出現を果たした。

 売り上げは、キャリーの消失と昨日のロト6の結果を受けて前回比で4億円減となった。この結果1等「該当なし」になり、次回へ向け3億2千万円がキャリーした。

 さあ、こうなると月曜のロト6も気になるところだが、次回のロト7は8億円までは行かなくても、1口なら7億円超になる。確率の高いロト6と夢のロト7、どっちに力点を置こうか、限られたお小遣いの中でその配分を決めなければならない。

 これで10回の抽せんを終えたロト7。現在までの1等「該当なし」率は70%になっている。これまで最も出ているのは「23」「28」の5回で出現率は50%。まだ1回も出ていないのが「09」「18」「25」「26」「37」の5個。次回は出てない数字から1つや2つが飛び出すか、それとも出てる数字が更に出るのか、ようやく過去の出目頻度を参考に出来る回数になってきた。

ロト6 第767回

 昨日、米国の「パワーボール」で5億9050万ドル(約590億円)の当せん金を当てた女性が名乗り出た。米宝くじ史上2番目の高額となるが、一人で当てた金額では史上最高額だ。

 幸運を手にしたのはフロリダ州に住む84歳の女性で、当せん金を一括で受け取ることを選んだため、実際に支払われる賞金は税引き前で3億7090万ドル(約370億円)になるとか。それでも桁違いに凄い金額であることに違いない。

 5月の当せん発表時点で、日本円にして約610億円あったものが、昨日のレートで約590億円に目減りしており、その差は20億円にもなる。ロト6の4億円、いやロト7の8億円でさえレートの差額の中に埋もれてしまう。いやはや元がデカい、只々唖然とするね。

 そのロト6の「4億円のチャンス」。前回の1等「該当なし」で1億4千万円がキャリーしたが、もし今回1口で4億円を得るためには30億円近い売り上げが必要であり、ロト7が始まって以降ではムリな話だ。そう、現在のロト6で本当に「4億円のチャンス」を実現させるためには連続キャリーするしかないのだ。

 今回のセット球は対抗予想のEセットが選択された。新球(第2)では10回使用され、「20」「24」が4回出現している。前回のEセット出目は「04」「10」「14」「19」「35」「38」ボ「17」で1等は1口。

1個目は「02」・紺
 14回ぶりとご無沙汰。Eセットでは2回目の摘出だ。
2個目は「11」・赤
 6回ぶり。これもセットで2回目の摘出。
3個目は「06」・べ
 キョェ~!また出たの?前回から連発だが、ボーナス含めて6連発!?そんなの初めてだ!
4個目は「29」・青
 12回ぶりとこれもご無沙汰。セットでは2回目の摘出。
5個目は「37」・紺
 前回から連発。ここまで全部セットで2回目の摘出だ。
6個目は「27」・べ
 5回ぶり。セットでは初摘出だった。
ボーナスは「14」・緑
 本数字2回待ち。セットでは本数字から連発した。

 気象条件は「高気温」「中湿度」「中気圧」の条件に。この条件で出る側で合致したのは「37」のみ。今回の出現で「中湿度」ではトップに立った。反対に条件に合っていなかったのは「02」「06」。
今回は湿度が境界付近だったため、もし高湿度だったら「02」「06」「27」「29」はもっと出やすい条件になっていた。

 出目全般では、1桁・20番台が2個ずつ、10・30番台が1個ずつの変哲のないバランス出目。この出目に4個一致は過去2回あり、「02」「06」絡みで共に1等は2口出していた。今回特筆すべきは「06」のボーナス含めての6連発だ。本数字で3連発後、ボーナスで出て前回・今回で本数字2連発。過去10回では他にも本数字で1回出ており、なんと出現率は70%と記録的。また6連発したのもロト6史上初である。

 まさかねー、6月6日の抽せんで「06」とは。2等以下では結構入れてたのかね。このバランス出目にもかかわらず1等は「該当なし」で連続キャリー。前回分と合わせて3億円超のビックキャリーが発生した。

 これで初めて正真正銘の「4億円のチャンス」到来。次回が1等1口だけなら、4億円ゲットにおまけのキャリーまで付いてくる。今現在キャリーの無いロト7には負けられまへんな。明日のロト7購入費用は是非次回のロト6へ。お得でっせ!

ロト6 第766回

 先週の大阪から東京に戻ってきたロト6。大阪ではやっと30回を数えるに至った抽せん回数も、東京では既に730回以上行われており、その使用頻度の多さ故、東京のセット球は第649回から新球(第2)として新しいセットに変更されている。

 セット球を新調したのは、第632回のリハーサル抽せん時にボールが割れてしまったトラブルが要因であるが、まあ、何百回と抽せんを繰り返している間には、何らかの故障やトラブルも起こり得るのは至極当然だ。

 そのため司会の女性行員は、抽せん前に長々とトラブル対処の説明を読み上げる。例えば、『これからの抽せんで、ボールが摘出前に飛び出したり、摘出されなかった場合には、その抽せんはやり直し致します。』などと...そして今回、事件が起こった。

 今回選択されたセット球は予想外のAセット。5回前に使用されたばかりで、新球(第2)になってから15回目と、全セットで跳び抜けて多く選択されているセットだ。前回のAセット出目は「08」「10」「11」「12」「20」「40」ボ「42」で、「08」が4連発、「10」が連発中である。

1個目は「12」・青
 5回ぶりの出現。Aセットでは連発して5回目の摘出だ。
2個目は「32」・緑
 6回ぶり。セットでは2回目の摘出で低迷している。
3個目は「39」・緑
 3回ぶり。これもセットでは2回目と低迷。
4個目は「37」・黄
 7回ぶり。セットで4回目。これで30番台が3個も出た。
5個目は「06」・紺
 2回ぶりだが、前回のボーナスを含めるとなんと5連発。ただセットでは初摘出だった。
6個目...なんとボールが摘出されず、うろたえる司会...ボールが挟まったことはあるが、ボールそのものが摘出されてない。従って説明のとおり、抽せんのやり直しが決定された。
6個目は「10」・べ
 3回ぶり。セットでは3連発。セット7回目の摘出でトップ独走。
ボーナスは「33」・青
 本数字12回待ち。セットでは本数字で3回出ている。

 梅雨時にこの快晴は空梅雨を予感させるが、気象条件は「高気温」「中湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのは「12」「32」「37」。最も合わなかったのがボーナス「33」、次いで「06」だった。「06」は中湿度で初出現だったが、最近の出る勢いが勝ったようだ。

 出目全般では、「12」以下と「32」以上で大きく離れて20番台が出なかった出目。本数字に連発や連続がないのは珍しいが、「06」が本・本・本・ボ・本とボーナス含め5連発。本数字だけでも過去10回中5回と5割の出現率となっている。また、この出目に4個一致した過去出目は2回あり、今回との共通は「06」「39」絡みで共に1等は1口のみだった。

 この結果、なんと1等「該当なし」!12回ぶりにしてキャリーが発生した。もしかして、6個目の再抽せんで出た「10」がキャリーを呼んだ?もしスムーズに6個目の抽せんで出た数字が違う出目だったらキャリーは無かったかも知れないし、もしそうなら「10」さま様だ。

 本数字でボールが摘出されない珍事はミニロトでも起こった事があるが、筆者の記憶によるとロト6では初めてだ。摘出されなかった理由は、出ようとするボールに後続のボールが強く当たり、反動で跳ね返されるケースや、摘出されるボール自身がパレットの角に当たって戻って行ってしまうケース等が考えられる。

 物理的攻略サイトとしては、その摘出部分が非常に重要なファクターだと思う。一度は高感度カメラで高速連写して、じっくりと解明してみたいものだ。高感度カメラぁ?!そんな高価なモノ買えるかって?そーだねー、3等でも当てたら買えるかなー?

TOP

Copyright (C) 2023 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.