ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 全国の児童養護施設などへ、タイガーマスク「伊達直人」名義のプレゼントが相次いでいる。贈り主の多くは漫画やアニメをリアルタイムで見ていた40〜60代なのだろうが、純粋な「善」の心に、この国も捨てたものではないなとつくづく思う。「そりゃ、俺だってロト6で1等でも当たりゃ、なんぼでもランドセル送るんだけどな・・・」今何もしないのに横しまな考えだけが先行しては「善」に至らずだ。とは言え、誰かに何かをプレゼントするにはお金が必要。純粋に1等当てたいね。
 さて今回のロト6。セット球は順当なDセットが選択された。新球では「17」が最も出ていて、「16」「41」が1回しか出ていない状況のセットだ。
 今回の全ての出目は、Dセットではあまり出ない数字で構成された結果になった。特に「16」は今回でようやく2回目の出現を果たした。前回同セットからの連発は「12」「26」があったが、このセットで3連発していた「14」は今回出なかった。今回は1桁台に「05」が出現し、これでDセットでは12回連続して1桁台が出たことになる。次にDセットが来たときも必ず1桁台を1個か2個チョイスすべきだろう。
 気象条件では、「低気温」「低湿度」「高気圧」という典型的な冬型の条件になり、この条件に出る側で「26」とボーナスの「08」が完全合致した。また「05」も自己対比では出る部類にあった。特にボーナスで出た「08」は、低温・高気圧で最も出る数字になっている。但し、大数の法則によってか、気象条件の「フィードバック攻略」では、やや条件に合わない数字を選んだ方がよく当たる傾向がある。
 出目全般では、先週から「33」が連発、全回数で低迷数字の「24」は年末に出たばかりで2回ぶり、そのほかの数字も10回以内に出ていた数字だった。今回の特徴は出現色で、1度の抽せんで赤球が4個も出たのはロト6史上初の出来事だった。
 この出目で1等は4口の1億円割れ。それよりも年初の抽せんとは違って一週間の販売期間がありながら、売り上げが40億円を割ってしまったことは非常に残念。全国の「伊達直人」さん!ロト6にもう少しのご配慮を・・・