ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 梅雨明けした途端に連日の猛暑で早くも夏バテぎみだ。この時季は仕事帰りに飲む、一杯のビールのみが唯一の救いとなろうか。「ぶはぁ〜。今日こそ1等当てたるでぇ〜!」なんて息巻いてみなりして。
 さて、先週の大阪から東京へと戻ってきたロト6。今回のセット球は順当なGセットが選択された。本数字では「12」が最も出ていて、「24」「28」「32」「43」があまり出ていないセットだ。今回の出目では、「27」「37」が出やすい数字で、それ以外の出目はこのセットでは出にくい数字だった。前回同セットからの連発は「21」で、同セットで連発していた「04」は今回は出なかった。
 気象条件では、全体的によく出る「27」はどの条件でも合致するとしても、他に出る側で完全合致する数字はなかった。また、自己対比で最も出にくいのは「21」だったが、この数字は湿度が52%以下の時と今回のような湿度の時との間では、出方に2倍の差がある。他の条件からしても、もし湿度が低かった場合は出なかったかもしれない。
 出目全般では、何といっても「27」の本数字5連発が目を引くだろう。「21」の3連発が大した事なく感じる程だ。過去に本数字で5連発したのは「02」「04」「15」「36」の4個で、これに今回「27」が加わった。 もし、次回に「27」が出るとロト6史上初の6連発となり期待がかかる。また「27」にとっては、本・ボ含めて100回目の記念すべき出現ともなる。雨の「27」は晴れでも強しか?当たりハズレは別にして、ぜひ次回の買い目に入れたくなる数字だ。
 今回の売り上げはこの暑さのせいか、38億円台と非常に低迷した。その売り上げの低さもあってか、1等は1口止まりで1億円余りのキャリーオーバーが発生。キャリーによって売り上げが多くなれば1等が大量に出て、また売り上げが少なくなるとキャリーするこの構図。totoBIGのようにキャリーが圧倒的にあって毎回6億円のチャンスなんてのが妬ましく思えてくる。「ビール3杯目!なう」