ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 数字予想にクイックピック、毎回違う数字を選ぶのも、また長い間同じ数字にこだわるのもいい。これこそが数字選択式宝くじの真骨頂、自分流の買い方ができるから楽しいのだ。その何れの買い方であっても目指すは1等狙いに違いないのだから。でも、当たるのであれば早い方がいいに決まっている。

 毎回1口、選んだ数字は1通りでその数字を買い続けているとしよう。ロト6の第1回からこれまで880回が経とうとしているが、今まで当たったのは4等が1回に5等が20回ほどで、残念ながらまだ3等には当たっていない。これは実際の当せん率に則している結果だ。では1等が当たるのはいつになるのか?

 すべての出目が一通り出るまで同一出目が出ないと仮定すると、最も早くて今回で当たり、最悪の場合は609万6454回から880回を引いた開催日、今後も週2回抽せんが永遠に続くとすれば、5万8611年後の第609万6454回の抽せん日に当たるはず。なに?そんなに待てない?当たり前だ。生きているうちに当てなきゃ意味がない。

 とすると、やっぱり出目の研究が必要ね。さて、今回のセット球は本命のCセットが選ばれた。新球(第2)では22回使用され「15」「33」「40」が6回出現している。前回のCセット出目は「05」「07」「23」「24」「37」「38」ボ「40」で、1等は7口も出ていた。

1個目は「16」・緑
 2回ぶりの出現。セットでは3回目の摘出。
2個目は「11」・紺
 4回ぶり。セットでは5回目とよく出る。
3個目は「01」・べ
 10回ぶりとややご無沙汰。これもセット5回目。
4個目は「08」・べ
 6回ぶり。セットでは6回目とトップタイに。
5個目は「25」・紺
 2回ぶり。セットでは3回目の摘出。
6個目は「32」・紺
 3回ぶり。セットでは5回目。
ボーナスは「19」・紫
 本数字8回待ち。セットでは1回出ている。

 気象条件は「高気温」「高湿度」「低気圧」。台風の影響ではっきりした条件になった。この条件に合致したのは「32」とボーナス「19」。「32」は高気温では独走状態に。また「16」は今回で条件に合致するようになった。

 出目全般では、前回は大きい数字ばかりで本数字合計が199にもなっていたが、その反動で合計93と前回の半分以下になった。ただ最大数字が「32」と僅かにミニロト出目は回避。また、この出目に4個一致した過去出目は第768回に1回あり、この時の1等は3口出ていた。

 前回のキャリーで売り上げは18億円台に。この結果、1等は2口出て賞金は1億4052万3千円。ミニロト出目に近かったためか、2等以下も前回より倍増した。前回のCセットで7口も出た1等。これはロト6史上初の3連続1等「該当なし」でキャリーは4億5千万円にもなり、売り上げが23億円近くまで達した結果だった。

 来週の数字選択式宝くじは大阪抽せんになる。大阪といえば「43」であり、合計14回出現は他の数字を完全に凌駕している。反対に出ていないのは「02」「30」「31」の2回。さあ、それらを踏まえて数字選択するのもロト6の醍醐味だ。普段はクイックピックで買っているという人も、たまには自分で選んでみるのもよいだろう。