ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 「二郎は鮨の夢を見る」とは、世界一と称される寿司職人「すきやばし次郎」の店主を追ったアメリカのドキュメンタリー映画。米国でも有名になったことで、来日した大統領のおもてなしには同店が選ばれた。銀座本店はフツーに食べに行ってもひとり3万円〜。高っ!

 寿司を食べるのにおよそ20分、それで3万円か。フーゾクだってそんなに高くないぞ。20分でせいぜい5千円とか?ぷっ...おいおい、世界一高級な寿司とフーゾクを一緒にしちゃいかん。でも今3万円あって、20分でそれ使えと言われたらどうする?...ねえ、どっち?

 アホか?ならばそれはロト6に使おう。3万円も一度に賭けりゃ当たるんじゃないの???150口でっせ、だんなっ!当たれば3万円なんて1回で使うお小遣いになるのさ、ふっふっふっ。待てよ、継続や複数買いなしとするとマークシートは30枚必要なのか。おまけに20分じゃ選べないしー。

 さて、バカな事ばっかり言ってないで今回のロト6ね。セット球は本命予想のEセットが選ばれた。新球(第2)では18回使用され、「20」「24」「35」「39」が5回出現している。前回のEセット出目は「06」「07」「13」「15」「35」「39」ボ「33」で、1等は2口出ていた。

1個目は「32」・赤
 2回ぶりの出現。セットでは2回目の摘出。
2個目は「29」・青
 なんと32回ぶりの超ご無沙汰。セットでは3回目。
3個目は「14」・緑
 4回ぶり。セットでは3回目の摘出。
4個目は「33」・黄
 12回ぶりとご無沙汰。セット3回目。ボ・本で連発。
5個目は「42」・緑
 前回から連発。セットでは2回目の摘出。
6個目は「03」・紫
 これも前回から連発。同じくセット2回目の摘出。
ボーナスは「40」・黄
 本数字2回待ち。セットでは1回だけ出ていた。

 気象条件は「中気温」「中湿度」「高気圧」の条件に。この条件に合致したのはボーナスの「40」のみ。2条件合致が「14」「32」「33」。「33」は高気圧では単独トップになった。

 出目全般では、「03」「42」が前回から連発して、「32」「33」で連続数字になった。連発2個・連続1組で全体的にはバランス出目だ。また、この出目に4個一致した過去出目は第549回に1回あり、1等は2口出ていた。

 売り上げは通常時の16億円台で前回とほぼ同じ。この結果、1等は2口出てキャリーならず。もし「03」ではなく、もっと大きい数字だったら「該当なし」になっていたかもしれない。

 うぃ〜、「3万円〜」という次元の違う値段を聞いて悪酔いしたかも...現実は5口1000円が関の山。あ〜あ、いつになったら当たるのやら。これじゃ世界一のロト職人には到底なれん。「私はロトの夢を見る」とは、永遠に続くドキュメンタリー映画のようだ。さてと、寿司が食べたくなった。「スシロー」でも行こうか?