ロト6 第1560回

 いや~大きな地震だったねぇ。都内でも大きく揺れた後いつまでも揺れが収まらない感じ。ちょうど10年前の東日本大震災の揺れを思い出したが、あの時も長く揺れたからねぇ。今回の地震では津波が起きなかったことや死者が出なかっただけでも不幸中の幸いだった。あれから10年経つのかぁ。その10年前といえば、ロト6では週1回抽せんから週2回抽せんへと変わった年だった。

 ロト6は2006年をピークに翌年から販売額が下がり傾向にあった。それを改善すべく2011年4月から週2回抽せんとして売り上げアップを見込んだのだ。もちろん1回の売り上げは半減したが、その年の販売額はピーク時に匹敵する2600億円まで回復した。ただその2年後にはロト7が発売開始されたことで一気に売り上げダウン。さらにその後はスポーツくじのBIGなどが出てきたから億単位の高額賞金くじの販売額は分散、現在に至るまで販売額の減少に歯止めがかかっていない。

 結局いろんなクジが増えた分、あれもこれもと少しずつ賭けるから当たらないのかも?さて、前回キャリー消化で通常回に戻ったロト6。今回のセット球は予想本命のHセットが選択された。第4世代では17回使用され「37」が6回出てトップ、「18」「31」がまだ出ていない。前回のHセット出目は「08」「11」「22」「32」「37」「42」ボ「41」で、同セットでは「37」が3連発中。1等は1口出ていた。

1個目は「07」・パープル
 7回ぶりの出現。セットでは2回目の摘出。
2個目は「42」・パープル
 2回ぶり。セットでは連発して5回目。
3個目は「40」・レッド
 6回ぶり。セット3回目。
4個目は「32」・オレンジ
 7回ぶり。セット連発で6回目はトップタイに。
5個目は「19」・レッド
 4回ぶり。セット4回目。
6個目は「24」・イエロー
 5回ぶり。セット4回目。今回は40番台で2個出たほか各桁1個ずつの出目になった。
ボーナスは「22」・ブルー
 本数字3回待ち。セット本・ボで連発した。

 日中はやや台風並みの風雨でも抽せん時刻前にはピーカンの晴れ。ただ一日を通せば「雨の日」の分類となる。その気象条件は「低気温」「高湿度」「低気圧」の条件に。今回この条件に合致したのは「24」「32」「40」「42」と4個もあった。今回出ての合致はない。合致の中でも第4世代で圧倒的に出る「24」はすべての条件でトップに立った。

 出目全般では、1桁から30番台まで1個ずつに数少ない40番台で2個出た。この出方をしたのは167回前の第1393回で、この時は1等「該当なし」になっていた。連続数字にならず、前回からの連発はなく、10回以上のご無沙汰もない。また、この出目に4個一致した過去出目が第658回・第864回・第1412回と3回あり、直近2回ではともに1等が2口出ていた。

 前回キャリー消化で、売り上げは前回比1億3千万円減の14億円台半ばまで落ちた。各桁1個ずつ選んだ上に40番台だけ2個選ぶのは変則的に見えるが、マークシート上では「40」と「42」は列が違って逆にバランスよく映る。この結果、1等は1口出て2億円を放出。残った4349万6170円がミニキャリーした。10年前といえばロト6の500回時代だ。週2回になると年100回チョイ、つまりこの10年で1000回以上も抽せんしたわけだ。なのに未だ1等に的中できないとはなぁ...とほほ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

TOP

Copyright (C) 2023 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.