ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 ロト7もさることながら、ロト6だって1等を当てるのは至難の業。何てったって出目の総数が609万通りもあるんだから。じゃあ、出そうな出目を絞ればいいじゃん。ああ、そうか。なら、こんなのはどうだ?

 ロト6の1回の出目で”連続数字”になる確率は5割を超えている。ならば、選択する組み合わせには必ず1組だけ連続数字になるようにする。ただし、連続2組以上は組み込まない。これだけで100万から200万通りぐらいは減るかも?

 次に、ロト6では前回の出目から何れかの数字が”連続出現”する確率が6割を超えている。先の連続1組で出した組み合わせから、更に前回出目の何れかが1個だけ入るようにする。これも2個以上はダメね。これで相当減った。

 更に、セット球の同一色が4色以上出ることは滅多にないから、そのような出目を除く。この計算には、7の倍数ではないことが条件で導き出せる。

 まだまだ条件によって削減できる組み合わせはあるだろうが、そうして得られた結果の組み合わせで、10回・20回と実際の抽せん結果と照らし合わせてみる。その結果、”運よく”ではなく、継続的に何十回に1回とかで1等が当たるようであれば、本当に当たるという事だ。

 ただし、おそらく1回の抽せんに数十万円以上はかかるはず。例えば、それが100万円だったとしよう。マークシートに5口埋めても1000枚が必要なのだ。おまけに売り場のおばちゃんを自分のためだけに1時間以上も拘束することになる。これを当たるまで何週間も続ける...う〜ん、非現実的ね。

 ああ、どうやったって1回に5口が精いっぱいだ。夏バテ気味でアホな妄想であった。さて、今回のロト6。セット球はようやく本命のGセットが選択された。新球(第2)では11回使用され、「04」「29」「42」が4回出現している。前回のGセット出目は「01」「08」「19」「25」「32」「38」ボ「39」で、1等は3口出ていた。

1個目は「10」・緑
 6回ぶりの出現。Gセットでは3回目の摘出。
2個目は「13」・赤
 5回ぶり。セットでは初摘出だった。
3個目は「27」・赤
 12回ぶりとご無沙汰。セットでは3回目。
4個目は「39」・べ
 2回ぶり。セットではボ・本で連発。
5個目は「34」・赤
 8回ぶり。セットでは初摘出。
6個目は「36」・紺
 9回ぶり。セットでは3回目。
ボーナスは「07」・紫
 本数字6回待ち。セットでは3回出現している。

 気象条件は「高気温」「中湿度」「低気圧」の条件に。この条件に出る側で合致したのは「13」のみ。新球(第2)の中湿度ではトップに並んだ。反対にこの条件で出ていなかったのは「34」「39」だった。

 出目全般では、10番台2個・20番台1個・30番台3個の出目で、若干大きめの数字でも全体的にはバランス出目だ。また、この出目に4個一致した過去出目は第178回にあり、この時は1等が6口も出ていた。

 この結果、1等は2口出て今回もキャリーならず。7月に入ってからは、ロト7・ロト6共に低迷が続く。今回の出目に”連続数字”が1組もなく、また”連続出現”も1個も無かったが、前述の”連続1組・連発1個...”の条件買いだと、まったく1等には当たらなかった事になる。2等以下がどうなったか分からないが、おそらく賭けた金額分は回収できなかっただろう。