ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 先週のレビューで、ロト6の抽せんが週2回化になることの懸念をお伝えしたばかりだが、みずほ銀行は昨日、ついに4月4日以降からのロト6の抽せんを週2回に増やすことを発表してしまった。現在の毎週木曜日の抽せんに、さらに毎週月曜日の抽せんが加わることになった。
 抽せんは月曜・木曜の午後6時45分からで、両曜日の発売は必然的に午後6時30分までとなる。
 まあ、決まってしまった事だから仕方がない。当然、開催当初は1回の売り上げが落ちてしまうだろうが、その分1等も出にくくなってキャリーオーバーの確率が上がることを期待しようか。
 さて、今回のロト6。セット球は本命のHセットが選択された。新球では「13」「20」が最も出ていて「06」が1回しか出ていない状況。今回の出目では出ていない数字の「06」がようやく2回目の出現を果たし、このセットでは「06」と並び「02」「04」「28」が新たに最下位数字となった。今回は前回Hセットからの連発数字はなかったが、「16」「24」「31」は前回Hセットの出目+1数字だった。
 今回は「41」「43」と40番台が2個出たが、前々回のHセットでも「41」「43」が出ていて、この時の1等は2口、さらにその前のHセットでは驚きの「41」「42」「43」という特異出目でも1等は3口出ていた。
 気象条件では、「低気温」「低湿度」「高気圧」とそれぞれはっきり分かれた条件になった。この条件に完全合致した数字はボーナスの「07」のみで、全般的に出ていない「24」が自己対比で出やすかった程度。反対に「43」はこの条件では今まで出にくかった数字だった。
 出目全般では、4回ぶりの出現が3個、2回ぶりが2個、「43」だけが10回ぶりの出現。4回前の第529回からは「06」「24」「31」「41」と4個の数字が一致、さらにボーナスの「07」まで一致していたが、その時の1等は3口だった。
 この出目で1等は久々の「該当なし」。最近では40番台が2個出ても中々「該当なし」にはならなかった中では、やや嬉しい感がある。売り上げも何とか40億円を確保し、ロト6人気回復の兆しが見えた。