ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 1等4億円のサマージャンボが今日から発売となった。今までは額面の100万倍までしか認められなかったため最高でも3億円が上限だったが、4月の法改正によって最高250万倍まで可能となり今回が初の適用となる。

 法的には7億5千万円まで可能だが、1ユニット当たり最低1本の1等と、2等以下の賞金との兼ね合いで、現状では4億円が妥当だろう。これは売り上げに対して賞金への配当が5割を超えてはならないという同法の決まりがあるためだ。

 「じゃあ、残りの5割はどこへ行っちゃうの?」と素朴な疑問が湧くが、これが収益金として地方に還元されるのだ。特にサマージャンボの正式名称には「市町村振興」という冠が付いていることで使途がより明確になっている。

 宝くじを買うという行為は、言わば「先に税金を支払う」という行為であり、よって当せん金には税金がかからない事になっている訳だ。これはロト6も同じね。

 さて、今日もせっせと税金の先払い?今回のセット球は本命Cセットが選択された。新球(第2)では3回目の使用で、過去2回では「18」「21」が連発。前回のCセット出目は「13」「18」「21」「30」「33」「40」ボ「25」で、1等は3口出ていた。

1個目は「41」・赤
 いきなり40番台。4回ぶりの摘出。新球(第2)では初出現。
2個目は「22」・べ
 9回ぶり。これもCセットでは初出現。
3個目は「11」・紺
 10回ぶりとやや久しぶり。セット初。
4個目は「15」・べ
 待ってましたよ。23回ぶりと超ご無沙汰。 もちろんセット初。
5個目は「08」・べ
 3個目のベージュ球。「11」と同じく10回ぶり。セット初。
6個目は「40」・紫
 7回ぶり。セットでは連発した。
ボーナスは「39」・紺
 本数字7回待ち。セットでは本・ボ共に初出現。

 気象条件は今回も「高気温」「高湿度」「低気圧」の条件に。この条件での初出現数字は、気温が「15」、湿度が「08」「11」、気圧が「11」「15」。新球(第2)になってからよく出る「40」は、この条件でもダントツな勢いだ。

 出目全般では、前回はミニロト出目だったが、今回は40番台が2個出た大きな方に振れた出目。前回同様に本数字に30番台が出なかった。この出目に4個一致した過去出目は1回だけあり、2月の第635回と比較的に近くにあったが、この時の1等は「該当なし」だった。

 40番台2個の連続数字になっても1等は3口も出た。1口6千万円ではサマーの4億円からすると悲しい結果に終わった。まあ、それでも当たったんだから羨ましいがね。ロト6で先払いした税金よりは当然大きな金額が返ってきたはずだ。

 もうそろそろ1等当てないとな。消費税が8%だの10%だの言ってる場合じゃない。宝くじでは限りなく100%近い税金を支払ってきたのだから・・・