ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 3月に改正法案が通過すれば発売確実となるロト7(仮称)。好調なtotoBIGに対抗する新商品という位置付けだ。販売方法も既存の宝くじ売り場と併せてコンビニやインターネットでも購入できる公算が高い。

 ではクジの内容はどうか?通常時でクジ1枚あたりの上限が250万倍まで認められるから1枚200円として1等5億円、キャリー時は500万倍なので10億円か。抽せん方法はロト6と同じ43個の中から7個を選ぶなら、1等当せん確率は3222万分の1で、現行のロト6と比べると賞金・確率とも5倍となる。

 仮に現在のロト6と人気を二分したとして25億円の売り上げを想定してみよう。この売り上げでは1,250万通りにしかならないので1等が出る可能性は低い。自ずとキャリーが貯まって行き、常に数十億円のストックがある状態になる。つまり毎回キャリーオーバーになる可能性が高く、当たれば10億円と現行のtotoBIGの上を行く。

 また、ロト6の上限も200万倍から500万倍にするとしているが、5等の1,000円を廃止するとか、各等級の配分率を変えるとかしないと立ち行かないのが現状だ。ロト6は週1の木曜に戻し、ロト7を月曜にもってくるとかね・・・

 さて現行のロト6。今回のセット球は本命Bセットで14回ぶり。新球では「06」「21」が最も出ていて「33」が出にくい状況。前回のBセット出目は「06」「16」「24」「32」「36」「43」ボ「28」で1等は2口出ていた。

1個目は「34」・紫
 2回ぶりの出現。Bセットでは9回目と出やすい数字だった。
2個目は「21」・赤
 11回ぶりとややご無沙汰。Bセットでは「06」を突き放し単独トップに立った。
3個目は「16」・べ
 6回ぶり。Bセットでは連発して11回目とトップ「21」と1差に。
4個目は「06」・紫
 3回ぶり。なんと「21」に負けじと出てトップをキープ。これもセットで連発。
5個目は「30」・べ
 本数字5回ぶりで前回のボーナスから連発。このセットでは出やすい数字。
6個目は「43」・黄
 14回ぶりとご無沙汰。これもセット連発で今回は3個も連発。
ボーナスは「36」・黄
 前回Bセットの本数字出目で連発。本数字では7回待ち。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。今回この条件に出る側で合致したのは「06」のみ。この条件にまったく合っていなかったのが「21」で、今回出ても「低湿度」ではなお最下位のままだ。

 出目全般では、各桁出揃ったバランス出目になった。この出目に4個一致した過去出目は第131回にあり、この時は1等「該当なし」だった。今回はセット球で4個の数字が連発。またBセットで最も出る2個の数字が同時に出た。「43」が出たせいか?1等1口のみでミニキャリーが発生。意外な出目なのか、他の等級も少ない口数に終わった。

 アメリカのメガミリオンズは1億7,500万分の1、イタリヤのスーパーエナロットに至っては6億分の1の確率だ。ロト7の3千万分の1なんてまだまだ可愛いもんだぜ!