ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 ロト6の”Xto6買い”は当たればデカいが外れてもデカい。最小限の7to6なら1,400円で済むが、これが8to6、9to6となっていくと購入金額は二次曲線的に増加。選んだ数字の中に最低3個の的中がないと1口も当たらない。実際、シュミレーションである”AIR ロト6”でも、12to6や11to6ならばそこそこ当たっているが、それ以下になると当てるのが難しい状況である。

 ただ12to6にもなると184,800円もかかり、たとえ3個が的中しても84口しか当たらない。つまり5等が84口だから84,000円で10万円の損だ。従って12to6では最低4個的中が必須。当たれば5等224口、4等28口が確定し、5等の224,000円だけで元が取れる。

 もし3個的中だけで元を取ろうとしたら9to6以下にしなければならない。9to6なら16,800円で済み、3個的中すれば20口、3,200円のプラスだ。これなら少しは現実的だろうか。ただ選んだ9個中で3個も当てるのは非常に難しく、数字を選ぶのにも度胸がいる。

 まあ、いずれにしても大きなギャンブルであり、現実はマークシートにバラバラな数字を5口選んで安全パイとするのがオチ。結果、いくつかの数字は的中するも、これが1列に揃わないのだ。

 さて、今回のセット球は本命予想のGセットが選択された。新球(第2)では17回使用され「04」が6回出現している。前回のGセット出目は「16」「19」「26」「27」「29」「32」ボ「04」で、1等「該当なし」だった。

1個目は「11」・べ
 14回ぶりとご無沙汰。セットでは3回目の摘出。
2個目は「07」・紫
 5回ぶり。セットでは5回目とよく出る数字だ。
3個目は「31」・緑
 4回ぶり。セットでは3回目の摘出。
4個目は「43」・紺
 8回ぶり。セットでは2回目だった。
5個目は「38」・緑
 13回ぶりとご無沙汰。セットでは4回目だ。
6個目は「34」・赤
 15回ぶりともっとご無沙汰。これもセットで4回目。
ボーナスは「28」・紫
 前回の本数字から連発。セットでは3回出ている。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「高気圧」の条件に。この条件に完全合致した数字はなく、2条件合致が「31」「38」とボーナス「28」。「38」は低気温で「27」と並びトップに立った。

 出目全般では、20番台が出ず、30番台3個に「43」が目を引く。この出目に4個一致した過去出目はなかったが、3個一致で一番近いのが同じくGセットだった第821回。この時は「43」のほか「40」も出て、1等は1口のみだった。

 売り上げは前回のキャリー消失を受け約4億円減の16億円台。この結果、1等は2口出て賞金は7千万円弱。2等も3口のみで1等に肉薄する賞金となった。また会場では結果発表時に、前回の当せん結果が一時的に表示される不始末もあった。

 年末ジャンボでは100万円分の連番を買って7億円を当てた人がいた。100万円分のロト6なら5,000口であり、1等の当せん確率は1219分の1まで上がる。Xto6なら15to6に相当し、15個も選べば最低3個は的中するかもしれない。ただ、そもそも100万円もあったらロト6を買うか?という疑問も付くが。