ロト7 第438回

 ロト7は30億円以上売れないと全通り分の出目が出揃わない。つまりキャリーのない通常回の売り上げぐらいでは全通りの半分の出目しか選択されていないのだ。買い目には相当数のダブりもあるからね。なのに、最近はその通常回でも1等が出てしまっているのはいったいどういうことか。既に5回連続でキャリーオーバー無しのワースト記録に並んでしまった。

 2013年から始まりもう何年も経つロト7だが、その間いくら過去出目やセット球からの予想が進んだとはいえ、そう簡単に的中できるものではない。おそらく、人々が選びそうな出目と実際に摘出された出目が偶然にも一致してしまったのが続いているだけなのだろう。今回もまたそういう結果、いかにも選ばれやすそうな出目になってしまったではないか。

 さて、結果を詳しく見ていこう。今回のセット球は第424回に使用されたFセットが14回ぶりに選択された。これまで第4世代では2回使用され「19」「35」が2回とも出ている。前回のFセット出目は「05」「06」「12」「19」「25」「30」「35」ボ「33」「26」で、1等「該当なし」だった。

1個目は「32」・グリーン
 2回ぶりの出現。セットでは初摘出。
2個目は「21」・レッド
 これも2回ぶり。セット初摘出。
3個目は「13」・オレンジ
 6回ぶり。セット初。
4個目は「04」・グリーン
 18回ぶりのご無沙汰。セット初。
5個目は「37」・パープル
 4回ぶり。セット初。
6個目は「16」・パープル
 10回ぶりのご無沙汰。セットでは2回目。
7個目は「34」・オレンジ
 4回ぶり。セット2回目。今回は連続数字のないワイドなバランス出目になった。
ボーナス1個目は「27」・オレンジ
 本数字9回待ち。
ボーナス2個目は「33」・イエロー
 本数字5回待ち。セットではボーナス連発。

 出目全般では、1桁1・10番台2・20番台1・30番台3個になり、このパターンは第429回と同じ。前々回は連続数字が3組、前回が連続数字2組となっていたが、今回は連続数字にならず、ワイドなバランス出目となった。前回からの連発はなく、「04」が18回ぶり、「16」が10回ぶりのご無沙汰出現。また、この出目に5個一致した過去出目が第121回にあり、この時は「02」「04」「13」「16」「21」「30」「37」と出て1等は1口だった。

 過去3回目の5連続キャリーオーバー無しで、売り上げは前回比3千万円減の17億円台後半まで落ちた。今回は絵に描いたようなワイドなバランス出目だ。しかも過去出目から攻略する手練れが「04」のご無沙汰出現を秘かに待っていたか、この結果1等は2口も出て賞金1億7894万1700円にて今回もキャリーならず。これでついにロト7史上初の6連続キャリーオーバー無しのワースト記録を更新してしまった。う~ん、この暗いトンネルがいつまで続くのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です