ロト7 第1回

 記念すべき第1回のロト7。会場には多くのファンが詰めかけた。セット球はロト6でおなじみのA~Jまであるセットで、各セット球の配列もロト6と同じで、その色調もロト6の新球(第2)と同じである。

 そして第1回に選ばれたセット球は、ロト6の第1回と同じAセットであった。思えば、ロト6の第1回は2000年の10月、1個目の数字は「08」だったけな。

 本番が始まり売り上げが読み上げられ、なんと21億94,44万9,900円とな?!昨日のロト6の売り上げが19億円と週2回以降最低を記録したのに、たった5日の販売でそれを軽々超えてしまった。まあ、記念買いやご祝儀買いもあるだろうが、ロト6の初回が12億弱だったことからすると、ミニロトやロト6の長い歴史の中で数字選択式宝くじが浸透したという事かね。

1個目は「10」・べ
 注目の1個目は「10」。ロト6でも第1回に出た数字だ。
2個目は「07」・紫
 ロト7の7で「07」。この数字はけっこう買っているのでは?
3個目は「12」・青
 「07」と「10」で2つおき、「10」と「12」で1つおきか。
4個目は「17」・べ
 小さ目の数字が続いているが、MAXで37個しかないんだからね。
5個目は「23」・黄
 ようやく20番台が出現。昨日のロト6で出た数字だ。
6個目は「28」・紫
 2個目の20番台。ロト6だとここで終わりね。
7個目は「34」・紺
 だんだん大きくなってきてやっと30番台。これで1等が出るか?
ボーナス1個目は「03」・べ
 ボーナスは2個選ばれるので6等を諦めずだ。
ボーナス2個目は「15」・赤
 あー、「07」「12」「23」が当たっていたのにー、残念!  

 抽せんでロト6との違いは、夢ロトくんが回っている時の音楽が変わったこと。長い間ロト6の抽せんを見ているだけに何か調子が狂うな。今回の出目は1桁1個、10番台が3個、20番台2個と30番台が1個のバランス出目になった。

 この結果1等は1口出てしまい、第1回目からのキャリーオーバーは逃してしまったが、1等の賞金は約3億円と最近のロト6の倍の賞金に、のっけからロト7の凄さを垣間見たような気がした。

 売り上げの45%が賞金として還元され、その内1等への配分は28.780%である。そのまま計算すると1等への配分は2億8,420万円程であるが、ロト7では各等級での切捨て金がすべて1等に加算されることになっている。今回の切捨て金合計は1,751万円であったため、これを1等に足した結果が3億円超の賞金となったのだ。

 やはり、ロト7は1等狙いのためにあるクジだ。第1回からこの売り上げがあれば、早晩8億円長者が誕生するものと思われる。是非とも8億円第1号はこの手で!と皆胸に秘めてるんだろうな。次回も買うぜ!1口だけ...

ロト7買ってみた

 4月1日、近所の宝くじ売り場で早速ロト7を買ってみました。

ロト7カード

 いたってロト6と変わらない買い方です。

 でも、37個から7個も選ぶのには、どうも違和感が...


ロト7カード

 ついでにいつも通りロト6も購入。

ロト6カード

 さて、4日のロト6、続いて5日の初ロト7、

『当たりますように...(^人^)オ・ネ・ガ・イ』

ロト7の各等級への配分率と切捨て金

ロト6 第747回のレビューで、

 

 ロト7の当せん金額は、理論値で1等4億円、2等約1,000万円、3等100万円、4等12,500円、5等2,000円、6等1,000円となっているが、2等だけに”約”が付いているのが不思議だった。仕方なく、みずほ銀行宝くじ部へ問い合わせたところ、2等は正確には10,000,200円になるとか。200円と少額な金額が付くため”約”1,000万円としているという。

 数字選択式宝くじの場合、当せん金の原資は予め各等級ごとに配分しておき、その等級の中で当せん口数により割られるから、当然100円未満の端数が出る。実際に支払われる場合、その100円未満は切り捨てることになっているのだが、ロト7は切り捨ての金額がロト6に比べ半端ではないのだ。

 

 
ロト6の理論値
ロト7の理論値
配分率
切捨て金×口数
配分率
切捨て金×口数
1等
25.428%
57円×1口
28.780%
0円×1口
2等
22.885%
87円×6口
10.073%
49円×14口
3等
27.462%
12円×216口
14.102%
10円×196口
4等
24.225%
36円×9,990口
8.273%
87円×9,135口
5等
原則固定
なし
20.448%
0円×142,100口
6等
18.324%
50円×242,550口
合計
100.000%
362,811
100.000%
12,940,551
※ロト7の1等は4億円で、計算では上限を超える9,973円が出るが、この金額は次回へのキャリーオーバーとして還元される。

 

 ロト6の理論販売額は1,219,290,800円、ロト7は3,088,641,600円とした。共に売り上げの45%を賞金としているが、上表の切捨て金を差し引くと、ロト6で44.970%、ロト7で44.581%と目減りする。それにしてもロト7の1,300万円の切捨てはデカいな。この端数はいったい何処へ行っちゃうんだろ?...

 

...と書きました。で、再度、宝くじ部へ確認したところ、実は、2等~6等までの切捨て金はすべて1等の賞金として還元されることが分かりました。従って、1等への配分率は28.780%以上ということになります。