ロト7 第53回

 次に出そうな数字はこれかな?と予想していても、いざマークシートに書き込もうとすると、考えていたのとは全然違う数字にチェックしてしまうのはよくあるパターン。そうなると予め決めていた出目よりも、各桁に均等にチェックしたバランス出目になりがちだ。では、実際にバランス出目になった時には1等が出てしまっているのだろうか?調べてみよう。

 バランス出目とは各桁が均等に出ることだから、7個あるロト7では「1桁・10・20・30番台」とすると、「1・2・2・2」「2・1・2・2」「2・2・1・2」「2・2・2・1」の4パターンがある。今までこのどれかのパターンに当てはまったのは8回あり、「2・1・2・2」が4回、「2・2・1・2」が1回、「2・2・2・1」が3回だった。

 この内、1等「該当なし」だったのは「2・1・2・2」だった第30回と第33回の2回だけ、他はすべて1等が1口以上出ていた。1等が最も多かったのは「2・2・2・1」だった第32回の3口。30番台は8個しかないから、このパターンは選びがちなのかもしれない。結果は8回中6回は1等が出ていて、出目がこのパターンになった時は1等が出てしまう公算大と言える。

 さて、今回はどうか?セット球は第42回以来で11回ぶりのGセットが選択された。ロト7では6回目の使用となり、前回のGセット出目は「02」「15」「16」「17」「23」「31」「33」ボ「26」「08」で、1等は1口だった。

1個目は「33」・黄
 8回ぶりで10回目の出現。セットでは連発して2回目の摘出。
2個目は「16」・青
 11回ぶりは前回の同セット以来で10回目の出現。セット連発で2回目。
3個目は「04」・べ
 2回ぶりで14回目の出現。セットでは初摘出だった。
4個目は「20」・赤
 これも2回ぶりで7回目の出現。セット初摘出。
5個目は「36」・紺
 6回ぶりで12回目の出現。セットでは3回目でトップタイに。
6個目は「01」・紺
 これまた2回ぶりで11回目の出現。セット初摘出。
7個目は「14」・紫
 6回ぶりで9回目の出現。これもセット3回目でトップタイ。お~、各桁均等に出たな。
ボーナス1個目は「12」・黄
 本数字4回待ち。セットでは1回出ていた。
ボーナス2個目は「30」・青
 本数字5回待ち。セットでは本・ボともに初摘出だった。

 出目全般では、各桁が出揃って「2・2・1・2」のパターン。この配置になるのは第21回以来で2回目、第21回では1等が1口出ていた。また、前回まで続いた「08」の4連続出現は今回でストップ。前回と同じく今回も連続数字にはならなかった。

 2回連続の1等「該当なし」でキャリーは5億円を超え、売り上げは前回比3億9千万円増の24億円台になった。もし今回1等が出なければ約8億5千万円のビックキャリーとなり、1口なら8億円ゲットに5千万のミニキャリーであったが、結果は2口出てしまい、4億2472万円に分け合ってキャリーを消化した。

 このパターンではやっぱり出てしまうのか。これでバランス出目で1等が出てしまう実績は9回中7回で約78%になった。また不思議なことに、この手のバランス出目になった時に「36」がよく絡んでいて今回で6回目にもなる。たまたまだったのかな~?

 因みに最もバランス出目ではなかった時、つまり1つの桁に多くの出目が集中したのは「1・5・1・0」と10番台が5個も出た第27回。当然、1等「該当なし」であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

TOP

Copyright (C) 2023 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.