ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 ジャンボ宝くじの1等当せん確率は1/1000万。この確率は何の数字を買おうが皆同じであって、選び方によって確率が上下するようなものではない。

 ところが、数字選択式宝くじであるロト6は、数字の選び方によってその当せん確率が大きく変わるのだ...と言うと数学の先生に叱られるかもしれないが、これは紛れもない事実なのである。

 数字選択式宝くじは、自ら数字を選んで購入することが出来るクジであり、コンピューターがランダムに選ぶクイックピックと違って、過去の出目頻度を参照したり、出目の流れを読んだりして次に出そうな出目を予測するのが普通だ。

 理論的には確率が1/609万のロト6で、1等の実現値は1/598万になっているし、2等だって確率1/101万に対して実現値は1/83万と、何れも理論値を上回っている。ただし、3等4等は理論値を若干下回ってもいるが、これも数字選択式ならではと言えよう。

 当サイトの人力予想システム「AIRロト6」では、コンピューターが選ぶクイックピックと、参加者が人力で予測する数字とで対戦結果を公表しているが、コンピューターが1等2等で未だに当せんが出ていないのに対して、人間では既に1等3口・2等10口の当せんを出している。ここに数字選択式の醍醐味がある。

 さて、今回も人力で数字選択...セット球はようやく本命のIセットが選択された。新球(第2)では5回使用され、「08」「13」「25」「29」が3回出現している。前回のIセット出目は「12」「13」「21」「25」「29」「32」ボ「20」で、1等は1口出ていた。

1個目は「05」・紫
 前々回から3連発!これは痛い。Iセットでは初摘出だった。
2個目は「25」・赤
 4回ぶり。前回の同セットから連発して4回目と単独トップ。
3個目は「02」・べ
 これも4回ぶり。セットでは2回目の摘出だった。
4個目は「14」・青
 7回ぶり。セットでは初摘出。
5個目は「08」・緑
 5回ぶり。「25」に負けじとセット4回目の摘出。
6個目は「09」・べ
 2回ぶり。セット初摘出。今回は1桁4個かぁ。
ボーナスは「18」・赤
 本数字7回待ち。セットでは本数字未出現だ。

 気象条件は「低気温」「高湿度」「中気圧」の条件に。新球(第2)になってから「低気温」の条件は初めてとなる。当然「低気温」では全てが初出現なので、それ以外の条件を比較すると、この条件に合致したのは「08」のみ。最も合っていないのが「25」だった。

 出目全般では、1桁4個に一番大きな数字が「25」と、本数字合計値は歴代4位の63という低さで超ミニロト出目に偏った。この出目に4個一致した過去出目は第414回にあり、この時も「25」以下の数字で偏り、合計値は歴代2位の46、1等は9口も出ていた。

 この結果1等は4口出てしまい、3億円あったキャリーは敢えなく消滅した。因みに、今回の1等は1/392万、2等は1/92万、3等は1/2万で出たことになり、何れも理論当せん確率を上回った。この中にはクイックピックで選んだという口数も含まれるだろうが、多くは何らかの”数字選択”を自ら決定した事による結果なのである。