ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 3回前のロト7では、それ以前の2回で積み上がった5億円超のビックキャリーの末、1等1口が出て賞金は上限の8億円に達した。そして、その時の余ったキャリーに次の回も1等が出なかったため、キャリー額は4億円弱となり、やはり前回には1等1口のみで7億4千万円となった。

 ロト7それにロト6どちらにおいても、上限の賞金をゲットするためには、だいたい2回に渡って1等「該当なし」になった上で、1等が1口だけ出る事が必須である。

 ロト7なら2回連続で「該当なし」になるのは比較的簡単だが、ロト6だとすぐに1等が出てしまい、なかなか連続して「該当なし」になるのは難しい。しかもその後に出る1等は「1口のみ」が条件だから、なおさら難しくなる。

 その滅多にないチャンスが久々にやって来た。今回のキャリーは2回に渡る1等「該当なし」で3億円超ある。もし1等が1口だけなら上限の4億円は確実で、さらに余った1億円程が再キャリーするはずだ。

 今や滝クリの「お・も・て・な・し」が流行語らしいが、今日は自分の選んだ出目で「お・お・あ・た・り」を期待しようではないか。

 さて、今回のセット球は穴予想のHセットが選択された。はあ?抽せん前に既にベージュ球が摘出されてるではないか?と目を疑ったところ、それは立会人の宇都宮氏の後頭部であったか。毎度ではあるが、こりゃ失礼。

 で、Hセットは新球(第2)で12回使用されており、「18」が5回出現している。前回のHセット出目は「01」「09」「18」「20」「24」「29」ボ「15」で、1等は「該当なし」だった。

1個目は「38」・べ
 ベージュ球2個目、じゃなく1個目。5回ぶりの出現。セットでは2回目の摘出。
2個目は「13」・紫
 2回ぶり。セットでは4回目の摘出。
3個目は「19」・赤
 これも2回ぶり。セットでは初摘出だった。
4個目は「24」・べ
 ベージュ球3個...もう止めんかい!4回ぶり。セットでは連発して2回目。
5個目は「33」・赤
 8回ぶり。セットでは3回目
6個目は「28」・紺
 19回ぶりとご無沙汰。これもセットでは3回目。
ボーナスは「29」・青
 前回の本数字から連発。前回同セットでも本数字から連発。

 気象条件は「高気温」「中湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのは「13」「38」ボ「29」。反対に合わなかったのが「28」「33」。「13」は今回で中湿度トップタイになった。

 出目全般では、前回は「15」以上の出目で、20番台3個に「42」が効いたのか、20億もの売り上げがあっても1等「該当なし」だったが、今回は10・20・30番台で2個ずつ出た前回よりはバランス出目になった。また、この出目に4個一致した過去出目はなかった。

 売り上げは前回比3億5千万円増の24億円弱。前回よりはバランス出目に振れた結果か、1等はなんと7口も出てしまい、1口あたり7千万円と1億円を割ってしまった。いや〜、チョッとでもバランス出目になるともうこれだ。1等「1口のみ」にならず残念だったねー。

 今回は久々の”4億円のチャンス”で、そこそこ買い増ししたんだけど、もう出るかと思った「03」や「30」が出なかったしー。ああ、結果は「お・お・は・ず・れ」、このままではこれが自身の流行語大賞になってしまいそうだ。