ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

  もう今年も残すことあと1日。明日の大晦日には年末ジャンボで444人もの億万長者が誕生する。その前にロト6で億万長者になりたいね。
 さて、今年最後のロト6。選択されたセット球は順当なBセットで、「06」が最も出ていて「18」が1回しか出ていない状況のセット。前回選択時には、本数字合計値が歴代2位となる出目を出して1等「該当なし」になったのは記憶に新しい。
 今回の出目では、5個目に「21」が摘出されてトップの「06」と並んだ直後に、負けじと「06」が出現。「21」の追撃をかわしトップの座を守った。
 3回前のBセットで連発していた「41」が今回も出た。前回、「40」「42」と出ていたので押し出された格好だ。なお、前回同セットからの連発は「31」があった。
 気象条件では、今回の条件を「高湿度」と予測したものの、1%の差で惜しくも「中湿度」になってしまった。この条件にハマったのが「06」「19」で完全合致。また低迷数字の「24」も自己対比で合致していた。特に「06」「19」は中湿度で圧倒的な出目を見せ、中でも「19」は低気圧の条件が後押しをした。
 出目全般では、「21」が先週からの連発、「24」が21回ぶりの出現で、各桁すべてが出たバランス出目になった。
 この結果1等は3口で年越しキャリーとならなかった。また年の瀬の慌しさにもかかわらず、売り上げはなんとか40億円をキープした。

 今年のロト6を振り返ってみると、連続出現では6月末から始まった「27」の本数字5連発。連続数字では3連続数字が2・5・6月でそれぞれ1回ずつあった。本数字合計値は、一番少なかったのが第513回の67(歴代6位)、一番多かったのが先述した第518回のBセットで196(歴代2位)だった。
 今年最も多く出た数字は「14」の15回、最も少なかったのが「10」で、本数字では1回しか出現しなかったが、ボーナスでは最多の4回も出ていた。
 1口1人とすると、今年の1等の当せん者は156人だった。その内で1億円以上の「億万長者」になれたのは82人、内4億円は3人だった。1等「該当なし」は計6回、逆に最も多かったのは第527回の12人だった。
 さて、来年はどんな出目が出てくるのか楽しみである。