ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 ロト6などの数字選択式宝くじは、その回に販売した総売り上げ額から各等級へと賞金総額が配分され、それを各等級で当せんした口数で割っている。

 当然、売り上げが多ければ多いほど、各等級に配分される賞金は膨らむし、またロト6の5等を除き、各等で当せん口数が少ないほど賞金が高くなる仕組みだ。

 何といっても先ずは売り上げが多くなければ話にならない。それに一風変わった出目で当せん口数が少なくなること。そこを狙えば”高額当せん”間違いなし。

 折しも抽せん日の前日と当日にかけて日本列島を北上していった台風。前回のキャリー消失と相まって、大幅な売り上げダウンが気にかかる。

 さて、抽せん時刻にはピーカンの空。セット球は待望の本命、Bセットが選択された。新球(第2)当初では、1等「該当なし」を連発していたセットだったが、ここへきて毎回1等を出してしまっている。

 Bセットは新球(第2)では14回使用され「07」が5回出てトップ。前回のBセット出目は「19」「21」「23」「24」「27」「43」ボ「10」で、1等は3口出ていた。

1個目は「11」・青
 10回ぶりとややご無沙汰。セットでは5回目と「07」に並びトップタイに。
2個目は「34」・紫
 2回ぶり。セットでは4回目の摘出だ。
3個目は「14」・赤
 3回ぶり。セットでは2回目の摘出。
4個目は「01」・黄
 4回ぶり。セットでは4回目と多い方だ。
5個目は「22」・黄
 2回ぶり。セットでは2回目。
6個目は「07」・赤
 4回ぶり。セット6回目で再び単独トップに。
ボーナスは「02」・べ
 本数字8回待ち。セットでは1回出ている。

  台風によって目まぐるしく変化した気象条件。抽せん時刻の条件は「高気温」「低湿度」「低気圧」と判定された。今回この条件に合致した数字はなく、最も合っていたのが「22」「34」あたり。今回出たことで「01」「14」「22」が「高気温」で出やすい側に変化した。

 出目全般では、3回連続で出ていなかった1桁台が2個噴出。ほか10番台2個に20・30番台が1個ずつの出目。「01」「07」「14」のコンビは、つい4回前に出ていたばかりだ。また、この出目に4個一致した過去出目は第105回と10年以上前の出目。この時は1等2口出ていた。

 気になる売り上げは15億7千万円と、ロト6開始時を除いて過去最低を記録。やはり台風の影響が大きかった。結果は1等1口に終わったが、この低い売り上げによって、1等1口での賞金も過去最低となってしまった。

 セット球攻略と併せて気象条件攻略も長らくやってきた当サイト。最近パッとしないけどね。本音を言えば、嵐を呼ぶFセット(過去に)が選択され、雨の「27」が出てくれたりすると筋書き通りだったんだけどなー。えっ、お前は「27」選んだのかって?...そりゃ、当然買っときましたけどぉ〜、何か?