ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 本人はノリノリでも傍から見ると完全に間抜けな”エアギター”。作ったつもりでフタを開けると中身が空だった”エア弁当”。宝くじで1等当たり億万長者になった”エア当せん”は夢だった。時にエア弁当は制裁目的により意図的に作られることもあるが・・・

 ロト6の抽せんを仮想体験できるのは”AIRロト6”だ。1口だけの200円から、12to6を10回継続の184万円までを”エア”で体験できる。リアルなお金が必要ないのでポンポンと数字を選びがちになるが、前々回の抽せん予想では12to6予想から1等が、前回では12to6と11to6でそれぞれ2等が出ていた。

 12個ないし11個の数字から6個の数字の組合せを全通り選ぶわけだから、1等が当たれば3等以下も相当数当たり、ボーナス数字も入っていれば2等だって6口(12to6)当たることになる。ただしリアルにこの買い方をすると12to6で1回につき184,800円もかかってしまうのだ。余程の自信がない限り出来ないね。先の高額当せんはいずれも継続買いでの結果だったため、実際なら数十万円以上の購入資金が必要だった。

 さて、GWも終わってリアルなロト6。セット球は本命のIセットが選択された。新球では「38」が最も出ていて「01」「13」が低迷中だ。前回のIセット出目は「03」「14」「21」「24」「26」「29」ボ「32」で、Iセットでは2回連続して1等「該当なし」になっている。

1個目は「17」・黄
 5回ぶりの出現。Iセットでは10回目の摘出でよく出る数字だ。
2個目は「02」・べ
 9回ぶり。セットではまだ6回目と出にくい状況だった。
3個目は「08」・緑
 14回ぶりとご無沙汰。これもセットで6回目と出にくい数字。
4個目は「13」・紺
 3回ぶり。おー最下位数字が出た。セット球攻略では当然選んでいた?
5個目は「37」・べ
 13回ぶりと久しぶり。セットで8回目と比較的出やすい数字。
6個目は「25」・赤
 なんと24回ぶりのご無沙汰。前回Iセット「24」「26」の間が出た。
ボーナスは「30」・べ
 全回数で最も出ている数字も本数字27回待ちとはね。本数字で早く出て来い!

 気象条件は「高気温」「低湿度」「低気圧」の条件に。今回はこの条件に完全合致した数字はなかった。さらに2つの条件に合っていたのはボーナスの「30」のみで本数字は全滅。ただ「17」は今回で「高気温」では最も出る数字になり、同じく「17」と「25」が「低気圧」で出やすい数字に変化した。

 出目全般では、前回20番台4個が出たミニロト出目から比べると、今回は均整の取れたバランス出目になった。また本数字で3個のご無沙汰数字もあり、「30」に至っては本数字27回待ちと最も長いこと出ていない数字がボーナスで出た。これらの数字を待っていたのか、バランス出目と相まって2等を含む各等級が相当数出た結果となった。

 今回、本数字パレットからボーナスパレットへ37個のボールを落下させる時、本数字パレットに3個のボールが残ってしまった。最近は本数字パレットにボールが残ってしまう事がしばしば起こるようになったが、この原因がセット球側にあるのか、抽せん機の「夢ロトくん」にあるのか定かではない。まあ、毎回パレットがあれだけの勢いで回転しているのだから、セット球との摩擦でパレットに無数の傷が出来ている可能性もある。

 さあ、今回の”AIRロト6”では1等・2等は出なかったものの、3等が8to6から出たではないか。内訳は3等3口・4等15口・5等10口が当たっている。これを今回のリアルな当せん金で換算すると、各等が低額だったとはいえ76万円ほどをゲットしたことになる。当たった8to6も継続買いだったが、1回につき5,600円と非常にリーズナブル。ただし、この出目をAIRロト6で予想してたとしても、”現実”に買っていたかは不明だ。