ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 前回のレビューで、ロト6の抽せん機が交換されたのでは?と疑いをかけた。電動攪拌式遠心力型抽せん機(愛称:夢ロトくん)の一部分が、普段見ている夢ロトくんとは違っていたからだ。

 翌日になって「みずほ銀行宝くじ部」へ問い合わせたところ、「まったく聞いておりません」との返答であった。つまり、夢ロトくんを交換していないという事になるが、どう見たって攪拌機セット球投入口の丸いフチが、以前の透明色から白っぽくなっているように見える。

 ライティングが変わった?カメラワークが変わった?いや、これらは以前と同じようだ。なら、夢ロトくん自体は交換せず、攪拌機のケースだけ変えたとか?今回の抽せん風景でも、真正面からの映像で、はっきりと丸く白っぽいフチが確認できる。う〜ん、疑惑は深まるばかり...

 さて、今年のロト6もあと僅か。久々のキャリーオーバーで迎えた今回、セット球は穴予想のAセットが選択された。新球(第2)では9回目の使用で、第2になってから最も選ばれている。「09」「10」「16」「20」「38」が3回出現していて、前回のAセット出目は「04」「05」「09」「20」「33」「37」ボ「35」だった。この内「20」「33」が同セットで連発している。また、最近のAセットでは連続数字になることが続いており、前回は「09」「10」が連続した。

1個目は「31」・べ
 4回ぶりの出現。Aセットでは2回目の摘出。
2個目は「27」・紺
 前回から連発。Aセットでは初摘出だった。
3個目は「34」・紺
 8回ぶり。セットでは3回目でトップに並んだ。
4個目は「42」・紫
 2回ぶり。前回の「43」ほどのインパクトはないね。セット2回目。
5個目は「11」・緑
 8回ぶり。セットでは初摘出。
6個目は「14」・紫
 2回ぶり。「34」同様、セット3回目の摘出でトップタイ。
ボーナスは「13」・紺
 本数字2回待ち。Aセットでは本数字未出現。
 今回、ボーナスパレットに数字を落下させる際に、本数字パレットに紫と赤の2個のボールが残ってしまった。立会人がボールを移動させ、難なくボーナス抽せんが行われたが、本数字パレットに2個も残ることは珍しい事だ。この光景に眉をひそめ、「やっぱり夢ロトくん交換したんじゃねーのー?」と、事あるごとに疑い出したらキリがない。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「高気圧」と完璧な冬型条件に。この条件に出る側で完全合致した数字はなく、2条件合致が精々だった。今回の出現で「14」が低気圧でトップ、「34」が低湿度でトップに立った。初出現数字は、低気温では「11」「31」「34」、低湿度では「14」「42」、高気圧では「11」があった。

 出目全般では、前回と同じく1桁数字がない出目になったが、前回はご無沙汰数字が多かったのに対して、今回は8回以内に出ていた数字で構成された。また、この出目に4個一致した過去出目は4回もあり、その内第517回を除いて1等は大量当せんしていた。

 この結果、1等は5口も出てあっけなくキャリー消失。もし1等1口なら4億円に2千万円のミニキャリーのおまけ付きだったのに残念。今回の出目は予想しやすかったのか、当サイトの「AIRロト6」においても、11to6と12to6で2等が1口ずつ出た。「AIRロト6」で予想すると、同じくコンピューターもクイックピックで予想するようになっているが、総数9千回を超えた現在でも、人間が1等・2等を当ててるのに対して、クイックピックでは未だ当たらずだ。人の英知の方が如何に優れているかの表れであろう。