ロト6 第800回

 あ~、もう800回かぁ。2000年の第1回からこれまで、長かったような短かったような...当初は週1回だった抽せんも、2011年4月以降は週2回となり、先行するミニロトに第670回で追いつき、今ではミニロトより65回も先を行っている。

 これまで1等を2,400名以上、2等は17,000名以上を輩出しているのだ。どうして自分がこの中に入れなかったのだろうと思うと悔しくて仕方がないが、この先1等に当たる密度が上がっているのだと信じるほかない。

 この調子で行くと、7年後の東京オリンピックには第1500回を越えたあたりか。それまでには何とか当てたいね。あと700回だ。1回に5口買うとして70万円ね。まっ、億を狙うにはそれくらいの投資は仕方あるまい。

 さて、節目に選ばれたセット球は本命予想のJセット。新球(第2)では13回使用され、前回のJセット出目は「12」「17」「29」「32」「38」「40」ボ「28」で1等「該当なし」。前回まで「38」がセット4連発してトップ独走中。

1個目は「23」・黄
 3回ぶりの出現。セットでは初摘出だった。
2個目は「25」・紫
 2回ぶり。セットでは4回目とよく出る。
3個目は「35」・緑
 14回ぶりとご無沙汰。セット3回目。
4個目は「22」・べ
 4回ぶり。セット3回目。「23」と連続数字に。
5個目は「12」・紺
 11回ぶりとご無沙汰。セットでは連発して5回目。
6個目は「08」・べ
 前回から連発。800回記念で「08」ね。セット初。
ボーナスは「43」・べ
 本数字7回待ち。セットでは1回出ている。

 気象条件は、このところ朝晩は寒いぐらいだったが、今日は気温が若干高め。条件は「高気温」「中湿度」「高気圧」に。この条件に合致したのは「12」「22」「23」。合わなかったのがボーナスの「43」。今回で「08」は高気温で、「25」は中湿度でそれぞれトップタイになった。

 出目全般では、前回のミニロト出目よりは大きい数字になったが、40番台を除く各桁が出たこともあって、前回よりはバランス的。「08」「12」「35」の何れかが「24」ならば4連続数字になっていた。また、この出目に4個一致した過去出目は3回もあり、1等は4口・5口・3口と多く出ていた。

 売り上げは17億円台。この結果、1等は1口出て1億3千万円の賞金で惜しくもキャリーならず。前回の当せん口数からすれば、1等は7分の1、2等は6分の1、3等以下も半減した。

 1回につき「7to6」とか「8to6」とかで買えば当たる確率も多くなるけど、なにせギャンブル性が高いし、外した時のショックも大きい。それに「7to6」は7個の数字だけで1,400円、8個だと5,600円もする。やっぱり賭けて1,000円かな~?

ロト7 第26回

 国税庁の調査によると、昨年1年間に受け取った給与の平均は、正規従業員で467万円(男性520万円、女性349万円)。非正規は168万円(同225万円、同143万円)だったとか。

 正規・非正規を合わせると平均は408万円で、前年を1万円下回り、また2年連続で減少していて、1989年と同水準、ピークだった97年からは59万円も減っているという。

 これに消費税が8%、その後10%と上がっていくのか。爪に火をともすような倹約したって微々たるもんだし、これから先、給料を上げてくれるとも思えない。やっぱり一発逆転を果たすには宝くじしかないんだよなぁ~。

 ワンランクアップなら1億円、優雅な老後に2億円、それに一戸建てを買うんだから更にお金が必要だ。昨日のロト6は、ビックキャリーから1等が7口も出て1口あたり5千万円台だったし、そうなると最低でも”億”が当たるロト7かな。

 今回はキャリーがないからスルーしようと思ったんだけど、買わなきゃ当たらんし、たとえキャリーがなくとも当たれば”億”になるのは確実。1口だけなら2億円超だ。迷う筆に力が入るぜっ!

 さて、今回のセット球はDセットが選択された。大阪でもDセットが使用されていたが東京では3回目となる。前回のDセット出目は「05」「06」「09」「13」「16」「21」「23」ボ「34」「08」で、1等は1口出ていた。

 因みに今回の立会人はあの菅谷貴子氏だ。前回登場した時はそのスケスケ衣装に目を奪われたが、どうも今回も透けて見える。はて?早くも老眼になってしまったか、実は透視能力でも備わったのか。ほう、そんな超能力があるんだったら出る数字でも予知せんかい。も~、エロい事だけには長けている自分が憎い…

1個目は「18」・紫
 なんと25回目にして初出現した矢先に連発するとは。しかも前回と同じ1個目に登場。もちろんセット初。
2個目は「11」・紫
 これも前回から連発。5回目の出現。セットでは初摘出だ。
3個目は「16」・青
 おー、3連発。ここまで3個とも前回からの連発だ。セットからも連発して2回目の摘出。
4個目は「13」・黄
 やっと違う数字が出た。5回ぶりで5回目の出現。これもセットでは連発して2回目。
5個目は「31」・紺
 7回ぶりで5回目の出現。セット初摘出。大きな数字は久しぶりだ。
6個目は「36」・緑
 さらに大きな数字。8回ぶりで6回目の出現。セット初。
7個目は「26」・赤
 14回ぶりとご無沙汰で3回目の出現。セット初。
ボーナス1個目は「21」・べ
 前回の本数字から連発。セットでも本数字から連発した。
ボーナス2個目は「27」・黄
 本数字13回待ち。セットでも本・ボで初だ。

 出目全般では、10番台4個に20番台1個は前回と同じだが、前回は1桁が2個出た代わりに今回は30番台が2個出た。1桁が1個も出なかったのはこれで5回目となる。前回から3個、ボーナスを併せると4個も連発した。

 売り上げはキャリーのあった前回から4億5千万円以上減の18億円台にまで落ちた。この結果、1等は「該当なし」になり2億4千万円がキャリーオーバー。ただし、次回は1等1口でも8億円は不可能、もう1回のキャリーを待とう。

 未来の出目が予知できる超能力があったらな~。よ~し、不発に終わったマークシートから透視してやる...
「エロビーム!!」...ああ、俺の目はまたしても”貯金箱の投入口”になるのであった。

ロト6 第799回

 前回はロト6史上初の”2等「該当なし」”となり、1等「該当なし」と合わせて2億5千万円近くのキャリーを発生させた。もし、前回に1等1口が出た上で2等だけが「該当なし」になっていたなら、それでもキャリーオーバーしたのだろうか?

 答えは”キャリーオーバーする”である。ロト6は5等を除くどの等級であっても、当せんした口数分の賞金を支払った後に、たとえ1円でも余りが出た場合は、次回にキャリーオーバーとして扱われる。1等以外での可能性とするなら、現実的には2等~4等までで当せん者がゼロになった時だけだ。

 では、各等級でキャリーする金額はいくらなのか。週2回抽せん以降、通常時の売り上げは平均で22億4千万円、5等は28万口だ。これから計算すると、1等は1億8千万、2等は1億6千万、3等は2億、4等は1億7千万である。1等より3等の方が配分が多いが、3等が「該当なし」になる事はまず有り得ない。

 さて、首相はNY証券取引所で「アベノミクスは買いだ」とか言ってるらしいが、いきなりの4億円のチャンス到来で、今日は「ロト6が買いだ」と言ってほしいね。

 セット球は本命のGセットが選択された。Gセットといえば、前回話題にした2等3,470口のLOST出目を出したセットであり、旧セットではあるが、第230回には1等を167口も出したりと何かとお騒がせなセットだ。

 新球(第2)では13回使用され、前回のGセット出目は「04」「05」「13」「21」「33」「34」ボ「15」で、「04」が5回出現している。

1個目は「10」・緑
 6回ぶりの出現。セットでは4回目の摘出。
2個目は「19」・黄
 4回ぶり。セットでは3回目。
3個目は「06」・赤
 18回ぶりとご無沙汰。セットでは2回目。
4個目は「04」・べ
 2回ぶり。セットでは連発して6回目とトップ独走。
5個目は「28」・紫
 4回ぶり。セットでは3回目。
6個目は「08」・紺
 11回ぶりとややご無沙汰。セット3回目。
ボーナスは「25」・べ
 前回の本数字から連発。セットでは2回出ている。

 気象条件は遠のく台風の結果、抽せん時刻には「高気温」「低湿度」「低気圧」の条件に。この条件に合致したのは「10」のみ。反対に合わなかったのが「28」とボ「25」。「08」は「高湿度」「中気圧」の条件ならダントツに出る数字だった。

 出目全般では、本数字合計が75で、「28」以下の完全ミニロト出目。こうなると誕生日絡みの選び方で当せん口数が一気に増えそうだ。前回は本数字全てが奇数だったが、今回は「19」を除き偶数出目。また、この出目に4個一致した過去出目はなかった。

 いきなりのビックキャリーを受け、売り上げは前回比6億円以上アップの22億円台。ヨン・ロク・パー・ジュウ・イチキュッ・ニッパー!なんともまあ叩き売りで、今回は誕生日絡み買いと断定。1等7口出たほか、2等以下も当せん口数が圧倒的に増え、賞金は通常時より半減してしまった。

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.