ロト7 第8回

 前回は1等8億円が3本出たことで大興奮。1本は東京都東村山市から、2本は香川県観音寺市の観音寺駅通商店街から出た。つまり、3本のうち2本は同一の売り場から出ており、1人で16億円をゲットした可能性が高い。

 16億円の賞金というと、国内ではあらゆる懸賞金を含めても史上最高額となるのではないか。ここまで額がデカいとピンとこないが、16億円を重さに換算すると160㎏、1億円用のジュラルミンケースで16個分、1万円札を積み上げて16m、1円玉なら高さ2,400kmにも達する…やっぱりピンとこないか。

 買い物だってハンパない。超高級な家を建てる?高級車を買う?お手伝いを雇う?いやー、あれやこれやと買ってもまだ余裕。まあ、その前に1,000円の床屋をやめることから始めようぜっ!

 2口買いで16億円とはいかないまでも、キャリー時の8億円はゲットしたいねー。現在のキャリー額は4千万円だから今回は8億円はムリ。あと1・2回のキャリーを待つ事にしよう。

 さて、8回目を迎えたロト7。今回選ばれたセット球はBセットでロト7初選択。ロト6のBセットは1等「該当なし」になる割合が比較的多いが、ロト7のBセットではどうか?

1個目は「21」・赤
 3回ぶりの出現で、全体では2回目の摘出。前回のロト6でも出た。
2個目は「32」・青
 ロト7では本数字初摘出。ボーナスでは1回出ていた。
3個目は「30」・べ
 2回ぶりで2回目の摘出。以前のロト6では最も出る数字だった。
4個目は「29」・黄
 前回から連発。全体で4回目の摘出は「23」と並びトップになった。
5個目は「02」・べ
 5回ぶりで2回目の摘出。ようやく小さい数字が出た。
6個目は「28」・赤
 3回ぶり。これも4回目の摘出でトップタイ。「28」「29」「30」で3連続数字に。
7個目は「36」・黄
 本・ボ合わせてロト7初摘出。前回のロト6ボーナス出目ね。
ボーナス1個目は「06」・紫
 前回のボーナスから連発。本数字では未出現だ。
ボーナス2個目は「08」・黄
 本数字5回待ち。「06」「08」は前回ロト6でも出ていた。

 出目全般では、1桁1個と20・30番台で3個ずつ。「02」が出たものの他は大きな数字に偏った。「32」「36」は本数字初摘出。また「28」「29」「30」で3連続数字。前回は本数字全てが奇数だったが、今回は偶数5個奇数2個の出目になった。

 前回1等が3口出たことで大量にキャリーを消費。残り4千万円で今回もキャリー中ではあるが、売り上げは前回比9億5千万円減と大幅にダウンした。この結果、1等「該当なし」になり、次回へ3億9千万円がキャリーした。

 キャリーが4億円弱まで貯まったことで、次回は今回より売り上げアップが期待される。もし次回1等が1口だけなら8億円に到達するだろう。その次回はロト7初となる大阪抽せん会だ。大阪のロト6用セット球は、東京セットで言うところの新球(第1)にあたり、東京の新球(第2)とは若干色味が違っている。

 もし、大阪のロト7で使用されるセット球の色が新球(第1)の色であれば、大阪ロト6用のセット球からの流用である。ロト6の大阪抽せんはまだ28回しか行われていないので、予備セットの流用も十分に考えられる。まして大阪抽せんが始まってから6年も経つというのに未だEセットが未使用なのだ。セット球攻略派にとっては早く選んでほしいけど、大阪はたまにしか開催されないからなぁ~。

ロト6 第763回

 遂に第7回のロト7で1等8億円が出た。しかも20億円近くまで膨れ上がったキャリーのおかげで1等3本とも8億円がゲットできた。だが、驚くのは3本の1等のうち2本は同じ売り場から出たという事だ。

 1等が2本が出たのは香川県観音寺市、観音寺駅通商店街の売り場だ。おそらく1人が2口買いをして16億円を手にしたに違いない。これが事実ならば、国内宝くじ史上最高賞金ということになる。

 ロト6やロト7の当せん確率からすると、あまり大きな売り場でもない限り、同一店で1等が複数出た場合は、複数買いをした同一人物が当てたとみてよい。既にロト6では何回も2口買いによるダブル当せんが起こっている。

 ロト6でのダブル当せん最高額は9年前、第210回の1等3億9千万円が出た時だ。1等の2口は東京・西新井トスカチャンスセンターから出ており、1人で7億8千万円をゲットしたものと推測される。

 前回のロト7では、その倍以上の16億円という途方もない賞金になったのだ。それを的中させた人物は、嬉しさと同時にそれ以上の怖さを感じているのかも知れない。

 さて、2口買いはしたいけど財布が寂しいロト6。今回のセット球は本命予想のHセット。新球(第2)では9回使用され「18」「27」が4回出現している。前回のHセット出目は「04」「06」「13」「16」「18」「39」ボ「34」で、1等「該当なし」。「18」がボ1回本3回と4連発中だ。

1個目は「10」・べ
 2回ぶりの出現。Hセットでは2回目の摘出だ。
2個目は「39」・黄
 8回ぶり。セットでは連発して4回目となりトップタイに。
3個目は「42」・紺
 19回ぶりとご無沙汰。セットでは3回目の摘出。
4個目は「21」・紺
 これも12回ぶりとご無沙汰。セット3回目の摘出。
5個目は「06」・紫
 前回から連発。セットでも連発して3回目の摘出だ。
6個目は「08」・青
 なんと3連発。セットでは2回目の摘出だった。
ボーナスは「36」・青
 本数字22回待ち。セットでは本数字未出現だ。

 気象条件は「高気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。この条件で完全合致したのは「08」「10」。最も合っていなかったのがボーナス「36」。相変わらず「08」は高気温・中気圧で他を圧倒しており、「39」も低湿度でダントツとなっている。

 出目全般では、1桁2個に他は各桁1個ずつのバランス出目になった。「06」が連発、「08」は3連発した一方、「21」が12回ぶり、「42」が19回ぶりのご無沙汰出目。この出目に4個一致した過去出目は第737回にあり、この時は1等が5口も出ていた。

 この結果1等は4口も出てしまい、1口3,600万円と庶民としては現実的な賞金?この金額なら怖さはないな。18億円弱の売り上げで4口も出るとはね。もしかしてこれも2口買いだったりして...

 ああ、今回「青球」が出た時は一瞬「01」が出たかと思ったけど。これで「01」は42回待ち、いったい何時になったら出るのやら。来週の一週間は大阪抽せんだ。大阪といえば「43」、東京では22回も出ていなかったからね。大阪では出ることに期待しよう、1口買いで...

ロト6 第762回

 最近のロト6は1等が複数口出ると賞金は数千万円台。先週金曜から発売のドリームジャンボは、1等当せん確率が143万分の1と当たりやすいが賞金は1億円どまり...

 「いやー、これでも全然いいよー」と思っていたところに、ロト7で1等3口、国内宝くじ史上最高の8億円という金額に度肝を抜かされていた...

 ところが先週末、米国の「パワーボール」では1等賞金が何と600億円を超える大当たりが出たとか。ロト7の8億円だってブッ飛び、ロト6の数千万円なんてお小遣いにしか思えないぐらい気の遠くなる金額。

 米国では昨年3月にも「メガミリオンズ」で600億円以上出ていたが、この時は3人の当せん者に賞金が分配された。今回は1等が1口だけというから、米宝くじ史上最高当せん額になるという。

 但し、その当せん確率は1億7522万3510分の1だったんだって。ハァ?なんかドリームジャンボなら必ず当たるような気がしてきたぜっ!

 さて、そんな賞金当たったらおちおち寝てもいられない。現実はロト6で十分ね。今回のセット球は予想外のFセットが選択された。新球(第2)では9回使用され「27」「33」「35」が4回出現している。前回のFセット出目は「16」「27」「33」「35」「39」「41」ボ「42」と大きな数字で1等「該当なし」だった。

1個目は「06」・黄
 2回ぶりの出現。セットでは2回目の摘出だ。
2個目は「20」・黄
 前回から連発。セットでは4回目でトップに並んだ。
3個目は「27」・黄
 6回ぶり。セットでは5回目となり単独でトップに立った。
4個目は「24」・青
 これも6回ぶり。セットでは初摘出だった。
5個目は「08」・紫
 前回から連発。セットでは2回目。
6個目は「09」・紺
 16回ぶりとご無沙汰。「08」と連続数字に。セット初摘出。
ボーナスは「40」・べ
 本・本・ボと3連発。セットでは本数字未出現だ。

 気象条件は、夜になって気温が上昇し、まとわりつく雨と相まって蒸し暑い中、「高気温」「高湿度」「低気圧」の条件に。この条件での完全合致はボーナスの「40」のみ。条件に合わなかったのが本数字「09」。雨と言えば「27」。全回数ではブッチギリでよく出ている。

 出目全般では、1桁と20番台で3個ずつ、「27」以下のミニロト出目になった。20日の抽せんで「20」が出たが、迷った時に日付で選ぶ向きにはドンピシャだった。この出目に4個一致した過去出目は2回あり、ともに1等「該当なし」になっていた。

 この結果1等は2口。賞金は6千万円台とパワーボールの600億円からすれば微々たる金額かも知れないが、人生を程々に潤わしてくれる額としてはこれ位がいいんじゃないの?と思えるのは歳のせいだろうか。いや、これくらいがいいんだって、ホント。