ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 ロト6の当せん券を「ハズレ」と偽って客からだまし取ったとして、宝くじ売り場のパート従業員が逮捕された。昨年10月3日、男性客(70)が確認のため差し出した第698回のロト6抽せん券は、3等の55万円が当たっていたにもかかわらず売り場のおばちゃんが「ハズレだ」と嘘をついて詐欺した容疑だ。

 男性は毎回同じ数字の組み合わせで購入しており、後で新聞を見て当せんに気付き発覚した。売り場ではオートチェッカーで高額当せんか否かを確認することが出来るが気付かなかった。売り場のおばちゃんに「捨てておく」などと言われ返却してもらえなかったため不審に思っていたという。

 くじ券を何枚も購入すると、自分では当せん確認をせず売り場のオートチェッカー任せという方も多いだろう。外せばただの紙切れだが、当たればお札より価値のある券となるのだ。用心のためには、せめて最後まで画面を注視するとか、返却されたくじ券の枚数を数え直すとかの防衛策は必要だろう。

 ロト6で高額当せんした場合、オートチェッカーでは通常くじとは違ってブザー音は鳴らないが、モニターには「高額当せん」と表示される。また、くじ券には100万円以下なら”B”、100万円を超えるのであれば”C”と印字される。もし、羨ましくも高額当せんをしてしまったら、高額当せんと印字されたレシートと案内用紙、そして一番大事な”くじ券”を忘れずに受け取ろう。そして慌てず・騒がず・ビクビクせず、平常心を保ったまま”みずほ銀行”へ赴こう。

 さて、そんな「高額当せん」の夢、ロト6で早く成し遂げよう。今回のセット球は本命予想のEセットが選択された。新球(第2)では6回使用され、「24」「34」が3回出現している。前回のEセット出目は「19」「20」「21」「24」「25」「26」ボ「35」と、ロト6史上珍しい2組の3連続数字になっていた。この内「20」「24」が同セットで連発中だ。

1個目は「07」・緑
 9回ぶりの出現。Eセットでは初摘出だった。
2個目は「06」・べ
 3回ぶり。これもセット初摘出。「06」「07」の連続になった。
3個目は「31」・紫
 6回ぶり。前回のボーナスから連発。セット初出現。
4個目は「41」・べ
 18回ぶりとご無沙汰。ここまで全部セット初出現数字だ。
5個目は「20」・べ
 7回ぶり。Eセットでは3連発。「24」「34」と並びトップタイに。
6個目は「05」・黄
 9回ぶり。なんと「05」「06」「07」と今回も3連続数字誕生。
ボーナスは「22」・青
 本数字17回待ち。ボーナスパレットに数字を落下させる際、青球1個が残ってしまったが、まさかその青球とは「22」だったの?

 気象条件は「低気温」「低湿度」「高気圧」の冬型条件に。今回はこの条件に出る側で合致した数字はなかった。この条件に最も合っていなかったのは「41」とボーナス「22」。「07」「41」は低気温と低湿度でそれぞれ初出現だった。

 出目全般では、前回が「37」「38」「39」と大きい数字で3連続していたが、今回は「05」「06」「07」の1桁数字で3連続になった。3連続数字が2回続けて起こるのはロト6史上で3回目の出来事で予測不可能である。また、前回のEセット出目では2組の3連続数字になっていたにもかかわらず、1等が8口も出ていたのは解せなかったが今回はどうか?

 売り上げは再キャリーでも額が減少したためか、前回比7億2千万円減の30億円弱。売り上げ減と3連続数字で1等は「該当なし」も有り得たが、前回と同じく1等1口が出た。ただしキャリー額が少なかったため4億円満額には至らず、3億8千万円でキャリーは消滅してしまった。

 今回は50万円以上の高額当せんを果たしたのは都合438人。50万以上は本人であることが証明できる健康保険証とか運転免許証等が必要。さらに100万円を超えた人は印鑑もいるが、何とも羨ましい限りだ。今回の事件を受け、もし自分が「売り場のおばちゃん」だったらどうするだろう?と思った。3等ぐらいならともかく、その紙切れ1枚が数億円に化けるとしたら...お客さんには「あっ、UFOだ!」とか叫んで空向けて指さしちゃうかも?ね。