ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 思えばこの10年間、「公私共に色んな事があったなぁ〜」と天を仰ぎ、涙うるうる。「さあ、ドリームジャンボも終わったけど、今日はロト6の500回目の記念日だ!売り上げも相当行くんだろうなぁ」
 500回の節目に選ばれたセット球は一番不人気のJセットだった。新球では「11」「26」「34」「39」が並んでトップ、「04」「14」「20」「29」がまだ1回という状況だったが、今回の出目で「34」が一つ抜き出て、「20」が2回目の出現を果たした。また、前回同セットからの連発は「06」「34」だった。
 気象条件では、今回の条件に出る側で完全合致した数字は無く、「06」は気温・湿度でよく出るも、気圧では出ないし、「31」は気温では出ず、湿度でももっと低い場合に出る数字だ。今回の条件で一番出にくい数字は「34」だった。
 出目全般では、「38」が18回ぶりの出現で、先週「03」が43回ぶりと超久しぶりに出たのを受け、ボーナスで出た「10」が本数字25回待ちと最もロングスパンな数字になっている。そして今回の出目は全体として平凡なバランス出目に映った。
 また1等は数口出るのかと思いきや、何と1等「該当なし」の表示。「該当なし」は2月以来で今年3回目。ただ、もっと驚いたのは、この500回目の記念日にして売り上げが40億円を割ってしまったことには憤慨した。40億を割ったのはここ3年間は無かったのに。次回はキャリーオーバーで売り上げは上がるものの、この低迷ぶりは何とかしないと。もしかして、事業仕分けで暴き出された天下りへの鉄槌だったのかな?と思ったりして。