ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 先週の大阪抽せんで使用されたセット球。月曜は大阪Jセット、木曜は大阪Bセットであったが、サイト閲覧者からのご指摘で、これらのセット球が新しい物に変更になっていた事が判明。動画で確認すると、ロト6とロト7で使用されたセット球の色調がまったく同じであった。これはロト6のセット球が変更されたことを意味する。

 大阪でロト6が始まったのは第336回から。この時は東京のセット球がまだ”新球(第1)”の頃であり、現在の”新球(第2)”とは各球の色調が違っていた。新球(第1)は色全体が暗めであり、特に青球と紺球、あるいは紺球と紫球の判別が難しかった。本来なら東京セットの変更と共に大阪セットも変更されるべきだったが、東京と比べて大阪抽せんは開催回数が少なく、その時点でもなお未使用のセットがあったため、新球(第2)に変更されなかった経緯がある。

 セット球の材質は簡単に言えばプラスチックだ。たとえ使用回数が少なくても経年変化が付きまとうから、変更を余儀なくされたのだろうか。ただでさえ少ない大阪抽せんである。セット球が交換されたことによって、大阪での物理的攻略が更に難しくなってしまった。

 さて、東京に帰ってきたロト6。そうか、東京だって新球(第2)になってから300回近くなるわけだ。もしかして色調が変わらなくても実は新しくなっていた、なんて事はないだろうな。まあ、同じセットの中でも予備セットがあるわけだし、それ使われたら元も子もないが...まっ、アバウトに行こうぜ。

 今回のセット球は本命のHセットが選択された。新球(第2)では26回使用され「02」「13」「24」が7回出現している。前回のHセット出目は「02」「12」「14」「26」「38」「43」ボ「08」で、1等は2口出ていた。

1個目は「31」・べ
 6回ぶりの出現。セットでは5回目の摘出。
2個目は「16」・緑
 10回ぶりとややご無沙汰。セットでは6回目。
3個目は「36」・青
 大阪から連発。セット2回目と出にくい。
4個目は「09」・緑
 3回ぶり。セットでは3回目。
5個目は「02」・緑
 4回ぶり。セットでは連発して単独トップに。
6個目は「12」・赤
 5回ぶり。これもセット連発して4回目。
ボーナスは「41」・紫
 本数字9回待ち。セットでは4回出ている。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのは「02」のみ。また、今回出て合致するようになったのが「31」だが、低気温ではトップタイになった。

 出目全般では、1桁・10・30番台で2個ずつ、20・40番台が出なかったが、連続数字にならない2個ずつの出目はバランス的に映る。また、この出目に4個一致した過去出目は第174回にあり、この時は各桁2個ずつにはならず、1等は1口のみだった。

 キャリーしていない通常回は、もはや15億円台前半が売り上げの定番になりつつある。このバランス出目の結果、1等は4口も出てしまい賞金は3千万円にも満たず、完全に的中させたのに賞金が2等クラスとは残念だ。

 物理的攻略の要はセット球であるのに、そうコロコロと換えられたんじゃな〜。これまでの大阪セットを”大阪(第1)”、第944回以降を”大阪(第2)”とでも呼ぼうか。すると大阪(第1)のHセットは僅か1回使用されただけで終了ってこと?あっ!もしや、大阪では「43」が出過ぎていたからな。そのための入れ替えだったとか?