ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 今年のロト6は例年になく「当せん結果における珍事」が多く起こっている。1月には、1等13口に対して2等は7口どまりで、賞金も2等の方が1,000万円ほど多いという珍事が起こった。1等・2等間での賞金の逆転は、700回近く抽せんしているロト6でも僅かに3回しかない。

 つい先日には、ロト6史上初の2等・3等間での逆転劇が起こったばかり。3等賞金が2等の5.9倍も多いという事態になり、世間の注目を浴びたのはご存じの通りだ。

 そして今回は1等・2等が同じ口数という結果に。1等・2等が同じ口数になるのは過去に3回しか起こっておらず、その内2回は今年になってから起こった事だった。

 今回のセット球は本命のFセットが選択された。新球(第2)では3回使用され、「07」「13」「27」が2回出現している。前回のFセット出目は「06」「07」「13」「18」「27」「33」ボ「16」で、「07」「13」「27」が連発中。ボーナスも含めると「27」はボ・本・本で3連発中だ。

1個目は「33」・べ
 10回ぶりの出現とややご無沙汰。Fセットでは連発した。
2個目は「21」・赤
 6回ぶり。Fセットでは初摘出だった。
3個目は「05」・べ
 16回ぶりとご無沙汰。セットでは2回目の摘出。
4個目は「30」・紺
 17回ぶりと「05」を上回るご無沙汰。セット初摘出。
5個目は20」・黄
 11回ぶり。今回は久しぶりな出目が多いね。セット2回目。
6個目は「26」・べ
 これも12回ぶり。セット2回目の摘出。
ボーナスは「27」・黄
 本数字4回待ち。Fセットではボ・本・本・ボで4連発の100%出現。

 気象条件は、台風一過で快晴の下「高気温」「高湿度」「低気圧」の条件になった。この条件に出る側で合致したのが「21」とボーナスの「27」。この条件でこれまで出にくかったのが「20」、次いで「26」「30」だった。この条件で出やすくなったのが、高気温・高湿度で「33」、低気圧で「26」「30」だった。

 出目全般では、過去3回まったく出なかった20番台が一気に3個も出た。今回は「30」の17回ぶりを筆頭に、10回以上のご無沙汰出目が5個も出た。待ち回数を重視する選び方ならイケたかも知れない。また、この出目に4個一致する過去出目は2回あり、1等は4口・6口とそれぞれ多く出ていた。

 結果は先に述べたとおりで、1等2口に対して2等も2口となり、賞金差は僅かに930万円。同じ口数でも1等賞金の方が多いのは、1等への配分が2等より若干多いためだ。因みに1等・2等共に同じ口数になったのは、2口が第1回・第645回・第698回、3口が第675回だけ。第1回を除けばすべて今年に集中している。10月に入ったばかりでまだ3か月あるが、今年はまだまだ珍事が起こりそうだ。