ロト7 第10回

 昨日のロト6は、2回連続で1等「該当なし」になり3億円超のビックキャリーが積み上がった。一方、ロト7は先週の大阪抽せんで1等が2口出てキャリーを消失。この結果を受け、一獲千金の夢は、ロト6?それともロト7?と、どちらにしようか迷いどころになった。

 次回のロト6は1等が1口なら最高賞金の4億円が確実だが、おそらく25億円以上の売り上げが見込まれるため、1等が複数口出てしまう可能性が大きい。2口で2億円台、3口なら1億円台になってしまうかもしれない。

 キャリーの無い通常時のロト7は最高賞金こそ4億円だが、昨日のロト6を見ての売り上げ減は必至で、すると1等が1口出ても3億円チョイ。そもそも低い売り上げだと1等が出ない公算の方が大きい。

 600円で3口買えるロト6に対してロト7は2口。ロト6の1等当せん確率は609万分の1で、ロト7は1000万分の1。1等がすぐ出てしまうロト6、1等が中々出ないロト7...現実をとるか夢をとるか?...さあ、あなたならどっち?

 さて、ようやく10回目を迎えたロト7。セット球は先週の大阪で選ばれたDセットが再び選択された。といっても大阪セットと東京セットは別物であり、同名セットだったとしても全く関係はない。但し、今後セット球別の出目頻度を集計するにあたって、使用回数の少ない当初は同一セットとしてカウントする事になるだろう。

1個目は「02」・青
 2回ぶりの出現で、トータル3回目の摘出。
2個目は「03」・紺
 大阪から連発してトータル4回目。早くも「02」と連続。
3個目は「24」・紺
 6回ぶりで3回目の摘出。
4個目は「06」・黄
 本数字初出現。ロト6では直近10回中7回も出ている。
5個目は「01」・緑
 3回ぶりで3回目。「01」「02」「03」と3連続。
6個目は「28」・べ
 2回ぶり。5回目の摘出は「23」と並びトップ。
7個目は「30」・青
 なんと3連発。トータルで4回目となった。
ボーナス1個目は「16」・青
 本数字5回待ち。ボーナスでは初出現。
ボーナス2個目は「20」・黄
 本数字8回待ち。これもボーナス初出現。

 前回は各桁出揃った出目だったが、今回は本数字に10番台が出ず1桁が4個も出た出目。前回は「03」「04」が連続して、今回は「01」「02」「03」の3連続となった。また、「03」が連発、「30」が3連発した一方で、「06」が本数字初出現を果たした。

 売り上げは、キャリーの消失と昨日のロト6の結果を受けて前回比で4億円減となった。この結果1等「該当なし」になり、次回へ向け3億2千万円がキャリーした。

 さあ、こうなると月曜のロト6も気になるところだが、次回のロト7は8億円までは行かなくても、1口なら7億円超になる。確率の高いロト6と夢のロト7、どっちに力点を置こうか、限られたお小遣いの中でその配分を決めなければならない。

 これで10回の抽せんを終えたロト7。現在までの1等「該当なし」率は70%になっている。これまで最も出ているのは「23」「28」の5回で出現率は50%。まだ1回も出ていないのが「09」「18」「25」「26」「37」の5個。次回は出てない数字から1つや2つが飛び出すか、それとも出てる数字が更に出るのか、ようやく過去の出目頻度を参考に出来る回数になってきた。

ロト7 第9回

 4月から始まったロト7。毎週金曜日に抽せんされ今回で9回目を迎えるが、大阪で開催されるのはもちろん初めてだ。

 昨日のロト6の売り上げは1,756,341,600円で8,781,708口の投票数があった。今回のロト7の売り上げは2,725,318,200円で9,084,394口の投票数になり、今回のロト7は投票数でもロト6を上回る結果になった。

 ロト6の1口200円に対してロト7は300円と割高だが、3億9千万円のキャリーで最高額の8億円も見えてきたため、前回より売り上げを伸ばした格好だ。

 ただ、27億円の売り上げでは1等1口でも8億円には少し足りなかった。これだと1等への配分は3億5千万円となり、3億9千万円のキャリーと、2等~6等までの100円未満切捨て金を足しても7億6千万円程にしかならない。1等への配分を8億円にするためには約30億円の売り上げが必要であった。

 さて、今回は大阪で選ばれるロト7用のセット球に注目だ。というのも、東京では第649回からセット球が更新されて以前のセットより明るい色のセット球になったのだが、大阪では使用頻度が少なかったために変更がなされなかった。しかも10セットあるセット球で未だ使用されていないセットもあり、もしかするとロト7用のセット球は、ロト6用の予備セットから「38」以降を抜いたものを使用されるのではないかと懸念していたからだ。

 実際にボールの検定が始まりその懸念は払拭された。東京の新球(第2)と同じ明るい色のセット球が使用されており、全く新調されたものであった。昨日のロト6用セット球と比較してみても全然違う色味である。

 大阪で選ばれたセット球はDセット。ロト7ではここまで同一セットが使用されることなく9種類のセットが選択されている。残る未使用セットはFセットのみとなった。但し今回のDセットは大阪のモノであり、今後選ばれる東京Dセットとは物理的に全く関係はない。

1個目は「03」・紺
 2回ぶりの出現で3回目の摘出。
2個目は「23」・青
 3回ぶりで5回目の摘出。ロト7では最も出る数字になっている。
3個目は「04」・紫
 4回ぶりで2回目の摘出。早くも「03」と連続数字に。
4個目は「36」・緑
 前回から連発して2回目の摘出。
5個目は「30」・青
 これも前回から連発して3回目の摘出。
6個目は「27」・黄
 2回ぶりで2回目の摘出。ロト6では雨でよく出る数字だ。
7個目は「15」・緑
 3回ぶりで2回目の摘出。10番台は1個だけだった。
ボーナス1個目は「13」・黄
 本数字5回待ち。ボーナスでは初出現。
ボーナス2個目は「35」・べ
 本数字3回待ち。ボーナスでは初出現。

 出目全般では、1桁・20・30番台がそれぞれ2個ずつ出たのに対して10番台が1個の出目。それでも前回・前々回には10番台が1個も出ておらず、今回は全桁出揃ったバランス出目といえよう。また、連続数字に成りやすいロト7で今回連なったのは「03」「04」の1組のみだった。

 このバランス出目の結果、1等は2口出てしまいキャリーを消化。1口の賞金は3億8千万円で、先に述べたように1等1口であっても8億円には達しなかった。

 次回は東京に戻るロト7。キャリーは無く一から出直しとなるが、今後数回の抽せんを経てまたキャリーは貯まっていくだろう。出来れば一度、totoBIG並みに数十億円のキャリーが貯まってほしいものだが、コンピューターがランダムに選ぶBIGとは違って、ロト7は人間が選ぶ「数字選択式宝くじ」だ。人々の英知の方が勝ってしまって、なかなか数十億とは行かないかも知れない。

ロト7 第8回

 前回は1等8億円が3本出たことで大興奮。1本は東京都東村山市から、2本は香川県観音寺市の観音寺駅通商店街から出た。つまり、3本のうち2本は同一の売り場から出ており、1人で16億円をゲットした可能性が高い。

 16億円の賞金というと、国内ではあらゆる懸賞金を含めても史上最高額となるのではないか。ここまで額がデカいとピンとこないが、16億円を重さに換算すると160㎏、1億円用のジュラルミンケースで16個分、1万円札を積み上げて16m、1円玉なら高さ2,400kmにも達する…やっぱりピンとこないか。

 買い物だってハンパない。超高級な家を建てる?高級車を買う?お手伝いを雇う?いやー、あれやこれやと買ってもまだ余裕。まあ、その前に1,000円の床屋をやめることから始めようぜっ!

 2口買いで16億円とはいかないまでも、キャリー時の8億円はゲットしたいねー。現在のキャリー額は4千万円だから今回は8億円はムリ。あと1・2回のキャリーを待つ事にしよう。

 さて、8回目を迎えたロト7。今回選ばれたセット球はBセットでロト7初選択。ロト6のBセットは1等「該当なし」になる割合が比較的多いが、ロト7のBセットではどうか?

1個目は「21」・赤
 3回ぶりの出現で、全体では2回目の摘出。前回のロト6でも出た。
2個目は「32」・青
 ロト7では本数字初摘出。ボーナスでは1回出ていた。
3個目は「30」・べ
 2回ぶりで2回目の摘出。以前のロト6では最も出る数字だった。
4個目は「29」・黄
 前回から連発。全体で4回目の摘出は「23」と並びトップになった。
5個目は「02」・べ
 5回ぶりで2回目の摘出。ようやく小さい数字が出た。
6個目は「28」・赤
 3回ぶり。これも4回目の摘出でトップタイ。「28」「29」「30」で3連続数字に。
7個目は「36」・黄
 本・ボ合わせてロト7初摘出。前回のロト6ボーナス出目ね。
ボーナス1個目は「06」・紫
 前回のボーナスから連発。本数字では未出現だ。
ボーナス2個目は「08」・黄
 本数字5回待ち。「06」「08」は前回ロト6でも出ていた。

 出目全般では、1桁1個と20・30番台で3個ずつ。「02」が出たものの他は大きな数字に偏った。「32」「36」は本数字初摘出。また「28」「29」「30」で3連続数字。前回は本数字全てが奇数だったが、今回は偶数5個奇数2個の出目になった。

 前回1等が3口出たことで大量にキャリーを消費。残り4千万円で今回もキャリー中ではあるが、売り上げは前回比9億5千万円減と大幅にダウンした。この結果、1等「該当なし」になり、次回へ3億9千万円がキャリーした。

 キャリーが4億円弱まで貯まったことで、次回は今回より売り上げアップが期待される。もし次回1等が1口だけなら8億円に到達するだろう。その次回はロト7初となる大阪抽せん会だ。大阪のロト6用セット球は、東京セットで言うところの新球(第1)にあたり、東京の新球(第2)とは若干色味が違っている。

 もし、大阪のロト7で使用されるセット球の色が新球(第1)の色であれば、大阪ロト6用のセット球からの流用である。ロト6の大阪抽せんはまだ28回しか行われていないので、予備セットの流用も十分に考えられる。まして大阪抽せんが始まってから6年も経つというのに未だEセットが未使用なのだ。セット球攻略派にとっては早く選んでほしいけど、大阪はたまにしか開催されないからなぁ~。

TOP

Copyright (C) 2023 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.