ロト7 第51回

 政治ってそんなにお金がかかるもんなのかね~。みんなの党の渡辺代表が、化粧品会社会長から8億円を借りていたことが週刊誌で報じられ、渡辺氏は「8億円は私一人で使い切った」と説明し、政治資金ではないことを強調したんだけど、何に使ったのかと問われると「酉の市で大きな熊手を買った」と言ったとか。

 ほ~、8億円の熊手ですかぁ?あり得ねー!なんでも、大きい物は何十万円もする熊手もあるそうだが、いくらなんでも8億円は無いよ。苦し紛れに言ったとはいえ、バレバレの言い訳だな。潔く「党のために使った」と言えばいいのに。

 お金を借りたのは、4年前に3億円と2年前に5億円だったそうだ。あ~あ、もうチョット待ってたらな、昨年から始まったロト7があったじゃないか。ビックキャリーで8億円当ててたら、返す必要もなかったのにー。おう、今からでも遅くない。渡辺さん、売り場の列に並んどけって。

 さて、キャリーの無い期間が最も長く続いて人気低迷中のロト7。あっ、渡辺さんダメだ。今日当てても8億円には成らん。8億円をゲットするためには2回キャリーしないとイカンのだった。して、選択されたセット球はD…ディ~?、ナント前回使われたDセットを連続使用とは。ロト6では過去に10セット中5セットが連続して指名された事があったが、ロト7で早くも連続使用が出るとはね。

 ロト7でのDセットは5回使用され「24」が3回出現している。前回のDセット、つまり前回出目は「03」「04」「07」「08」「15」「24」「29」ボ「11」「16」で、1等は2口出ちゃったのだったね。セットでは「04」「24」「29」が連発中である。

1個目は「05」・赤
 3回ぶりで11回目の出現。セットでは2回目の摘出だ。
2個目は「04」・紫
 前回から連発して13回目の出現。なんとセットでは3連発してトップタイに。
3個目は「23」・青
 5回ぶりで16回目の出現。「02」を抑えて最も出る数字になった。セットでは2回目の摘出。
4個目は「01」・緑
 6回ぶりで10回目の出現。これもセット2回目の摘出。
5個目は「08」・緑
 お、3連発して13回目の出現。当然セットでも連発で2回目。
6個目は「35」・べ
 10回ぶりとご無沙汰で8回目の出現。セットでは初摘出だ。
7個目は「20」・黄
 4回ぶりで6回目の出現。これもセット初摘出だった。
ボーナス1個目は「33」・赤
 本数字6回待ち。セット本数字では未出現だ。
ボーナス2個目は「15」・緑
 前回から本・ボで連発。つまりセットでは1回出ている。

 出目全般では、1桁4個・10番台は出ず・20番台2個・30番台1個の出目になったが、このパターンは第10回・第14回でも出ていた。因みに第10回は1等「該当なし」、第14回では1等2口だった。「04」が連発、「08」が3連発、「04」「05」で1組の連続数字。16回目の出現を果たし最も出る数字の「23」は3割以上の出現率を誇っている。

 前回に最低記録となった売り上げは6千万円ほど増え17億円台に。この結果、1等は「該当なし」になり2億3千万円弱がキャリーした。おおっ、久々のキャリーに鳥肌が立ち、渡辺さん、アンタみたいなヘアースタイルになったぜっ!ベッカム!

 まあまあ、焦るなって。次1等出ちゃったら8億円いかんしな。もう1回待とうじゃないか。なっ、渡辺さん。そうそう、早く借金返すために党の公約に追加しなくちゃ、「増税の前にやるべきことがある!ロト7で8億円ゲットする!」というアジェンダをね。それで、もし当たらなかったら電話してくれ、「ゼロイチニィゼロ、サンサンサンノキューレイロクー♪」にな。

ロト6 第850回

 かつてロト6の売り上げが100億円を超えた時があったのをご存じだろうか。古くからのロト6ファンなら、きっと鮮烈に記憶に残っている事と思うが、あれは今から8年前、ロト6の人気がピークだった2006年の第307回時であった。

 その前々回の通常時、1等1口のみで余りのファンドがキャリーし、その後1等「該当なし」で6億2千万円の超ビックキャリーが発生。そこへマスコミ各社が一斉に”4億円が4口の可能性も”などと宣伝したため、あれよあれよという間に売り上げていったものだった。

 2006年と言えば、年末ジャンボでさえ1等が2億円の時代であり、4億円のチャンスはまさに国内史上最高額である。同年に、ロト6を超えるくじとして誕生したサッカーくじのBIGは、図らずも第307回時から遅れること9日、9月16日が初開催だった。

 結局、104億7080万円も売り上げたものだから1等は6口も出てしまい、賞金は2億5千万円という結果だった。それでも今から考えるとスケールが桁違い。1等に配分された賞金ファンドは15億円もあったのだから。

 現在ではロト7の8億円、BIG特別回の10億円、ジャンボも7億円と、ロト6を超えるくじが目白押しだが、ロト6の魅力は、1口200円で”億”の可能性があり、当せん確率はジャンボの倍近く、しかも数字を選べる楽しさがある。よくよく考えてみれば、ロト6が一番ということになるのだが...

 さて、今回のセット球は予想では穴だったDセットが選択された。新球(第2)では16回使用され「41」が6回出現してトップ。前回のDセット出目は「08」「11」「17」「26」「33」「43」ボ「24」で、「33」が連発中。1等は2口出ていた。

1個目は「11」・紫
 8回ぶりは前回のDセット以来でセット連発した。
2個目は「02」・青
 5回ぶりの出現。セットでは3回目の摘出。
3個目は「32」・紫
 12回ぶりとご無沙汰。セットでは6回目でトップタイに。
4個目は「30」・青
 4回ぶり。セットでは5回目とよく出る。
5個目は「41」・黄
 16回ぶりともっとご無沙汰。セットでは7回目で再び単独トップに。
6個目は「38」・紺
 6回ぶり。セットでは初摘出だった。
ボーナスは「04」・紫
 前回の本数字から連発。セットでは2回出ている。

 気象条件は「中気温」「中湿度」「中気圧」の条件に。この条件に出る側で合致したのは「11」「38」「41」。反対にこの条件で出ないのが「30」。「02」は今回の出現でこの条件に完全合致した。

 出目全般では、1桁・10・40番台で1個ずつ、30番台が3個の出目。これで3回続けて20番台が出なかった。前回の本数字合計73の反動か、合計値は倍以上の154に達した。また、この出目に4個一致した過去出目は第496回に1回あり、この時の1等は2口出ていた。

 今や通常時の売り上げは16億円台が当たり前で、今回もご多分に漏れず。結果は20番台が出なかったせいか1等は「該当なし」になり、約1億4千万円がキャリーした。2等も2口どまりで賞金の6千万円台はお得であった。

 ピークの2006年では、1回の平均販売額は50億円を超えていた。それがロト7開始以降の現在は、平均で18億円弱まで落ちた。そこまで落ちたのだから、毎回のようにキャリーしても不思議ではないのだが...もしかして、当時からすると攻略法の研究も相当進んできており、以前より当てやすくなっているとか?ね。

ロト6 第849回

 ロト7の発売により、ロト6がいぶし銀のようなシブいくじになってから早1年。通常時の売り上げは16億円台が当たり前になり、キャリーしても20億円台まで行くかどうかである。

 売り上げが落ちているという事は、その分口数も減っているわけで、裏を返せば”1等が出にくくキャリーしやすい状態である”と言える。確かにこの1年は以前より1等「該当なし」になる割合が増えたが、逆にキャリーする割合は減ってしまったのだ。

 それは、ロト7開始前は売り上げが比較的高かったため、通常時に1等が1口出ても2億円どまりとなり、余りの賞金ファンドがキャリーしていたものが、現在では通常時1口だけだとしても上限に達する事はなくなってしまったからだ。

 しかも1回キャリーしたぐらいでは”4億円のチャンス”とはならず、4億円をゲットするためには2回連続して1等「該当なし」になる必要がある。まあ、以前よりは連続「該当なし」になる可能性が増えたが、それでも平均で35回は待たなければならない。次はいつ来るか?気長に待つしかなさそうだ。

 さて、前回までの興奮から一転、今回から通常時に戻ってしまったロト6。セット球は本命予想のCセットが選択された。新球(第2)では19回使用され「33」が6回出現している。前回のCセット出目は「12」「28」「32」「36」「38」「43」ボ「13」で、本数字合計値189は過去100回で2番目に大きかった。

1個目は「01」・べ
 10回ぶりとややご無沙汰。セットでは3回目の摘出。
2個目は「03」・青
 6回ぶりの出現。セットでは初摘出だった。
3個目は「15」・べ
 前回から連発。セットでも5回目とよく出る。
4個目は「04」・紺
 9回ぶり。「03」同様セット初摘出だった。
5個目は「40」・紫
 14回ぶりとご無沙汰。セットでは6回目でトップタイに。
6個目は「10」・青
 2回ぶり。セットでは4回目の摘出だった。
ボーナスは「34」・赤
 本数字4回待ち。セットでは4回出ていた。

 気象条件は、桜が開花しそうな程のポカポカ陽気の中、「中気温」「低湿度」「高気圧」の条件に。この条件に出る側で合致した数字はなく、2条件合致が「04」「10」「40」。この内今回で出やすくなったのが「10」の1個。

 出目全般では、前回のCセットが本数字合計で189もあったのに、その反動か、今回は合計73と過去100回で2番目に小さくなってしまった。1桁3個の出目は第843回以来で6回ぶり。今回は20・30番台が出なかった。また、この出目に4個一致した過去出目は第760回に1回あり、ボーナスの「34」も一致していた。この時の1等は2口出ていた。

 ビックキャリーを消化して、通常回に戻った売り上げはさっさと16億円台。皆さん潔いね~。結果、この変則出目でも1等は2口出てしまい、1口あたり6千万円台の賞金に終わった。う~ん、なんというシブい結果。

 もし今回「40」の代わりに「02」とか出ていたら?「01」~「04」の4連続数字になる。それに「10」「15」を足しても合計値は35となり、第301回の合計45を遥かに下回る大記録となったはずだが、それでも1等は出てしまうのだろうか?もしや、いぶし銀の強者が当てちゃったりしてね。

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.