ロト7 第2回

 宣伝効果もあってか幸先の良いスタートを切ったロト7。第1回の販売額は22億円近くまで達し、4月以降のロト6通常時の販売額を優に上回った。

 これは第1回だから記念に買っておこう、というファンも多かったのではないか。そして第1回は1等が1口出て賞金は3億円。当せんを出した売り場は宮崎県の串間市西方というから、鹿児島県との県境あたりで買った誰かに当たったわけだ。

 ロト6もそうであるように、ロト7もキャリーしてナンボの世界だ。目指すは8億円であり、totoBIGのように何十億とキャリーが積み上がれば、毎回8億円のチャンスが到来する。だから最初のうちは様子見が一番だ。買ったとしても1口とかね。でも買っちゃうかな?

 さて、第2回目のロト7。会場のドリーム館には第1回抽せん程ではないものの多くのファンが詰めかけた。ああ、最近のミニロトやロト6には無い光景で羨ましい限りだ。今回選択されたセット球はEセットだった。ロト6のEセットでは「20」「24」がよく出ているが、ロト7のセットではどんな出目が出るのか?

1個目は「33」・黄
 いきなり30番台。ロト7では30番台が7個しかないので出にくいはずだが...
2個目は「24」・紫
 ロト6のEセットでよく出る数字。ただ「24」はロト6においては最も出ていない数字である。
3個目は「31」・紫
 また30番台。今回は大き目の数字が多いね。
4個目は「29」・青
 2個目の20番台。うんうん、ここまでは全て初摘出数字だ。
5個目は「35」・緑
 おお、30番台が3個も。こりゃ1等「該当なし」間違いなし。
6個目は「20」・べ
 3個目の20番台。おいおい、1桁・10番台が出ないよー
7個目は「34」・べ
 第1回から連発。なんと30番台4個も出た。しかも「33」「34」「35」と3連続数字に!
ボーナス1個目は「32」・赤
 ボーナスまで30番台?これも入れると4連続数字になった。
ボーナス2個目は「12」・黄
 いまさら10番台ですかぁ、もう遅いっつーのっ!

 今回の出目は最低数字が「20」からと大きな出目に偏った。しかもボーナスを含め30番台が4個も出る始末。30番台は7個しかないんだよ。売り上げは前回比3億4千万円減の18億円台。前々回の通常時ロト6並みの売り上げだった。

 この結果、当然の如く1等は「該当なし」になり、ロト7初のキャリーオーバーが発生。本来なら1等の配分が販売額の45%×28.780%なので、キャリー額は2億3973万780円60銭である。しかし、ロト7の場合は各等級の100円未満切捨て分がすべて1等賞金として加算されるので、切捨て金合計の777万5819円40銭が加算され、表記のとおり2億4750万6600円がキャリーオーバーとして計上された。

 この変則出目で各等級も軒並み少数口になり、2等から6等までが理論当せん金を大幅に上回った。特に2等は理論当せん金1千万円の約3倍の賞金となって、これだけあれば住宅購入補助としても十分という金額であるから、ある意味ラッキーと言える。

 さあ、次回は初のキャリーで8億円...いやいや、次回1口でも8億円はムリかも。じゃ、いつ買うの?『今でしょー!』とは言えず、『もうチョット後でしょー!』かな...

ロト7 第1回

 記念すべき第1回のロト7。会場には多くのファンが詰めかけた。セット球はロト6でおなじみのA~Jまであるセットで、各セット球の配列もロト6と同じで、その色調もロト6の新球(第2)と同じである。

 そして第1回に選ばれたセット球は、ロト6の第1回と同じAセットであった。思えば、ロト6の第1回は2000年の10月、1個目の数字は「08」だったけな。

 本番が始まり売り上げが読み上げられ、なんと21億94,44万9,900円とな?!昨日のロト6の売り上げが19億円と週2回以降最低を記録したのに、たった5日の販売でそれを軽々超えてしまった。まあ、記念買いやご祝儀買いもあるだろうが、ロト6の初回が12億弱だったことからすると、ミニロトやロト6の長い歴史の中で数字選択式宝くじが浸透したという事かね。

1個目は「10」・べ
 注目の1個目は「10」。ロト6でも第1回に出た数字だ。
2個目は「07」・紫
 ロト7の7で「07」。この数字はけっこう買っているのでは?
3個目は「12」・青
 「07」と「10」で2つおき、「10」と「12」で1つおきか。
4個目は「17」・べ
 小さ目の数字が続いているが、MAXで37個しかないんだからね。
5個目は「23」・黄
 ようやく20番台が出現。昨日のロト6で出た数字だ。
6個目は「28」・紫
 2個目の20番台。ロト6だとここで終わりね。
7個目は「34」・紺
 だんだん大きくなってきてやっと30番台。これで1等が出るか?
ボーナス1個目は「03」・べ
 ボーナスは2個選ばれるので6等を諦めずだ。
ボーナス2個目は「15」・赤
 あー、「07」「12」「23」が当たっていたのにー、残念!  

 抽せんでロト6との違いは、夢ロトくんが回っている時の音楽が変わったこと。長い間ロト6の抽せんを見ているだけに何か調子が狂うな。今回の出目は1桁1個、10番台が3個、20番台2個と30番台が1個のバランス出目になった。

 この結果1等は1口出てしまい、第1回目からのキャリーオーバーは逃してしまったが、1等の賞金は約3億円と最近のロト6の倍の賞金に、のっけからロト7の凄さを垣間見たような気がした。

 売り上げの45%が賞金として還元され、その内1等への配分は28.780%である。そのまま計算すると1等への配分は2億8,420万円程であるが、ロト7では各等級での切捨て金がすべて1等に加算されることになっている。今回の切捨て金合計は1,751万円であったため、これを1等に足した結果が3億円超の賞金となったのだ。

 やはり、ロト7は1等狙いのためにあるクジだ。第1回からこの売り上げがあれば、早晩8億円長者が誕生するものと思われる。是非とも8億円第1号はこの手で!と皆胸に秘めてるんだろうな。次回も買うぜ!1口だけ...

ロト7買ってみた

 4月1日、近所の宝くじ売り場で早速ロト7を買ってみました。

ロト7カード

 いたってロト6と変わらない買い方です。

 でも、37個から7個も選ぶのには、どうも違和感が...


ロト7カード

 ついでにいつも通りロト6も購入。

ロト6カード

 さて、4日のロト6、続いて5日の初ロト7、

『当たりますように...(^人^)オ・ネ・ガ・イ』