ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 あまり知られてはいないが、2億円の当せん確率が過去最高のくじ「宝くじの日記念くじ」が昨日から発売されている。

 毎年9月2日が語呂合わせの「く・じ」で「宝くじの日」となっており、その記念行事として発行されるものだ。

 ジャンボ宝くじの1等2億円は当せん確率が1/1000万だが、1ユニットで2億円が5本あるこのくじは、確率が1/200万で単純に5倍の当せん確率となる。

 ただし1枚500円は痛い。1枚300円のジャンボは期待値が約143円、対する記念くじの期待値は約245円だ。300円を5枚買うのと500円を3枚買うのでは、期待値は20円差で記念くじに分があるが、1枚1枚ドキドキする「期待度」ならジャンボの方がありそうだ。

 さて、ビックキャリーで「期待度」抜群のロト6。セット球はようやく本命のJセットが選択された。前回のJセットは大阪セットだったので、それを引くと実に18回ぶりの選択となる。最も人気のあるAセットは既に68回も選ばれているのに、Jセットは今回でやっと50回目だ。
 前回の大阪Jセットは「04」「11」「16」「20」「26」「43」ボ「09」。前回東京Jセットは「07」「10」「15」「31」「32」「42」ボ「41」の出目だった。

1個目は「06」・青
 7回ぶり。東京Jセットだけなら最も出る数字になった。
2個目は「42」・緑
 月曜出目から連発。東京Jセットからも連発した。
3個目は「23」・黄
 7回ぶり。「06」と並び東京Jセットで最も出る数字に。
4個目は「07」・緑
 4回ぶり。この数字も東京Jセットから連発。
5個目は「10」・赤
 2回ぶり。またまた東京Jセットから連発で同セット連発3個目。
6個目は「36」・べ
 9回ぶり。「07」以外はこのセットで出やすい数字で揃った。
ボーナスは「11」・紫
 本数字2回待ち。大阪Jセットの本数字出目だった。

 ゆっくりと進む台風が各地で局地的な大雨をもたらしているものの、抽せん時刻の都心はまだ雨が降っておらず「くもり」の状態。それでも「高気温」「高湿度」「低気圧」の気象条件は台風が大きく影響している。
 この条件に完全合致したのは「06」で、ほかに「36」も条件に合っていたが、この数字は自己対比では他の条件の方がよく出る。また、「23」も「中気温」「低湿度」「中気圧」で最も出る数字なので、今回の条件には合致していない。

 出目全般では、月曜の変則出目から一転して全桁が出揃うバランス出目となった。前回は超久しぶりな数字が多く出ていたが、今回はすべて過去10回以内に出ていた数字だった。この出目に4個一致した過去出目は第335回に1回だけあった。

 ビックキャリーとあって売り上げは33億円と週2回抽せん以降のトップクラス。このバランス出目で1等は3口出てキャリーは吹っ飛び、2等は前回の8倍も出たので賞金も1/6以下になってしまった。

 今回の結果から、バランス出目を選ぶより、チョッとひねった変則出目で待つ方がより高額当せんの「期待度」がアップしそうだ。これも数字選択式ならではの醍醐味といえよう。