ロト7 第486回

 なんとまた2口の10億円が出たではないか。今年はここにきて一気に10億円を量産している感じ。これで今年は9人目の10億円ゲットになり、早くも2020年の9人に並んだ。この調子でいくと昨年の12人を上回るかもしれない。それには常に潤沢なキャリーオーバーがないとな。今回の2口で20億円を放出したから残りのキャリーは1億円チョイとなってしまったが、ここからまた数回はキャリーが積み上がることを期待したい。

 では、2口の10億円を出した今回の出目を詳しく見ていこう。セット球は第473回に使用されたDセットが13回ぶりに選択された。第4世代では5回使用され「21」「24」「35」が3回出てトップ。前回のDセット出目は「06」「11」「21」「24」「28」「33」「37」ボ「27」「08」で、1等「該当なし」。同セットでは「11」が連発中だ。

1個目は「13」・オレンジ
 2回ぶりの出現。セットでは2回目の摘出。
2個目は「31」・パープル
 これも2回ぶり。セットでは初摘出。
3個目は「35」・イエロー
 21回ぶりのご無沙汰。セット4回目で単独トップに。
4個目は「23」・ブルー
 3回ぶり。セット2回目。
5個目は「15」・グリーン
 4回ぶり。セット初。
6個目は「08」・グリーン
 7回ぶり。セット初。
7個目は「24」・パープル
 前回から連発。セットでも連発して4回目はトップタイに。今回は各桁均等に出たバランス出目になった。
ボーナス1個目は「19」・レッド
 本数字4回待ち。セットではまだ出ていない。
ボーナス2個目は「14」・イエロー
 これも本数字4回待ちでセット未摘出。

 出目全般では、1桁1・10番台2・20番台2・30番台2個になり、第474回と同じパターンで各桁均等に分け合った。「23」「24」で連続1組。「24」が連発した一方で「35」が21回ぶりのご無沙汰出現。また、この出目に5個一致した過去出目はなく、代わりに4個一致が14回。4個一致の直近、第479回では「08」「11」「13」「18」「24」「30」「31」と出て1等は1口だった。

 前回は1等が出ずキャリーが15億円台まで増額。今回の売り上げは前回比7千万円アップの27億円台半ばまで増えた。出目は各桁均等に出た上に「08」の末広がり縁起数字もある。この結果1等は2口出て2口とも見事10億円ゲット!残ったキャリーは1億円だったからギリ10億円セーフだった。う~ん、この10億円こそ自分のクイックピックであってほしいが、暫くは夢を見たいから今は確認しないでおこう。

 さて、来週の数字選択式宝くじは大阪抽せんになる。前回の大阪は7月に行われたばかりだが今年はこれで2回目。通常は不定期に年4回ほどある大阪だが、ここ数年のコロナ禍で大阪抽せんはほとんど開催されていなかった。おそらく年末にもう1回は大阪抽せんがあるだろう。その大阪のロト7はこれまで30回行われており、出目は「30」が10回も出て3割以上の出現率を誇っている。逆に出てないのが1つ小さい「29」の2回だ。さあ、次回の大阪ではどんな出目が出るのか。おっと、手練れに1等的中されたら困る。まだキャリーは1億円チョイしかないからねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.