ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 先週、先々週とロト6の週2回化についてお話したが、ロト6ファンのブログなどを拝見した限りでは、ロト6の抽せんが週2回になることに概ね好意的な見解が多く見受けられた。いずれも「週2回になって当せんのチャンスが2倍になった」というような意見が多いが、一方で「出費も2倍になるので困る」と嘆く意見もあった。そう、継続買い5回分はあっという間に終わってしまうのだ。ならば1回の購入口数を減らそうか?回数が増えても出費が同じなら当然当せん確率も同じ。やっぱり出費は倍になるのは仕方がないかな?
 さて2月3日は節分のロト6。「ハズレは外!、当たりは内!」、ビックキャリーオーバーの今回、是非とも「福」を呼び込みたいものだ。
 今回のセット球は過去に特異出目を多く叩き出してきた「嵐を呼ぶ」Fセット。新球では「27」が最も出ていて「21」が1回の出目という状況。
 今回の出目での注目は「01」。Fセットでは19回目にして初めて「01」が出たもののその後はさっぱりと出ず、36回目で再び出ると以降出っ放し、今回で4連発となった。
 「02」「19」は同セットでは今まで出にくい数字だったが、今回の出現で出やすい側の数字へと変化した。今回の出目中、Fセットで一番出ているのは「26」で8回目の出現だった。
 「低気温」「低湿度」「高気圧」という条件は先週と同じ。この気象条件に出やすい側で合致したのは「22」と「26」。あと自己対比で「02」が出やすかった。反対にこの条件で今まで出にくかったのが「01」と「37」。
 今回出た「02」とボーナスの「43」は湿度で相反な関係にある。共に低い湿度だと同じ出現数なのだが、高い湿度になるとこの2つの数字はまったく正反対の出方になる。「02」は一番出なくなり「43」が最も出る数字になるのだ。
 出目全般では、「22」が23回ぶりの出現でかなり久しぶり。その他の数字は6回以内に出ていた数字だった。先週本数字で出ていた「43」はボーナスに出て連発した。「01」と「02」が共に出たのは過去9回あったが、前回は100回以上前だから選ぶとしても勇気がいる。反対に「42」「43」の出目も過去10回、こちらは400回台に多く出ていたな。
 今回はビックキャリーということもあって、売り上げは堂々の53億円。これだけ売れるとやっぱり1等は出るね。3口の主に2億6千万円もの「福の神」が訪れた。
 空クジ片手に今さら豆撒いても仕方がないか?泣きっ面に鬼の面、とほほ・・・