ロト7 第407回

 年末ジャンボの10億円は年1回のワンチャンスだが、ロト7の10億円は昨年末から続くエブリーチャンス。ただロト7の10億円はポツンポツンと出るのに対し、年末ジャンボの10億円長者は一気に出る。情報によれば2020年の年末ジャンボはすべて連番の10億円ゲットで、北海道1・岩手県1・埼玉県1・東京都3・神奈川県2・富山県1・静岡県1・岐阜県1・大阪府3・兵庫県1・和歌山県1・岡山県1・沖縄県1と、宝くじ公式サイトから3本の計21本。このうちチャンスセンター系で出たのが10本だった。

 不思議なのは、あれだけ売れてる「西銀座チャンスセンター」からは1本も出なかったこと。ただ姉妹店の「銀座ファイブチャンスセンター」からは1本出ていた。ふ~ん、1等が21本ということは少なくとも21ユニットは売れたわけで、するとミニを除く年末ジャンボだけでも1260億円を売ったことになる。前の年で17ユニットちょいしか売れなかったから大幅増だ。もしかして10万円の給付金やら1日6万円の時短協力金とかで、けっこう世の中には金が溢れかえってるのかもしれないなぁ。

 もう、そんなに金がダブついてんのなら俺にくれ!まっ、今日のロト7で50億円ゲットするからいいんだが、ガッハッハッハ~!さて、今回のセット球は第403回に使用されたAセットが選択された。これまで33回使用され「10」が11回出てトップ、「13」「14」が3回しか出ていない。前回のAセット出目は「02」「06」「08」「12」「19」「20」「29」ボ「26」「05」で、同セットでは「06」「19」が連発中。1等は「該当なし」だった。

1個目は「31」・べ
 7回ぶりの出現。セットでは7回目の摘出。
2個目は「26」・青
 5回ぶり。セット8回目。ボーナス含めると4連発。
3個目は「21」・紫
 前回から連発。セット8回目。
4個目は「28」・紫
 7回ぶり。これもセット8回目。
5個目は「25」・緑
 3回ぶり。セット5回目。「26」と連続。
6個目は「30」・黄
 3回ぶり。セット7回目。「31」と連続。
7個目は「19」・青
 4回ぶりは同セット3連発でセット6回目。今回は20番台で4個も出たコンパクトなミニロト出目になった。
ボーナス1個目は「09」・黄
 本数字5回待ち。セットでは9回出ている。
ボーナス2個目は「16」・黄
 前回本数字から連発。セットでは5回摘出。

 出目全般では、1桁0・10番台1・20番台4・30番台2個で、このパターンは第366回と同じ。1桁が出ないのは16回ぶり、20番台4個は17回ぶりだ。「25」「26」と「30」「31」で連続2組。「21」が連発したほか、10回以上のご無沙汰はなかった。また、この出目に5個一致した過去出目が第188回にあり、この時は「06」「15」「19」「25」「26」「30」「31」と出て1等は1口。ほか、4個一致が5回あった。

 前回1等が出ずキャリーが増えた分、売り上げは前回比1億円増の32億円台半ば。今回は「19」から「31」までとコンパクトなミニロト出目になった。売り上げも1等が出るかどうかのボーダーラインで、ここまでコンパクトになるとやや難しい。結果、今回も1等「該当なし」になりキャリーはついに50億円突破の51億2423万6005円!もちろん史上初だ。このキャリーオーバー、いったいどこまで増えるのか?じゃ、次回は6口買い!?いや、もう軍資金が...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です