ロト7 第497回

 また今回はコンパクトな出目になったもんだなぁ。最小数字が「18」で最大数字が「33」だからその差は15となるが、これはロト7史上4番目にコンパクトな出目。これまで最もコンパクトになったのは第324回の最小「09」最大「20」の11差で、次が第407回の最小「19」最大「31」の12差、そして第225回の最小「13」最大「26」の13差と続き、今回の15差は他に6回出ていた。興味深いのは過去の結果において、15差以下のコンパクトな出目になった時には必ず1等「該当なし」となっていることだ。ここまでコンパクトになると余程選ぶのが難しくなるのだろう。

 さて、このコンパクトな出目の結果を詳しく見ていこう。今回のセット球は第483回に使用され実に14回ぶりとなるJセットが選択された。これまで第4世代では8回使用され「11」「27」「37」が4回出てトップ、「01」「05」「17」「18」「24」「29」「34」がまだ出ていない。前回のJセット出目は「02」「11」「20」「23」「25」「36」「37」ボ「34」「29」で、1等は1口。同セットでは「02」「36」が連発中。この時の最小最大の間隔は35もある超ワイド出目だった。

1個目は「30」・オレンジ
 17回ぶりのご無沙汰。セットでは3回目の摘出。
2個目は「20」・ブルー
 2回ぶりの出現。セット連発して2回目。
3個目は「27」・ブルー
 前回から連発。セットでは5回目となり単独トップに。
4個目は「26」・パープル
 10回ぶりのご無沙汰。セット2回目。「27」と連続。
5個目は「24」・レッド
 11回ぶりのご無沙汰。セット初摘出。
6個目は「18」・ピンク
 前回から連発。セット初。
7個目は「33」・パープル
 2回ぶり。セット3回目。今回は1桁が出ず非常にコンパクトな出目になった。
ボーナス1個目は「19」・パープル
 本数字2回待ち。セットでは1回出ている。
ボーナス2個目は「17」・レッド
 本数字6回待ち。セット本数字では未摘出。

 出目全般では、1桁0・10番台1・20番台4・30番台2個になり、このパターンは第407回と同じ。1桁が出ないのは7回ぶり、20番台4個は12回ぶりだ。「26」「27」で連続1組。「18」「27」が連発し、一方で「24」「26」「30」が10回以上のご無沙汰出現。また、この出目に5個一致した過去出目はなく、4個一致が5回あっただけ。4個一致の直近、第366回では「10」「24」「25」「26」「27」「33」「36」と出て1等「該当なし」だった。

 前回は1等が2口も出てせっかくのキャリーが消滅。売り上げは前回比4億5千万円減の17億円台までダウンした。今回は1桁が出ず20番台で4個、そして最小最大15差のコンパクトな出目になった。この結果1等は「該当なし」になり3億5393万960円がキャリーオーバー!来週からキッチリ10億円チャンスの年末ジャンボが発売される中、もう1回キャリーでロト7も完全10億円チャンスを作ってほしいもの。年末ジャンボの10億円は2000万分の1の確率だが、同じ10億円のロト7ならその半分の1000万分の1で当たるのだ。賭けるならこっちね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.