ロト6 第1689回

 どうしたもんかねぇ、この出目で1等は5口も出てしまい賞金は5千万円割れだ。前回出目を聞いて意識に残ってたのか、そのうちの3個を選んで見事に的中。それにラッキーセブンの「07」に、その3倍の「21」も選んどいて、さらに前回は連続しなかったから「21」と連続する「22」を選んだとか...いずれにせよ、数字選択式宝くじは賞金総額を当せん口数で山分けするシステムなのだ。こういう時に当たっちゃうのもなぁ。

 さて、結果を詳しく見ていこう。セット球は予想本命のDセットが13回ぶりに選択された。第4世代では29回使用され「02」が8回出てトップ、「03」「18」「23」「35」が1回しか出ていない。前回のDセット出目は「05」「13」「21」「27」「31」「36」ボ「11」で、1等「該当なし」だった。同セットでは「21」「27」が連発中。

1個目は「34」・オレンジ
 前回から連発。セットでは3回目の摘出。
2個目は「04」・ピンク
 これも前回から連発。セット6回目。
3個目は「21」・イエロー
 2回ぶりの出現。セットでは3連発して5回目。
4個目は「22」・グリーン
 11回ぶりのご無沙汰。セット6回目。「21」と連続。
5個目は「42」・イエロー
 これまた前回から連発。セット6回目。
6個目は「07」・イエロー
 3回ぶり。セット4回目。今回は前回から3個も連発したワイドな出目になった。
ボーナスは「31」・パープル
 本数字10回待ち。セットでは4回出ている。

 気象条件は「中気温」「高湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのは「07」「21」。今回出ての合致が、高湿度と中気圧で一気に合うようになった「04」。合致の「21」は高湿度で単独トップに、中気圧でも「02」を抑えて単独トップに立った。

 出目全般では、前回は史上4回目となるオール偶数のワイドバランス出目だったが、今回は「07」「21」が奇数となった。「21」「22」で連続1組。前回から「04」「34」「42」と3個も連発した一方で「22」が11回ぶりのややご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が第627回と第1075回の2回あり、直近では「07」「08」「21」「24」「34」「42」と出て1等「該当なし」。この出目の方が今回より1等が多く出てもよさそうなもんだが...

 前回でキャリーを失い、売り上げは前回比2億円減の14億円台半ばまで落ちた。通常回の売り上げで、まあまあバランスよく出てもフツーなら1等が1口2口出るところを、この出目にして1等が5口も出てしまい賞金は1億円割れどころか5千万円割れとなってしまった。本数字のどれかを外し「31」を選んだ2等も同じく5口だったが、こっちの方が正常な当せん口数である。ロト6で1等に的中なんて一生に一度あるかないかのチャンスなのだ。せめて億はゲットしたいよなぁ。

ロト7 第470回

 なんと今日は「13日の金曜日」にして「仏滅」という史上最強な「不吉な日」ではないか。おまけに強めの雨が不吉を醸し出しているし、さらには、かあちゃんのフェイスパックがホッケーマスクの殺人鬼ジェイソンに見えるから余計に不運な日に映る。金曜日が抽せんのロト7では避けて通れない日となるが、13日の金曜日と仏滅がセットになったダブル不吉な日の抽せんは過去3回あった。では、そんな日にはどんな出目が出て1等の出方はどうだったのだろうか。

 最初は2013年9月ロト7草創期の第24回、出目は「04」「05」「08」「10」「16」「19」「33」と出て1等「該当なし」。次は2016年5月の第160回、出目は「01」「02」「08」「24」「32」「36」「37」となって1等は2口も。最後は3年前の2019年9月、第334回では「03」「07」「15」「16」「30」「34」「35」と出て1等「該当なし」だった。3回とも割とワイドな出目という印象。

 さあ、今宵のダブル不吉な日の抽せんではどんな出目が出るのか。今回のセット球はジェイソンのJセットが選択された。第4世代では6回使用され「11」「27」「37」が3回出てトップ。前回のJセット出目は「07」「11」「12」「14」「19」「21」「33」ボ「37」「06」で、1等「該当なし」だった。最近のJセットは3回続けて1等を出していない手強いセットになっている。

1個目は「02」・オレンジ
 9回ぶりの出現。セットでは初摘出だった。
2個目は「27」・ブルー
 5回ぶり。セット4回目で単独トップに。
3個目は「32」・ピンク
 6回ぶり。セット3回目。
4個目は「03」・レッド
 2回ぶり。セット初。「02」と連続。
5個目は「16」・オレンジ
 なんと3連発。セット2回目。
6個目は「36」・イエロー
 6回ぶり。セット初。
7個目は「09」・オレンジ
 10回ぶりのご無沙汰。セット2回目。今回は1桁3個でワイドな出目になった。
ボーナス1個目は「34」・ブルー
 本数字8回待ち。セット本数字未摘出。
ボーナス2個目は「01」・イエロー
 前回本数字から連発。これもセットでは出ていない。

 出目全般では、1桁3・10番台1・20番台1・30番台2個になり、このパターンは第465回と同じ。「02」「03」で連続1組。「16」が3連発した一方で「09」が10回ぶりのご無沙汰出現。また、この出目に5個一致した過去出目が第170回に1回だけあり、この時は「03」「05」「06」「09」「27」「32」「36」となり1等は1口出ていた。

 前回でキャリーを失い、売り上げは前回比3億9千万円減の16億円台後半まで落ちた。「02」「03」で連続したものの1桁3個のワイドバランス出目だ。それでも売り上げが低かったせいか1等「該当なし」になり3億4522万3985円がキャリーオーバー!これでダブル不吉な日の抽せんでは4回中3回は1等「該当なし」という結果になった。因みに次に来る「ダブル不吉な日」は3年後の6月13日となるから遠い先だ。なんと、この暗闇にフェイスパックをしたまま包丁を握ってるではないか。おお、恐ろしや、恐ろしや。

ロト6 第1688回

 ロト6の43個ある数字は奇数22個と偶数21個で成り立っている。609万通りあるロト6の出目からは、たまに6個とも奇数になったり、反対に6個とも偶数になったりすることがある。奇数と偶数では数が1個しか違わないから全奇数と全偶数は半々ぐらいで出ているはずなのだが、実際には全奇数が31回も出てるのに対して全偶数は僅か3回しか出ていなかった。総数で1個しか違わないのに、ロト6では不思議な現象が起きているわけだ。

 全奇数になる組み合わせは7万4613通り、全偶数になる組み合わせは5万4264通りあり、全奇数か全偶数のどちらかになる確率は2.1%である。だいたい1年に1回か2回程度で、実績でも50回に1回と理論値通りに出ている。それにしても、これまでの推移では全奇数が圧倒的に多く全偶数が少ない比率になっていた。そこに今回は史上4回目の全偶数となったが、これからは均等な比率に向けて全偶数になることが多くなるのかもしれない。

 さて、今回の結果をおさらいしよう。セット球は予想外のEセットが選択された。第4世代では31回使用され「24」が9回出てトップ、これを「02」「42」が8回と追っている。逆にこのセットで出てないのが「23」の1回だ。前回のEセット出目は「04」「19」「29」「32」「35」「42」ボ「25」で、1等「該当なし」だった。同セットでは「35」が連発中。

1個目は「02」・パープル
 13回ぶりのご無沙汰。セット9回目とトップタイに。
2個目は「34」・イエロー
 4回ぶりの出現。セットでは3回目と低迷。
3個目は「10」・ピンク
 これも4回ぶり。セット5回目。
4個目は「42」・グリーン
 7回ぶり。セット連発で9回目とこれもトップタイに。
5個目は「04」・レッド
 8回ぶりは同セットからの連発で4回目。
6個目は「24」・ピンク
 15回ぶりのご無沙汰。セット10回目で再び単独トップに。これで史上4回目の全偶数の出目になった。
ボーナスは「08」・ブルー
 ボーナスまでも偶数。本数字2回待ち。

 雨の気象条件は「中気温」「高湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのは「02」「10」「24」。今回出ての合致はなかった。合致の「02」は中気圧でトップタイに、同じく合致の「24」は高湿度でトップタイになった。

 前回は20番台に5個が集中した超変則出目になってたが、今回は1桁2個のほか各桁1個ずつのワイドバランス出目に。前回からの連発はなく「02」「24」が10回以上のご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が第97回・第627回・第1480回と3回あり、直近では「02」「04」「05」「06」「24」「34」と出て1等「該当なし」だった。

 前回のキャリーを受け、売り上げは前回比2億円増の16億円台半ばまで伸びた。今回は貴重なオール偶数によるワイドバランス出目になった。この結果、1等は3口も出て賞金1億7384万4600円にてキャリーオーバー消化。2等は末広がり縁起数字の「08」を選んで28口も出たが、賞金は284万4300円と史上10番目に低い金額となってしまった。次に全偶数になるのは何時だろう。それを待とうか?ただバランスよく選んでしまうと痛い目に遭うかもよ?

TOP

Copyright (C) 2022 ロト6★ロト7 当たり屋 All Rights Reserved.