ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 新年明けて最初のジャンボ宝くじ「グリーンジャンボ」がいよいよ明日から発売。1等賞金は昨年より1億円増えて4億円、前後賞合わせて6億円はグリーンジャンボ史上最高額!!ほう、あたかも1億円増えた分だけ還元率も上がったかのように聞こえるが、実際には昨年のグリーンから還元率は1円も増えていないのだ。では、どうして1億円を増やせたのか。これにはカラクリがある。

 宝くじは販売額の50%を超えて還元(払い戻し)することが法律でできないことになっている。昨年のグリーンジャンボの還元率は48.33%で法の範囲内、そして今年も同じく48.33%だ。全体の払戻金が同じであるなら、どこかの等級の賞金を減らさなければならない。今回は6等がターゲットになった。昨年3000円だった賞金が今年は2000円に減らされた。ユニットあたりにすれば1億円になる。

 そう、1等賞金が年々高額化されるジャンボ宝くじは、実は下位等級の減額でもって賄われているのだ。1等狙いしかしないギャンブラーにとっては射幸心が煽られる傾向が強くなり、現実派にとっては年々回収率が低くなったわけだ。夢が遠くなったのか?近づいたのか?どっちがいいのかね〜。

 法律で50%を超えてはならない還元率だが、特例で超えてもよい時がある。キャリーオーバーした時のロト6、まさしく今回がそうだ。じゃ当てなきゃ!さて、今回のセット球は本命のDセットが選択された。新球(第2)では25回使用され「41」がダントツの10回出ている。前回のDセット出目は「05」「09」「20」「21」「31」「41」ボ「26」で、1等は2口出ていた。

1個目は「09」・青
 5回ぶりの出現。セットで連発してもまだ3回目。
2個目は「10」・紺
 13回ぶりのご無沙汰。セット5回目の摘出。
3個目は「39」・紫
 2回ぶり。これもセット5回目。
4個目は「43」・緑
 4回ぶり。セットでは3回目。
5個目は「14」・べ
 前回から連発。セットでは6回目とよく出る。
6個目は「15」・緑
 4回ぶり。セット4回目。これで連続数字2組になった。
ボーナスは「25」・紫
 本数字6回待ち。セットでは3回出ている。

 気象条件は「低気温」「高湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのは「10」「14」。今回出て合致するようになったのが「39」。「10」は高湿度で単独トップに立った。

 出目全般では、5回ぶりに20番台が出ず、10番台3個に大きな数字が2個の変則出目になった。連続数字2組は前回と同じ。また、この出目に4個一致した過去出目はなかったが、最近では一致しない方が珍しい。

 キャリーで売り上げは17億円台に。結果、この変則出目でも1等は3口も出て、賞金は1億円割れの8791万7千円に終わった。ただ、前回のバランス出目とは違って変則的になったせいか、2等以下は軒並み当せん口数を減らした。

 今回の還元率は実際51.658%であった。それだけキャリーした時のロト6はお得と言えるが、1等が複数出ちゃうとな〜。もし今回1口だけだったら賞金は2億6千万円だったのにね。さあ、次回からの一週間は大阪抽せんだ。おっと、大阪で最も出る「43」が、今回の東京で出てしまったではないか。次の大阪で「43」を選ぶかどうか、迷いどころね。