ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

今朝の東京は横殴りの激しい雨。傘をさしても濡れてしまっては、涼しいを通り越して肌寒くすら感じた。駅に駆け込むサラリーマンに小走りな女性の足元はもうびしょ濡れ。一緒になって走りつつも、「おねぇさん、そのトレンカ、そこまで濡れてちゃなかなかとれんか?」なんて。
 さて、冷たい雨とは裏腹に3連続キャリーでホットなロト6。先週の1等2口でビックキャリーではなくなったものの、売り上げは52億とまずまずの様子。で、今回のセット球は予想通りの「Iセット」が選択された。新球では「03」「36」「38」が揃ってよく出て、「13」「19」「40」がまだ1回しか出ていない状況のセット。前回使用時には、20番台4個と変則的な出方をした。
 今回の出目では「19」が出現して、このセットでの最低出現を脱した。また、前回同セットからボーナスの「31」が連発した。
 気象条件に照らし合わせて顕著な出方をしたのは「41」だった。この数字は、気圧ではどれも同じ回数出ていて判別がつかないが、気温と湿度では今回の条件になるとビシバシ出るようになる。それだけ暑さと乾燥が嫌いなタイプといえようか。他、どの条件でもよく出る「31」は、一応今回の条件に合致するも、本来ならもっと乾燥した空気でよく出る数字だ。
 出目全般では、なんと「06」「14」「15」「19」の4個が先週出目から連発した。内「14」は3連発だ。4個もの数字が連発するのは第247回以来の出来事で、ロト6史上でも3回目という珍事。当然、4個一致の近似出目は前回ということになる。
 この出目で1等は4口出たが、果たして「41」が先週出目と同じく10番台だったらどうなっていただろうか?何れにせよ、キャリーが消えてロト6の遅い夏が終わった。

※トレンカ:つま先とかかとの部分を切り取った形の女性用タイツ。華奢な女性が着用すると美脚効果がある反面、肥満体型では「ドカベン」になってしまうのがやや難点。しばしばオヤジギャグの題材として用いられることも。用例「そこのトレンカ、ちょっととれんか?」など。