ロト7 第49回

 キャリーオーバーしてナンボのロト7。キャリーのない通常回からでは、1等「該当なし」になるか、滅多に起こらない2等以下で「該当なし」にでもならない限り、キャリーオーバーすることはない。

 抽せんを何回繰り返しても1等が出ないようでは困ったものだが、毎回のように1等が出てしまうのもまた困りもの。適度なキャリーオーバーがあってのロト7だ。1等には当たりたいが、時には1等「該当なし」になる我慢も必要なのだ。

 現在まで1等「該当なし」になったのは24回ある。抽せんは48回行われたからちょうど半分の確率だが、「該当なし」が続いて人気が上がる時もあれば、反対にしばらくキャリーが出ず人気が低迷する時もある。

 これまで最もキャリーオーバーが続いたのは第2回~第8回までの7回だ。第6回まで続いた1等「該当なし」でキャリーは実に19億円台後半まで積み上がり、そこで3口出た1等はすべて8億円ゲットの興奮ぶり。余った賞金ファンドが再キャリーし、その次も1等「該当なし」になっていた。

 ここ最近はどうか。第43回から4回続いたキャリーは、第46回の1等8億円を経て、続く第47回に2口出て終了。前回は通常抽せんで1口出てしまった。売り上げも18億円台と低迷していたから、出来れば今回からしばらくの間、1等「該当なし」でお願いしたいのだが...

 さて、今回選択されたセット球はEセットだ。13回ぶりの使用で5回目。前回のEセット出目は「05」「06」「10」「11」「20」「28」「36」ボ「25」「37」で、「06」「11」が連発中だ。

1個目は「11」・赤
 2回ぶりで10回目の出現。なんとセットでは3連発だ。
2個目は「08」・青
 6回ぶりで11回目。セットでは2回目の摘出。
3個目は「24」・紫
 前回から連発して12回目。セットでは3回出てトップタイ。
4個目は「27」・べ
 うっ、なぜ昨日出ない?3回ぶりで9回目。セット初。
5個目は「26」・黄
 前回から連発して9回目。これもセット初摘出。
6個目は「12」・黄
 18回ぶりとご無沙汰で7回目。これまたセット初。
7個目は「17」・紫
 7回ぶりで9回目。セットでは2回目。今回は30番台が出なかったか。
ボーナス1個目は「14」・緑
 本数字2回待ち。セットでは本数字未出現だ。
ボーナス2個目は「21」・緑
 これも本数字2回待ち。セットでは1回出ている。

 出目全般では、1桁1個に10・20番台で3個ずつの出目で、30番台が出なかったのは5回ぶりとなる。連発は「24」「26」の2個、連続数字は「11」「12」と「26」「27」の2組。また、偶数4個・奇数3個の出目は3回連続している。

 売り上げの17億円台は第19回に次ぐワースト2位。この売り上げと30番台が出なかったやや変則的な出目で、1等「該当なし」になるはずだったが、残念...1等は1口出てしまいキャリーならず。1等賞金は史上4番目に低い金額に終わった。

 あ~、1等が出て残念というのも何だが、願わくば今回はキャリーしてほしかった。欲をいえば50億円ほどのキャリーが積み上がっていればと思う。そうなるには10回ぐらい「該当なし」になる我慢が必要。おいおい、先走るなよっ!でも出ちゃうんだな、これが。

ロト6 第846回

 『元気ですかー!元気があれば何でもできる。元気があればロトにも当たる』と、まあ元気だけで当たれば世話はないが、当てるには先ず買わなければならず、しかも1口より2口買う方が倍当たりやすくなる。倍当てやすくするのに倍のお金が必要。これ当たり前ね。よって『お金があれば何でもできる。お金があればロトにも当たる』が正解。そのお金が無いから当てたいのにさ。

 さて、雨のロト6。雨と言えば出て欲しいかな「27」なんだけど。セット球は対抗予想のGセットが選択された。新球(第2)では18回使用され「04」が6回出現している。前回のGセット出目は「07」「11」「31」「34」「38」「43」ボ「28」で、1等は2口出ていた。

1個目は「30」・青
お~23回ぶりのご無沙汰。セットでも初摘出だ。
2個目は「28」・紫
 5回ぶり。セットでは4回目でボ・本で連発した。
3個目は「09」・青
 11回ぶりとこれもご無沙汰。セットでは2回目。
4個目は「14」・紫
 なんと30回ぶりの超ご無沙汰。セットで3回目。
5個目は「18」・べ
 2回ぶり。セットでは初摘出だった。
6個目は「33」・黄
 4回ぶり。セットでは3回目。あ~「27」出ずか。
ボーナスは「04」・べ
 本数字6回待ち。セットではボーナスで3回目、本数字と合わせて9回も出たことに。

 ボーナス抽せん時、本数字パレットにボールが3個も残ってしまったが、これは今回が「高湿度」であった影響が大きい。館内は空調されているとはいえ、普段よりは湿っていたはずだ。僅か14gしかない抽せん球が、帯びた湿気によってパレットに留まったのだろう。この事象によって、たとえ僅かであっても出目に及ぼす影響があったのではないか。

 その気象条件は「中気温」「高湿度」「低気圧」の条件に。今回この条件に出る側で合致したのは「33」とボーナス「04」。新球(第2)になってからあまり出てない「30」は、自己対比では出る条件だった。

 出目全般では、1桁・20番台で1個、10・30番台で2個の出目。真ん中寄りの平凡なバランス出目だ。ただ、今回は前回からの連発はなく、「09」の11回ぶり、「30」の23回ぶり、さらには「14」の30回ぶりと、ご無沙汰が3個も出た。また、この出目に4個一致した過去出目は第202回と第646回に2回あり、ともに1等は2口出ていた。

 売り上げは雨の影響で16億円を下回ってしまったが、逆にこの程度の売り上げであったためか、バランス出目にもかかわらず1等は「該当なし」に。次回に向け1億3203万7455円がキャリーした。

 ん?前々回は16億の売り上げで1億2千万円台のキャリーだったのに、今回は16億に届かなくても1億3千万円台とは?と一瞬疑ったが、これは前々回と今回とでは5等当せんが約3万5千口も違っていたからだ。1等~4等までの賞金は、賞金総額から先ず5等の当せん金を差っ引くのであったな。

 あ~、ハズレたかぁ~。もしかすると”闘魂ビンタ”でも受けてたら今回の数字選んでたかも?う~ん、次回の数字は何にしようかな~?そうだ、決めたっ!『行くぞぉ~!いち、にい、さん、ダァ~!!』とか。

ロト6 第845回

 ロト6がキャリーしている時の謳い文句は”4億円のチャンス”である。が、今となっては遠い夢でもある。なにしろ、最後に4億円が出たのは昨年の1月7日の事で、それ以来1年以上も出ていないのだ。

 最後の4億円にはお膳立てがあった。年末にキャリーが頻発して人気が高まったところに、最終回には2億円の年越しキャリーが発生。年末年始の期間の長さ、初夢のご祝儀買い、それらの要素が積み重なり年明け初回の売り上げは37億円にもなって、結果1等1口のみの4億円ゲットであった。

 今や売り上げは半分ぐらいロト7に持っていかれ、ロト6でキャリーしても1億円チョイが実情だ。上限の4億円は夢のまた夢、2億円を超えれば御の字だ。因みに、ロト6でキャリーが発生した後に1等が1口のみだったのは全回数で54回ある。ただでさえキャリーが少ない上に、キャリー後に1口のみの的中は率にして6.4%、難関中の難関である。

 さて、今回のセット球は6回前に使用されたAセットが選択された。ただ前回は大阪セットであり、東京セットとしては15回ぶりとなる。新球(第2)では21回も使用され「10」が8回出てダントツ。未だ出ていないのが「13」「17」。東京セットの前回出目は「05」「06」「09」「18」「28」「40」ボ「22」で、「40」が同セットで3連発中だ。

1個目は「13」・紺
 6回ぶりの出現。セットでは初摘出。
2個目は「02」・黄
 前回から連発。セットでは2回目だ。
3個目は「24」・べ
 4回ぶり。セットでは3回目。
4個目は「22」・赤
 これも4回ぶり。セットでは2回目。
5個目は「12」・青
 6回ぶり。セットでは6回目とよく出る。
6個目は「34」・紺
 5回ぶり。セットでは5回目。
ボーナスは「20」・紺
 本数字12回待ち。セットでは5回出ている。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。この条件で合致したのは「02」「24」「34」。「24」は中気圧で単独トップに立った。この条件に全く合わなかったのがボーナス「20」だった。

 出目全般では、1桁と30番台で1個、10・20番台で2個の出目になり、全体的にはバランス出目だ。この出目に4個一致した過去出目は2回あり、第596回では1等2口、第742回では1等が5口も出ていた。

 キャリーを受け、売り上げは前回比2億7千万円増の18億円台後半。この結果1等は1口のみとなり、賞金の2億7千万円を独り占めにした。これでロト6では55回目の”キャリー後の1口のみ”の誕生になった。

 最近のロト6では2億7千万円の賞金は高額な部類に入る。先週のロト7は通常回であったものの、1等1口でも賞金が2億4千万円だったことからすると、それよりも3千万円多いのだから十分に価値ある賞金である。いや~お見事!

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.