ロト6 第855回

 今年は第1回の全国自治宝くじが発売されてから60周年を迎え、これを記念して「全国自治宝くじ発売60周年記念くじ」が22日(火)から発売されるとか。1等賞金の1億円に前後賞2500万円ずつで、連番で買えば1億5000万円の可能性がある。

 1枚200円はロト6と同じ。1等の当せん確率は700万分の1で、609万分の1のロト6よりは若干分が悪いが、当たれば必ず1億円である。ただ数字選択式ではないから完全な運任せ、従ってお参りは必須となる。

 700万分の1じゃ分が悪いと思うなら、現在発売中の「春爛漫くじ」がある。こちらは1枚200円で1等8000万円と低めだが、当せん確率は倍の350万分の1だ。連番なら1億円ゲットだってあり得るし、おっと、このくじは明日の15日(火)までであった。場所によっては売り切れてるかもね。

 どちらにしても数字選択式じゃないからな~。やっぱり、じっくりと考えた末に選ぶロト6の方が思い入れがあるし、もしキャリー時に独り占め出来たら2億は堅いからな。同じ200円使うならこっちだ。

 さて、今回のセット球は本命のAセットが選択された。新球(第2)では22回も使用されておりダントツ。最も出ているのは「10」の8回、1回も出ていないのは「17」だ。前回のAセット出目は「02」「12」「13」「22」「24」「34」ボ「20」で、1等1口だった。

1個目は「25」・緑
 前回から連発。セットでは4回目の摘出だ。
2個目は「15」・赤
 6回ぶりの出現。セットでは5回目の摘出。
3個目は「42」・紫
 12回ぶりとご無沙汰。セットでは4回目。
4個目は「37」・黄
 これも前回から連発。セット7回目とよく出る。
5個目は「10」・べ
 6回ぶり。出たか。セット9回目で独走状態。
6個目は「13」・紺
 7回ぶり。セットで連発するも、これで2回目。
ボーナスは「30」・黄
 あっ、もし青球だったらレインボー出目だったのに。本数字5回待ち。セットでは1回だけ出ていた。

 気象条件は「中気温」「中湿度」「高気圧」の条件に。この条件に完全合致したのは「10」のみ。今回で合致するようになったのが「13」。中湿度で最も出ていた「13」「25」「37」が揃って出て、さらにダントツになった。

 出目全般では、前回と同じく10番台3個の出目。ただし1桁台は出ず、1桁が出なかったのは17回ぶりとなる。また、この出目に4個一致した過去出目は、第56回・第137回・第463回と3回もあった。いずれも1桁台は出ず、すべてが「10」「13」「25」「42」絡みの出目で1等は2口以上出ていた。

 前回キャリー消失で売り上げは16億円台に戻った。過去の4個一致出目では1等が2口以上出ていたが、今回の結果は1等「該当なし」となり、1億3439万7657円がキャリーオーバーした。

 前回の2億8074万円は大阪のイオンから出た。その2回前の1億2922万円は名古屋のイオンから...うぉ~い、またもやイオンからかい!ウチの近所にゃヨーカドーしかねえっつーの!

ロト7 第53回

 次に出そうな数字はこれかな?と予想していても、いざマークシートに書き込もうとすると、考えていたのとは全然違う数字にチェックしてしまうのはよくあるパターン。そうなると予め決めていた出目よりも、各桁に均等にチェックしたバランス出目になりがちだ。では、実際にバランス出目になった時には1等が出てしまっているのだろうか?調べてみよう。

 バランス出目とは各桁が均等に出ることだから、7個あるロト7では「1桁・10・20・30番台」とすると、「1・2・2・2」「2・1・2・2」「2・2・1・2」「2・2・2・1」の4パターンがある。今までこのどれかのパターンに当てはまったのは8回あり、「2・1・2・2」が4回、「2・2・1・2」が1回、「2・2・2・1」が3回だった。

 この内、1等「該当なし」だったのは「2・1・2・2」だった第30回と第33回の2回だけ、他はすべて1等が1口以上出ていた。1等が最も多かったのは「2・2・2・1」だった第32回の3口。30番台は8個しかないから、このパターンは選びがちなのかもしれない。結果は8回中6回は1等が出ていて、出目がこのパターンになった時は1等が出てしまう公算大と言える。

 さて、今回はどうか?セット球は第42回以来で11回ぶりのGセットが選択された。ロト7では6回目の使用となり、前回のGセット出目は「02」「15」「16」「17」「23」「31」「33」ボ「26」「08」で、1等は1口だった。

1個目は「33」・黄
 8回ぶりで10回目の出現。セットでは連発して2回目の摘出。
2個目は「16」・青
 11回ぶりは前回の同セット以来で10回目の出現。セット連発で2回目。
3個目は「04」・べ
 2回ぶりで14回目の出現。セットでは初摘出だった。
4個目は「20」・赤
 これも2回ぶりで7回目の出現。セット初摘出。
5個目は「36」・紺
 6回ぶりで12回目の出現。セットでは3回目でトップタイに。
6個目は「01」・紺
 これまた2回ぶりで11回目の出現。セット初摘出。
7個目は「14」・紫
 6回ぶりで9回目の出現。これもセット3回目でトップタイ。お~、各桁均等に出たな。
ボーナス1個目は「12」・黄
 本数字4回待ち。セットでは1回出ていた。
ボーナス2個目は「30」・青
 本数字5回待ち。セットでは本・ボともに初摘出だった。

 出目全般では、各桁が出揃って「2・2・1・2」のパターン。この配置になるのは第21回以来で2回目、第21回では1等が1口出ていた。また、前回まで続いた「08」の4連続出現は今回でストップ。前回と同じく今回も連続数字にはならなかった。

 2回連続の1等「該当なし」でキャリーは5億円を超え、売り上げは前回比3億9千万円増の24億円台になった。もし今回1等が出なければ約8億5千万円のビックキャリーとなり、1口なら8億円ゲットに5千万のミニキャリーであったが、結果は2口出てしまい、4億2472万円に分け合ってキャリーを消化した。

 このパターンではやっぱり出てしまうのか。これでバランス出目で1等が出てしまう実績は9回中7回で約78%になった。また不思議なことに、この手のバランス出目になった時に「36」がよく絡んでいて今回で6回目にもなる。たまたまだったのかな~?

 因みに最もバランス出目ではなかった時、つまり1つの桁に多くの出目が集中したのは「1・5・1・0」と10番台が5個も出た第27回。当然、1等「該当なし」であった。

ロト6 第854回

 もし、摘出された6個の数字がすべて同じ色だとしたら、それは超が付くぐらいのバランス出目になる。なぜなら、それぞれの数字の間には7つの間隔があるからだ。

 セット球は7色に色分けされていて、ちょうど月別のカレンダーと同じ。例えば日曜日の列が赤色なら、最初に入る数字に7を足していった数字が縦に並ぶ。列の色分けは、A~Eセットまでが赤・黄・べ・緑・青・紺・紫の順で、F~Jセットはその逆の並びとなる。

 どのセットも「01」「08」「15」「22」「29」「36」「43」の列だけ7個あり、そのほかの列は6個ずつしかないから、6個とも同じ色になる組み合わせは全部で13通りしかない。出現する確率は46万8958分の1だが、だからといって出にくいわけではない。どんな数字の組み合わせだって、均等に609万分の1で出るチャンスがあるのだから。

 さて、今回のセット球は7個ある列が青色のHセットが選択された。新球(第2)では17回使用され「02」が6回出現している。前回のHセット出目は「08」「22」「24」「28」「31」「36」ボ「38」で、1等「該当なし」だった。

1個目は「25」・黄
 なんと26回ぶりのご無沙汰。セットでは2回目。
2個目は「18」・黄
 8回ぶり。セットでは6回目でトップタイに。
3個目は「37」・緑
 17回ぶりとこれもご無沙汰。セットでは初摘出。
4個目は「04」・黄
 5回ぶり。セットでは4回目の摘出だった。
5個目は「11」・黄
 お~、黄色が4個も。4回ぶり。セットで2回目。
6個目は「14」・紺
 3回ぶり。セットでは3回目の摘出。
ボーナスは「42」・紺
 本数字11回待ち。セットでは3回出ている。

 気象条件は「中気温」「低湿度」「低気圧」の条件に。この条件に合致したのは「04」のみ。合わないのが「18」とボーナス「42」。「14」は今回の出現で出やすい数字になった。

 出目全般では、前回に10番台が出なかった反動で今回は3個も出た。10番台が3個出るのは第825回以来で29回ぶり。また、この出目に4個一致した過去出目は第67回と遠い昔に1回だけあった。今回は黄色球が4個も出たが、過去には黄色が5個出た事がある。第741回がそれで、全色で現在までの最多記録となっている。

 キャリーで売り上げは19億円台。この結果、1等は1口のみで2億8074万1900円を独り占めにした。前回3口だった2等は今回33口も出てしまい、前回比でほぼ10分の1の賞金は残念としか言いようがない。

 世間ではSTAP細胞が存在するのしないのって大騒ぎ。一人のリケジョに300人もの報道陣が寄ってたかってさ。もういいじゃん。お~い、こっちはSTAP祈願だよ~!なにそれ? S(そろそろ)T(宝くじに)A(当たってね)P(パン・パン)...そんなんで当たれば世話ね~か、いや「当たります。200回以上成功したのを見ました」とか。

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.