ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 数字が出る出ないには波がある。ある時「ポンポンと出ていた数字が急に出なくなってしまった」とか、またある時「忘れ去られていた数字が出始めた後に連発した」とか。ただしその波は、小波であったり大波であったりと先が読めない。

 ロト6を最初から知る者にとって、セット球が”旧球”であった頃、「30」はポンポンと出る数字であり、反対に全然出ない数字が「24」であった。つまり、大波として「30」が頂点に立ち、「24」がどん底であったわけだ。そして、その大波が今は「24」と「30」同士で、まったく逆の波として位置している。

 旧球セットは137回使用され、「30」の27回出現に対して、「24」は僅か11回の出現であった。ところが現在の過去100回では、「24」の21回出現が最多で、「30」が一番少ない5回出現になっており、当時とは完全に正反対になっているのだ。

 もし、この大波を予測できたとしたら?と思うが、まさか「24」と「30」が、ここ一年でそういう関係になるとは、やっぱり予想もつかなかったね〜。だって、いつだって後から振り返った結果論にしかならないのだから...

 さて、一週間の大阪から東京に帰ってきたロト6。セット球は順当なHセットが選択された。新球(第2)では16回使用され「02」が6回出現している。前回のHセット出目は「03」「04」「07」「13」「22」「31」ボ「19」で、1等は3口だった。また、その前の同セットでは「24」が4連発していた。

1個目は「31」・べ
 5回ぶりの出現。セットでは連発して2回目だ。
2個目は「24」・べ
 前回から連発。4連発していたセットでは5回目。
3個目は「22」・青
 8回ぶり。セットでは3回目の摘出。
4個目は「28」・紺
 3回ぶり。セットでは4回目とよく出る数字。
5個目は「08」・青
 なんと41回ぶりの超ご無沙汰。セット3回目。
6個目は「36」・青
 3回ぶり。セットでは初摘出だった。
ボーナスは「38」・べ
 本数字2回待ち。セットでは2回出現している。

 気象条件は「低気温」「中湿度」「高気圧」の条件に。この条件に合致したのは「22」「31」ボ「38」で、ダメだったのが「08」「36」。「36」は新球(第2)で出ていないので仕方がないにしても、「08」は「高気温」「高湿度」「中気圧」になるとダントツに出る数字なのだ。寒くなってからは1回も出なかったという事だ。

 出目全般では、10番台が1個も出なかったのは12回ぶり。「24」が大阪から連発した一方で、「08」が昨年の9月以来となる41回ぶりの出現を果たした。また、この出目に4個一致した過去出目は第218回に1回あり、この時は1等が5口も出ていた。

 見た目はバランス出目に映るも10番台のない出目。この結果1等「該当なし」になり、1億3千万円のキャリーオーバーが発生した。2等も3口と少なく、4千万弱の賞金はまずまずであった。

 今回出た「36」だって、第779回から第826回まで47回も出なかったが、その後は3回・9回・3回の間隔で出ている。今はよく出る「24」だって、今回の「08」と同じく41回も出なかった事もあるのだ。もし、ロト6に浜辺があるとしたら、手をかざし遠くの波を眺めたいものだ。きっと数字の大波小波が見えるのかも?ね。