ロト6 第865回

 2007年から始まった大阪抽せん会。その一週間で行われる”数字選択式宝くじ”が対象になり、週2回抽せん以降は年4週8回とペースは上がったものの、8年経った今でも大阪でのロト6は40回に満たないでいる。

 その間、東京のセット球は新球(第1)から新球(第2)へ交換された。大阪では使用回数が少ないため新球(第1)のままだ。新球(第1)と(第2)では、セット球の色味がだいぶ違うので一目瞭然であり、大阪で抽せんが行われるたびに、東京の(第1)セットを思い出し懐かしく思う。

 物理的攻略としては少なくとも100回のデータ、セット球にして各10回以上のデータは欲しいところだが、この分だと大阪で100回に達するのは更に8年後の2022年頃となりそうだ。下手すると100回に達しない前にセット球交換となってしまうかもしれない。

 しかも、大阪でのE・F・Hセットは各1回ずつしか使用されておらず、これではセット球攻略なんて出来るはずもない。現状では10セット分をまとめて”大阪セット”とするしかなさそうだ。

 さて、37回目の大阪抽せん。セット球はFセットが選択され、大阪ではこれで2回目となる。前回のFセットは2年前の7月、出目は「02」「08」「20」「33」「38」「42」ボ「21」で、1等は3口出ていた。

1個目は「07」・赤
 17回ぶりのご無沙汰。大阪Fセット初摘出。
2個目は「05」・べ
 3回ぶりの出現。セット初摘出。
3個目は「08」・紫
 14回ぶりのご無沙汰。セットでは連発して100%。
4個目は「12」・べ
 6回ぶり。セット初摘出。
5個目は「25」・緑
 10回ぶりとこれもご無沙汰。セット初摘出。
6個目は「23」・紺
 13回ぶりとご無沙汰。ご無沙汰数字が4個も出た。セット初。今回は小さい数字ばかりになった。
ボーナスは「26」・べ
 本数字2回待ち。ボーナスも含め完全ミニロト出目になった。

 気象条件は「高気温」「中湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのはボーナス「26」のみ。2条件合致が「08」。今回で出る条件になったのが「07」。「05」は中湿度でトップに立った。

 出目全般では、前回は1桁が1個も出なかったのに今回は3個も出た。1桁3個は第857回以来で8回ぶり。ご無沙汰出目は「07」の17回ぶりを筆頭に「08」「23」「25」と10回以上が4個も出た。1桁3個と最大数字「25」で、本数字合計値は前回164の半分にも満たない80となった。また、この出目に4個一致した過去出目は3回あり、第153回と第527回はラッキー7の「07」絡みで、1等は6口・12口と多かった。

 ドリームジャンボへ流れたか、売り上げは16億円台に届かず。売り上げが低ければ賞金総額も低いわけで、そこへ”ラッキー7”を含むミニロト出目である。誕生日や記念日で数字を選ぶ者多し。そうそう「08」だって”末広がり”で人気の数字である。すると次のような結果になる。

1等:6口出た中では過去最低賞金の1672万7400円。
2等:18口出た中では過去最低賞金の501万8200円。
3等:600口台では過去最低賞金の15万8700円。3等としての賞金も歴代4位の低さ。
4等:賞金の3800円はロト6史上最低額。

 う~ん、5月は「12」も大安だったから、それもあるのかな?まあ、今回は当たらなかった事が嬉しいのやら悲しいのやら、今回で”運”を使い果たさず、内心ほっとしたのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

TOP

Copyright (C) 2023 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.