ロト6 第850回

 かつてロト6の売り上げが100億円を超えた時があったのをご存じだろうか。古くからのロト6ファンなら、きっと鮮烈に記憶に残っている事と思うが、あれは今から8年前、ロト6の人気がピークだった2006年の第307回時であった。

 その前々回の通常時、1等1口のみで余りのファンドがキャリーし、その後1等「該当なし」で6億2千万円の超ビックキャリーが発生。そこへマスコミ各社が一斉に”4億円が4口の可能性も”などと宣伝したため、あれよあれよという間に売り上げていったものだった。

 2006年と言えば、年末ジャンボでさえ1等が2億円の時代であり、4億円のチャンスはまさに国内史上最高額である。同年に、ロト6を超えるくじとして誕生したサッカーくじのBIGは、図らずも第307回時から遅れること9日、9月16日が初開催だった。

 結局、104億7080万円も売り上げたものだから1等は6口も出てしまい、賞金は2億5千万円という結果だった。それでも今から考えるとスケールが桁違い。1等に配分された賞金ファンドは15億円もあったのだから。

 現在ではロト7の8億円、BIG特別回の10億円、ジャンボも7億円と、ロト6を超えるくじが目白押しだが、ロト6の魅力は、1口200円で”億”の可能性があり、当せん確率はジャンボの倍近く、しかも数字を選べる楽しさがある。よくよく考えてみれば、ロト6が一番ということになるのだが...

 さて、今回のセット球は予想では穴だったDセットが選択された。新球(第2)では16回使用され「41」が6回出現してトップ。前回のDセット出目は「08」「11」「17」「26」「33」「43」ボ「24」で、「33」が連発中。1等は2口出ていた。

1個目は「11」・紫
 8回ぶりは前回のDセット以来でセット連発した。
2個目は「02」・青
 5回ぶりの出現。セットでは3回目の摘出。
3個目は「32」・紫
 12回ぶりとご無沙汰。セットでは6回目でトップタイに。
4個目は「30」・青
 4回ぶり。セットでは5回目とよく出る。
5個目は「41」・黄
 16回ぶりともっとご無沙汰。セットでは7回目で再び単独トップに。
6個目は「38」・紺
 6回ぶり。セットでは初摘出だった。
ボーナスは「04」・紫
 前回の本数字から連発。セットでは2回出ている。

 気象条件は「中気温」「中湿度」「中気圧」の条件に。この条件に出る側で合致したのは「11」「38」「41」。反対にこの条件で出ないのが「30」。「02」は今回の出現でこの条件に完全合致した。

 出目全般では、1桁・10・40番台で1個ずつ、30番台が3個の出目。これで3回続けて20番台が出なかった。前回の本数字合計73の反動か、合計値は倍以上の154に達した。また、この出目に4個一致した過去出目は第496回に1回あり、この時の1等は2口出ていた。

 今や通常時の売り上げは16億円台が当たり前で、今回もご多分に漏れず。結果は20番台が出なかったせいか1等は「該当なし」になり、約1億4千万円がキャリーした。2等も2口どまりで賞金の6千万円台はお得であった。

 ピークの2006年では、1回の平均販売額は50億円を超えていた。それがロト7開始以降の現在は、平均で18億円弱まで落ちた。そこまで落ちたのだから、毎回のようにキャリーしても不思議ではないのだが...もしかして、当時からすると攻略法の研究も相当進んできており、以前より当てやすくなっているとか?ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.