ロト6 第841回

 数字が出る出ないには波がある。ある時「ポンポンと出ていた数字が急に出なくなってしまった」とか、またある時「忘れ去られていた数字が出始めた後に連発した」とか。ただしその波は、小波であったり大波であったりと先が読めない。

 ロト6を最初から知る者にとって、セット球が”旧球”であった頃、「30」はポンポンと出る数字であり、反対に全然出ない数字が「24」であった。つまり、大波として「30」が頂点に立ち、「24」がどん底であったわけだ。そして、その大波が今は「24」と「30」同士で、まったく逆の波として位置している。

 旧球セットは137回使用され、「30」の27回出現に対して、「24」は僅か11回の出現であった。ところが現在の過去100回では、「24」の21回出現が最多で、「30」が一番少ない5回出現になっており、当時とは完全に正反対になっているのだ。

 もし、この大波を予測できたとしたら?と思うが、まさか「24」と「30」が、ここ一年でそういう関係になるとは、やっぱり予想もつかなかったね~。だって、いつだって後から振り返った結果論にしかならないのだから...

 さて、一週間の大阪から東京に帰ってきたロト6。セット球は順当なHセットが選択された。新球(第2)では16回使用され「02」が6回出現している。前回のHセット出目は「03」「04」「07」「13」「22」「31」ボ「19」で、1等は3口だった。また、その前の同セットでは「24」が4連発していた。

1個目は「31」・べ
 5回ぶりの出現。セットでは連発して2回目だ。
2個目は「24」・べ
 前回から連発。4連発していたセットでは5回目。
3個目は「22」・青
 8回ぶり。セットでは3回目の摘出。
4個目は「28」・紺
 3回ぶり。セットでは4回目とよく出る数字。
5個目は「08」・青
 なんと41回ぶりの超ご無沙汰。セット3回目。
6個目は「36」・青
 3回ぶり。セットでは初摘出だった。
ボーナスは「38」・べ
 本数字2回待ち。セットでは2回出現している。

 気象条件は「低気温」「中湿度」「高気圧」の条件に。この条件に合致したのは「22」「31」ボ「38」で、ダメだったのが「08」「36」。「36」は新球(第2)で出ていないので仕方がないにしても、「08」は「高気温」「高湿度」「中気圧」になるとダントツに出る数字なのだ。寒くなってからは1回も出なかったという事だ。

 出目全般では、10番台が1個も出なかったのは12回ぶり。「24」が大阪から連発した一方で、「08」が昨年の9月以来となる41回ぶりの出現を果たした。また、この出目に4個一致した過去出目は第218回に1回あり、この時は1等が5口も出ていた。

 見た目はバランス出目に映るも10番台のない出目。この結果1等「該当なし」になり、1億3千万円のキャリーオーバーが発生した。2等も3口と少なく、4千万弱の賞金はまずまずであった。

 今回出た「36」だって、第779回から第826回まで47回も出なかったが、その後は3回・9回・3回の間隔で出ている。今はよく出る「24」だって、今回の「08」と同じく41回も出なかった事もあるのだ。もし、ロト6に浜辺があるとしたら、手をかざし遠くの波を眺めたいものだ。きっと数字の大波小波が見えるのかも?ね。

ロト7 第46回

 どうもまわりを見渡すと「コイツ宝くじにでも当たってんじゃね~の?」と思わせる奴がいる。大体そういう奴に限って俗世間とは余りにもかけ離れた言動をするものだ。仲間内にもそんなのが一人いて、金は持っているのに皆からは小バカにされたりしている。

 冬季オリンピックも佳境に入り、日本中が夢中になっている最中だって、当の本人はオリンピックなんかに全く関心無し。絶食中のダイオウグソクムシが死んだことの方が関心事だとか。おそらく「オリンピック」の話題を振ったって「ああ、ディスカウントストアの?」となり、「ソチ」と言っても「そちも悪よの~」と返されるに違いない。もうコイツは完全にK点越えしてんな。

 察するに、もし自分も宝くじで億万長者になったとしたら、こんな風に浮世離れしちゃうんだろうか?と。今までの貧乏生活で築いた友人関係は?とか、そんな中で独りだけ浮いちゃうの?とか...おいおい、当たりもしない前からいらぬ心配をしても仕方ないのであった。先ずは当てなきゃ、それから考えたって遅くない。

 さて、大阪では4回目となるロト7。今回は1等1口なら8億円は確実だから気合が入るというもの。セット球はなんと昨日のロト6でも選ばれていたJセットが選択された。ただしロト6のセットとは全くの別物であり、同じ色の配列ながらよく見ると色調が違っているのが判る。

 ロト7でのJセットは前々回の大阪で1回使用されており、まだ未使用セットが大多数の中では、出来るだけ万遍なく選んでほしかった。前回の大阪Jセット出目は「02」「03」「05」「22」「34」「36」「37」ボ「15」「07」で、1等「該当なし」だった。

1個目は「06」・青
 2回ぶりで12回目の出現。大阪セットでは初摘出。
2個目は「27」・青
 なんと3連発で8回目の出現。大阪セット初摘出。
3個目は「15」・べ
 2回ぶりで11回目の出現。これもセット初だ。
4個目は「23」・黄
 4回ぶりで15回目の出現。これもセット初。
5個目は「30」・黄
 7回ぶりで10回目の出現。これまたセット初。
6個目は「02」・黄
 東京から連発で14回目。セットでは連発した。
7個目は「05」・紺
 10回ぶりとご無沙汰で9回目の出現。これもセットで連発。「05」「06」で連続数字になった。
ボーナス1個目は「35」・緑
 本数字5回待ち。セットでは本数字未出現。
ボーナス2個目は「04」・紫
 本数字2回待ち。これも本数字未出現。

 出目全般では、1桁3個・10番台1個・20番台2個・30番台1個になり、これは前回の東京抽せんと全く同じパターン。1桁3個に10番台1個は3回続いている。また今回は3連続数字にならず「05」「06」の2連続のみ。前々回は「03」「04」、前回は「01」「02」、今回は「05」「06」と来たか。

 売り上げは3連続キャリーで前回比3億5千万円増の28億円台。第43回の通常時販売額からは9億円以上の増加である。この結果、1等は1口のみで見事8億円をゲット。残りの4億9千万円が再キャリーした。次回も売れ行きによっては8億円の可能性ありだ。

 今回の出目は「30」以下のミニロト出目だったためか、4等・5等で新たな記録を作った。4等は過去最多の1万1944口、5等も最多で16万6273口、5等の賞金は過去最低の1,500円。また6等の800円は最低記録タイである。

 マークシート上では7個も選ばなきゃならないから、どうしたって4列目の「31」~「37」にチョイとマークしてしまう。今回はそれが裏目に出たね。残念、たとえ浮世離れしたって当たりたかったのだ。あ~あ、俺の抽せん券もK点を遥かに越えていったぜっ!

ロト6 第840回

 先週木曜の東京抽せんでは、キャリーしたところに1等が1口のみ出て3億円をゲット。週2回抽せんで売り上げが半減し、さらにはロト7に人気を持っていかれてからは、現実的に最高に近い当せん結果であった。

 その1等が出たのは大分県にあるマックスバリュー下郡店、カッコして「アサヒ温泉横」とある。温泉?大分県といえば真っ先に別府温泉を思い浮かべるが、どうやら大分市内のスーパー銭湯らしい。もしかして温泉帰りに一杯やって、ほろ酔い気分でたまたまロト6を買ったとか。う~ん、なんか妄想が膨らむな~、増々羨ましい。

 まあ、購入シチュエーションはどうあれ、またしても1等が出たのがイオン系列からとはね。ここ最近はセブンよりもイオンの方が4倍近くも1等を出しているのだ。数字選択式とはいえ、1等を当てるには609万分の1の難関を乗り越えなければならないわけで、もはや神がかり的だ。売り場にあやかりたくもなる。

 さて、今週のロト6は大阪抽せんだ。昨年の大阪抽せんは計4週間の8回に渡って行われたが、各週で必ず「43」が出現していた。中でも7月の第780回・第781回では「43」が連発し、大阪ではもはや敵無しの出放題。当然、今回も出現が期待されていたのだが...

 セット球はJセットが選択された。大阪では過去4回使用され、前回使用はちょうど1年前の2月21日。その時の出目は「06」「10」「21」「24」「27」「39」ボ「11」で、1等は5口も出ていた。

1個目は「24」・赤
 8回ぶりの出現。セットでは連発して2回目。
2個目は「27」・青
 6回ぶり。これもセットで連発して2回目。
3個目は「03」・赤
 前回から連発。セットでは初摘出だった。
4個目は「34」・青
 3回ぶり。これもセットでは初摘出だ。
5個目は「04」・紫
 6回ぶり。セットでは3回目となり単独トップ。
6個目は「17」・赤
 3回ぶり。セットでは初摘出だった。あ~、今週の大阪は「43」の出現成らず!
ボーナスは「39」・紫
 本数字3回待ち。セットでは2回出ている。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「高気圧」の条件に。この条件に出る側で完全合致したのは「24」のみ。2条件合致で「27」ボ「39」。また「03」「04」「27」「34」は、今回の出現でこの条件では合致するようになった。

 出目全般では、最近低迷が続く20番台が2個出た出目で、「03」「04」の連続数字はあったものの、全体的にはバランス出目になった。今週は40番台の出現がなく、大阪で期待されていた「43」の連続出現は遂に途絶えてしまった。また、この出目に4個一致した過去出目は第163回と第374回に2回あった。

 関東を襲った大雪の影響がまだ続く中、売り上げは何とか16億円まで回復。この結果、1等は前回と同じく2口出てキャリーならず、賞金は6249万円に終わった。

 明日は大阪抽せんがもう一回ある。最後にそこで「43」を期待しようか?あ~残念、ロト7の最大数字は「37」であった。現在、ロト7は3回連続の1等「該当なし」で約9億円のビックキャリーが積み上がっている。1等1口なら夢の8億円は確実だ。前回の大阪では1等が出なかったが今回はどうか?明晩は温泉にでも浸かって身体を清めておこう。そしてイオン系列の売り場で買うと...当たるかも?

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.