ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 「4億円のチャンス!」。そりゃ確かにキャリーオーバーすれば4億円の可能性を秘めてるのだろうが、4月4日からの週2回抽せん以降は、キャリーオーバーになったとしても必ずしも「4億円のチャンスがある!」とは言えなくなってしまったのだ。

 週1回だったときのロト6は、1円でもキャリーすれば文字通り4億円の可能性があった。通常時でさえ40億程度の売上げがあった上、キャリーともなれば更に数億円の上積みがあり、1等が1口ならば確実に「4億円」がゲットできたからだ。

 週2回以降の平均売上額は26億8千万円弱、キャリー後の平均売上げでも31億円余りしかない。前々回の大阪でキャリーが発生し、前回では1等1口で4億円が誕生、さらに余った賞金で今回へ向け再キャリーとなったわけだが、もし今回4億円を確保するためには、およそ39億8千万円の売上げが必要となり、ほぼ絶望的。

 今後、「4億円のチャンス」が訪れるのは、1等「該当なし」になった時のみだろう。4億円がどうしても欲しい!というのであれば、キャリー額が少ないときは様子見で流し、「該当なし」になったら気合を入れるようにしよう。

 さて、一応キャリーオーバーの今回。選択されたセット球は10回ぶりのGセット。「36」がダントツに出て「24」「43」が出にくい状況。前回のGセット出目は「03」「06」「08」「21」「28」「32」ボ「10」で1等は3口。

1個目は「23」・青
 4回ぶりの出現。Gセットでは出にくい数字だった。
2個目は「11」・べ
 前回の大阪から連発。ボーナスを含めると3連発している。
3個目は「30」・青
 前々回の大阪出目。全回数で最も出ていて、本数字100回出現まで後1回となった。
4個目は「04」・べ
 「11」同様、大阪から連発。暑くなるとよく出るが、Gセットでも出やすい数字だった。
5個目は「21」・紫
 前々回大阪出目で、前回のGセットから連発した。
6個目は「17」・緑
 8回ぶり。第138回からの新球では、「30」を1つ上回る73回目の出現でトップをキープ。
ボーナスは「18」・べ
 本数字で3回待ち。「23」同様、このセットでは出にくい数字。

 気象条件は「高気温」「高湿度」「低気圧」で、湿度はギリで高湿度に。この条件に出る側で合致したのは「04」「17」「30」ボ「18」。最も合致してないのが連発の「11」。それにしても「04」は夏になるとよく出て5回に1回は出る計算だ。

 出目全般では、ボーナスも含め完全ミニロト状態の出目になり、その中においてはバランス出目という格好。こうなると各等級で当せん口数が増える傾向になる。今回の出目に4個一致した過去出目が第124回と第207回にあって、その時の1等は共に「該当なし」だったが、これらはミニロト出目ではなかった。

 この出目で1等2口の1億1204万円。1口だったとしても2億2408万円だ。数千万のキャリーで「4億円のチャンス!」では公正取引委員会に引っかかるかも?「2億円の上限なしよ!」が妥当と言えよう。