ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 今日からオータムジャンボが発売された。で、国際研究グループが光の速さより早く飛ぶ素粒子の観測に成功したニュース。

 何か関係あんの?いやいや、もしこれが本当ならロト6やジャンボの当せん番号が抽せん前に判ってしまうかも知れないのだ!

 いきなり難しい話になるが、アインシュタインの相対性理論では、質量を持つ物質が光速を超えることはなく、もし超えるのなら、それは時間を遡ることを意味するという。放たれた素粒子から見ると、到着したイタリアの時刻は、自分が飛び出したスイスの時刻より前になる。

 つまりタイムマシーンだ。応用できれば何時間・何日と未来の出来事が今わかるかも知れない。ロト6の当せん番号を情報として素粒子に乗せて・・・ね?

 夢のような話題はさておき現実のロト6。現状では自力で当てなくちゃな。今回のセット球は本命Bセットが選択された。「06」「12」「21」がよく出て「18」「33」が低迷中。Bセット前回出目は「02」「12」「17」「18」「40」「43」ボ「16」で、過去2回は1等「該当なし」という結果だった。

1個目は「16」・べ
 2回ぶりの出現。前回Bセットのボーナス数字だった。
2個目は「26」・紺
 9回ぶり。Bセットでは出にくい数字で新球5回目の摘出。
3個目は「02」・べ
 10回ぶり。前回Bセット本数字から連発した。
4個目は「30」・べ
 18回ぶりと久しぶり。Bセットでは出やすく新球9回目。
5個目は「29」・黄
 12回ぶり。今回出てBセットでは最も出る数字になった。
6個目は「10」・緑
 4回ぶり。今回でBセットでは出やすい数字に変化した。
ボーナスは「04」・青
 本数字で18回待ちで、最も出ていない数字になった。

 気象条件は予想外の雨が降り、「中気温」「高湿度」「高気圧」の条件。この条件に出る側で合致したのは「16」「30」。反対に最も合っていなかったのがボーナスの「04」だった。

 出目全般では、「30」以下の完全ミニロト状態の出目にして、26日で「26」が出たので、各等級で当せん口数が多くなる予感。この出目に4個一致した過去出目はちょうど1年前の第516回にあって、1等は7口も出ていた。また、「30」がついに本数字100回目の出現を果たして3桁台一番乗りになった。

 この結果で1等は1口のみ。先週木曜も1口でキャリーしなかったが今回もキャリーには及ばす。ただ、先週より売上げが下がったのに賞金が上がったのは、5等当せん口数による結果だ。他の等級もミニロト出目にしては少なめだった。

 さあ、息子の将来は科学者と勝手に決めた。願わくば、私が生きているうちに「タイムマシーン」を完成させておくれ!