ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 ロト6の1等・2等の賞金配分は、1等が賞金総額の25.428%で2等は22.885%と、その差は僅か2.5%程。2等は1等の当せん確率の6倍しかないことから、2等のほうが当せん口数が少ない場合もあり得る。特にキャリーが無い時には賞金逆転だって起こりうるのだ。

 さっそく本題。今日のセット球は本命Aセットが選ばれた。新球では「33」が最も出ていて「38」が最低迷数字になっている。前回のAセット出目は「10」「12」「14」「24」「34」「39」ボ「16」で、1等は2口。この内「24」が同セットで連発中だ。

1個目は「05」・青
 8回ぶりの出現。Aセットでは7回目とまだ出にくい数字。
2個目は「42」・紫
 2回ぶり。この数字も「05」同様Aセットでは出にくかった。
3個目は「37」・黄
 12回ぶりとやや久しぶり。同セットでは出やすい数字。
4個目は「17」・べ
 17回ぶりとご無沙汰。ただAセットでは非常に出やすい数字だ。
5個目は「26」・青
 これも12回ぶり。「37」同様このセットでは出やすかった。
6個目は「39」・緑
 2回ぶりでAセットでは連発。同セットで11回目と出やすい数字。
ボーナスは「20」・紺
 3回前に本数字で出ていた。Aセットでは本数字で出やすい。

 気象条件は「低気温」「中湿度」「高気圧」の条件で、長らく続いた「低湿度」から移行した。この条件に出る側で合致したのは「17」「39」と自己対比で「05」。反対にこの条件に合致しない数字は「37」「42」ボ「20」だった。

 出目全般では、30番台2個のほか、各桁すべて出揃った出目。ご無沙汰数字3個と2回ぶりが2個。前回のミニロト出目と比べるとかなり大きい数字に振れた。この出目に4個一致した過去出目は2回あった。

 大きい数字が3個出たことで1等は少なくなると見積もっていたところ、なんと13口も出てしまった。これは週2回抽せん以降で最多口数となる。そして2等が7口と当せん口数が逆転したのは第301回以来で、さらに賞金も逆転したのは第230回以来の珍事。

 第230回は1等が167口という通常では考えられない口数に膨れ上がったが、この時は過去の当せん出目を並べた上で、右斜め下に拾った出目を選ぶ「斜め買い」で、たまたま第230回の出目と一致したことによる口数増大だった。

 当せん口数における珍事といえば、第518回の2等330口も記憶に新しい。この時は「地方紙予想を参考に1人による大量買いで300口余りを独り占めか?」と記した。

 さて、今回の出目は一見して何ら変哲も無い出目に映るが、もしかすると予想サイトの情報であったり、スポーツ紙の予想が元になっているという可能性も否定できない。「たまたま」という域は出ないだろうが、今回のような結果になるとにわかに色めき立つのは、何も筆者に限ったことではなかろう。