ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 今週の数字選択式宝くじは大阪抽せんだ。不定期に開催される大阪抽せんは年に4週間、週2回のロト6は年8回行なわれているが、大阪抽せん開始から丸8年が経った今でも、まだ42回しか開催されていない。

 これはセット球で出目を攻略しようにも、いささか少なすぎる回数だ。そもそもセット球の使用回数も少ないため、8年が経過しても東京セットで言う”新球(第1)”のままである。おまけにセット球の使用頻度は東京セットの影響を受けるので均等には選ばれず、Cセットが8回なのに対し、Hセットが僅か1回とバラつきが大きい。

 従って、開催回数が少ない大阪抽せん会では、物理的攻略が事実上不可能なのだ。ただ大阪では「43」が異常に出るという不思議な現象も起きている。大阪では「43」の出現率が3割以上もある。これまでが偶然だったのかもしれないが、今後もこの傾向が続くのか、反対にこれからは出なくなるのか、どっちにしても要注目だ。

 さて、43回目の大阪抽せん。セット球は東京セット順でJセットが選択された。大阪では6回使用され「04」が4回も出ている。前回の大阪Jセットが選択されたのは昨年の7月。出目は「04」「06」「12」「18」「28」「41」ボ「35」で、1等「該当なし」だった。

1個目は「25」・紫
 7回ぶりの出現。大阪セットでは初摘出。
2個目は「33」・紺
 13回ぶりとご無沙汰。セットでは2回目。
3個目は「07」・緑
 10回ぶりとややご無沙汰。セット2回目。
4個目は「29」・べ
 3回ぶり。セット初摘出。
5個目は「20」・青
 8回ぶり。セット2回目。
6個目は「37」・黄
 4回ぶり。セット初摘出。今回の大阪では「43」が出なかった。
ボーナスは「27」・青
 本数字2回待ち。セットでは2回出ている。

 気象条件は「低気温」「高湿度」「中気圧」の条件に。条件はギリで「低気温」になったが、日中は汗ばむ程の気温。この条件に合致したのは「33」のみ。初出現は「低気温」で「37」、「高湿度」で「29」だった。

 出目全般では、前回20番台が出なかったせいか、大阪に来て一気に3個も出た。その代り前回の10番台3個が1個も出なかった。また、この出目に4個一致した過去出目は、第20回・第220回・第429回の3回あり、第429回では1等が6口も出ていた。

 売り上げはキャリー消化で通常回の15億円台半ば。この結果、1等は1口出て賞金は1億2955万4500円。大阪では1等「該当なし」になることが少なく、東京の17%に対して12%の確率となっている。

 前回の大阪抽せんは昨年12月、その前は7月だったが、そのどちらでも「43」は出なかった。次回の木曜抽せんでも出ないとすれば、3週・6回連続で出ないことになる。さあ、次は出るか出ないか。それでも気になる「43」だ。もう”縁起買い”の域、たとえ出なくても選んでしまいそう。