ロト7 第35回

 4月から始まったロト7。大阪で開催されるのはこれで3回目となるが、1回目と2回目の間が2か月だったのに今回は4か月も開いた。大阪抽せんは不定期開催なので、次がいつになるのかは不明だ。

 ロト7の開催にあたって新たに新調されたセット球は、東京と大阪ではそれぞれ別物を使用している。従って開催回数の少ない大阪では、選択されるセット球がまだまだ初使用という状態が続くことになる。

 セット球攻略派からするとこれは困ったものだ。同じセットでも東京と一緒にするわけにはいかないし、大阪で何十回と回数を重ねるのには何年もかかる。セット球と関係なくても、ロト6のように”大阪では「43」が出やすい”となるまでにはまだまだ時間が必要だ。

 さて、大阪3回目のロト7。選択されたセット球はEセットでもちろん初使用だ。昨日のロト6でも6年目にして初めて使用されたEセットだったが、期待に応えていきなり「43」を叩き出した。ロト7の大阪Eセットでは最初にどんな数字を出すのか楽しみだ。

1個目は「01」・青
 おー、律儀に「01」と来たか。2回ぶりで8回目の出現だ。
2個目は「34」・べ
 何だい次はでかい数字か。4回ぶりで7回目の出現。
3個目は「19」・黄
 ふ~ん、中間の数字か。これも4回ぶりで7回目の出現。
4個目は「18」・赤
 これで連続数字に。3回ぶりで5回目の出現。
5個目は「30」・紺
 12回ぶりとご無沙汰ね。でも8回目とけっこう出ている。
6個目は「25」・赤
 これも12回ぶりだ。これで5回目の出現。
7個目は「16」・紺
 10番台が3個だったか。6回ぶりで8回目の出現。
ボーナス1個目は「26」・黄
 本数字5回待ち。ボーナスでは3回目だ。
ボーナス2個目は「36」・青
 本数字2回待ち。本数字では8回出ている。

 出目全般では、第31回時のパターンと同じで1桁1個・10番台3個・20番台1個・30番台2個の出目になった。連続数字は1組だけで、前回からの連発はなかった。全体的にはバランス出目のようだ。

 2回の連続キャリーで売り上げは前回比約2億円増の25億円台。中にはBIGで10億円を取り損ねた”悔し買い”もあるはずだ。この結果、1等は出るかと思われたが、なんと1等「該当なし」に。BIGもそうだけどロト7もなかなか当たらないのー。

 2等が2口になったのはロト7では初めて。賞金の5,712万円はロト7史上最高額になった。昨日のロト6でも2等は1口のみで、賞金が1億円を超えていたから、今回の大阪は2等においしい結果をもたらした。

 1等に手厚く2等以下がカス同然のBIGは、1等は10億円でも2等はたったの200万円だった。それからするとロト6やロト7が如何に2等以下にも手厚いかが分かる。謂わば”リベラルなくじ”とでも呼ぶべきか。

ロト6 第817回

 前回のレビューで、大阪ではあたかも新球の第1と第2が存在するかのような表現をしてしまったが、大阪のセット球は使用頻度が少ないために、第336回からの新球はそのままで変わりはない事を忘れていた。申し訳ない。

 大阪のセット球は、第648回まで使用された東京セットの新球(第1)と同じであり、現在の東京セット新球(第2)と比べると、ボールの色が全体に濃い色をしている。ただ同じ新球なので、高密度ポリスチレンの材質や、大きさ・重さに変化はない。

 6年前から行われている大阪抽せんで唯一気になるのは、これだけ経ってもEセットが一度も選択されていない事だ。使用されていないのでセットの特徴も分からず、大阪でお得意の「43」が出やすいのかどうかも不明。ただでさえ不定期開催で回数が少ないのだから、早急に選択されることを以前から願っていた。

 さて、今週2回目の大阪抽せん。セット球は遂に念願のEセットが選択された。これでようやく全セットが使用されたことになり一安心。ただ初めて使用されるため、どんな出目を出すのか予測もつかない。

1個目は「16」・紺
 11回ぶりの出現。大阪では5回目となる。
2個目は「27」・べ
 前回から連発。26回ぶりに出た後の連発である。
3個目は「34」・べ
 5回ぶり。大阪では4回目の出現だ。
4個目は「32」・赤
 7回ぶり。大阪では5回目の出現。
5個目は「21」・緑
 なんと30回ぶりのご無沙汰。これも大阪5回目。
6個目は「43」・青
 お~、やはり大阪、出るの~!
12回ぶりのご無沙汰でも、大阪では13回目とダントツだ。
ボーナスは「42」・黄
 本数字3回待ち。大阪の本数字では4回出ている。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。これを大阪全セット球で比較すると、出やすい側で合致したのは「43」だったが、大阪で13回も出ているのだから当然である。ただし、これだけ出ていても「中湿度」では1回も出ていないから不思議だ。

 出目全般では、「16」以上の大きな数字に偏った変則出目。「27」が連発した一方で「21」が30回ぶりの出現を果たした。また、大阪では最も出る「43」が今回も出て、これで大阪抽せん週では4回連続の出現となった。なお、この出目に4個一致した過去出目は3回もあった。

 売り上げは前回より若干多い16億5千万円。この結果、1等は1口のみで賞金は1億4千万円半ば。驚いたのは2等も1口のみで、賞金は1等に肉薄する1億3千万円にもなった事だ。2等が1口のみになったのはこれで2回目、賞金はロト6史上最高額に達した。

 いや~、前回に”験担ぎで「43」買ってみる?”とか言ってたら、ホントに来たね。どうして大阪では「43」がこれ程までに出るのか。セット球は東京とは違うし、夢ロトくんも別物だ。たまたま?そうかなぁ。因みに「43」をよく出すセットはCとIだ。F・G・Hでは1回も出ていない。次回の大阪ではこの辺も考慮に入れよう。

ロト6 第816回

 閑静な高級住宅地に2~3億円の邸宅を、おまけに間取りまで決めていた__この2週間、妄想をありがとよっ!totoBIG...う~ん、なんと10億円が9口も出たとは!?しかも俺じゃね~し~!

 売り場では、東京の浅草と吉祥寺、静岡県浜松市、岐阜県恵那市、兵庫県姫路市の5本。コンビニでは、東京都港区のローソンと福岡市東区のファミマで2本。ネットでは、公式サイトと楽天で2本。

 人口の多い東京で出るのはまだしも、BIGの10億円にロト7の8億円など、どうも高額当せんとなると西日本に行くほどよく当たるようだ。それとも日本列島を西へ行くに従って高額賞金くじを買う人も増えるのだろうか?

 え~い、現実を見よう。600円換算ならBIGの240万分の1より、ロト6の203万分の1の方が確率が高い。へっ、10億なんて当たった奴らぁ、今頃気ィ狂ってるかも知れねーし、プラスアルファの人生ならロト6が一番ョ~!...てなっ!

 さて気を取り戻して、今週は7月以来の大阪抽せんだ。セット球はなんと前回の大阪月曜に選ばれたAセットがまた指名された。大阪の新球(第2)では未だEセットが使用されていないのに、なぜAセットなのか理解に苦しむ。

 大阪Aセットは新球(第2)では2回使用されており、前回のAセット出目は「06」「07」「12」「26」「39」「43」ボ「04」で、1等は1口だった。大阪で最も出ている「43」がこの時も出て、大阪では新球(第1)と合わせて12回の出現を誇っている。

1個目は「05」・青
 18回ぶりとご無沙汰。第2Aセットでは初摘出。
2個目は「19」・青
 10回ぶりとややご無沙汰。セットでは新旧初摘出。
3個目は「14」・紫
 11回ぶりとこれもご無沙汰。同じく新旧初。
4個目は「37」・黄
 7回ぶり。第2Aセットで2回目となる。
5個目は「24」・べ
 東京から連発。セットでは新旧初摘出。
6個目は「27」・紺
 26回ぶりとけっこうなご無沙汰。第2Aセット初。
ボーナスは「09」・黄
 本数字3回待ち。第2Aセットでは未出現だ。

 気象条件は「中気温」「中湿度」「低気圧」の条件に。大阪では第336回からの新球(第1)も含めないと比較対象がないのでご勘弁。それでも今回の条件に完全合致した数字はなく、2条件合致が「05」「19」「24」の3個だけだった。

 出目全般では、1桁・30番台で1個ずつ、10・20番台で2個ずつのバランス出目になった。「24」が連発した一方で、10回以上のご無沙汰出目が4個も出た。また、この出目に4個一致した過去出目はなかった。

 このバランス出目の結果、1等は2口出て1口あたり6千万円台と”億”にはならなかった。売り上げもBIGに多少取られたか、いつもの16億円台に及ばずであった。

 次回の木曜も大阪抽せんだ。前回の大阪では月・木と「43」が連発していた。その前と更にその前の大阪でも「43」は出ていたが、果たして次回に出るか注目だ。験を担いで買ってみる?

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.