ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 毎年の事だが、グリーンジャンボは今年も2月14日のバレンタインデーに発売される。昨年は東日本大震災復興支援という名目に、1等前後賞合わせて宝くじ史上初の5億円、またローソンでも販売したこともあって大いに売れ、予定22ユニットのところを追加販売で約37ユニットも売った。

 今年は1等をさらに5千万円増額し、前後賞合わせて5億5千万円としたが、販売予定は17ユニットと消極的だ。これは昨年4月の法改正以降、宝くじ全般の賞金が高額化傾向にあって、5億円を超えたぐらいではインパクトに欠けていることや、今回は復興支援でもなく、さらにコンビニ販売もないので話題性が薄いことが大きな理由だろう。

 購入額の半分がテラ銭として引かれる宝くじ。1ユニットで1本の1等を高額化するということは、即ち2等以下の賞金が少なくなるか当せん確率が低くなるということでもある。今後発売予定の「ロト7」も1等以外は”屁”みたいなもんだとしたら、現行のロト6は2等以下にも手厚く、また当てやすいクジだと言えるのかもしれない。

 さて、連休で売り上げ減、すると1等も少なく出て高額当せん期待大のロト6。今回のセット球は本命予想のGセットが選択された。新球(第2)では7回使用され「42」が4回出現している。前回のGセット出目は「16」「27」「28」「36」「39」「42」ボ「02」で、1等「該当なし」。この内「28」「42」がセットで連発中だ。

1個目は「39」・べ
 いきなり大きい数字で7回ぶりの出現。Gセットでは連発した。
2個目は「19」・黄
 なんと21回ぶりと超ご無沙汰。セットでも初摘出だった。
3個目は「10」・緑
 4回ぶり。これもセットでは初摘出。
4個目は「22」・紺
 4回ぶり。セットでは2回目。トータル100回目の出現だった。
5個目は「29」・紺
 16回ぶりとこれもご無沙汰。セットでは3回目の摘出。
6個目は「27」・赤
 5回ぶり。セットでは連発。惜しい、今回は連続数字成らず。
ボーナスは「21」・紫
 本数字4回待ち。セットでは本数字未出現だ。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「高気圧」の条件に。この条件に出る側で合致したのは「27」「39」で完全合致。共に低湿度でトップに立ち、さらに「27」は低気温でダントツの勢いだ。反対にこの条件で出ないのが「19」で、低気温・低湿度の両方で初出現だった。

 出目全般では、4回続いていた連続数字が今回は成ならず、過去10回での達成率は80%に減少した。出目が「10」ではなく「09」であれば”9”の付く数字すべてが出ていたから、そういう意味では惜しかった。また、この出目に4個一致した過去出目は3回あり、いずれも1等は4口以上出ていた。

 連休で売り上げは前回比1億3千万減。この結果1等は2口出て1口9千万円。各等共に前回よりは当せん口数が減少した。最近は通常時でも売り上げ好調とはいえ、そろそろキャリーオーバーが欲しいところだ。

 バレンタインデーに合わせて発売されるグリーンジャンボは粋な計らい?どうせならその2・3日前に発売されるといいな。女子社員も義理チョコなんかもうやめて”義理ジャンボ”をプレゼントしてくれたらオヤジ達は嬉しいぞ!...なに?オヤジ一人に300円は有り得んてかっ!?甘くねーなぁ。